« バカとテストと召喚獣 第10問 「模試と怪盗とラブレター」 (3/10) | トップページ | [考察] 追論:アルビオレは魔法世界人なのか? »

2010年3月18日 (木)

バカとテストと召喚獣 第11問 「宿敵と恋文と電撃作戦」 (3/17)

 アバンタイトルは、明久と雄二のジャンケン対決。心理戦もありと宣言して雄二が打った手が「グーを出さなかったらぶん殴る」。雄二、それ心理戦じゃなくて脅迫だから。

 Dクラスとの勝負では数学教師を2名確保して、数学試験召喚領域で被い尽くしての勝負。さらに雄二はわざと成績を下げて直前のテストで高得点を獲得するという情報戦にもでる。こういう戦術戦略では雄二はなかなかずる賢いですな。その隙にDクラスに乗り込んだ瑞希がDクラス代表の平賀源二を叩き潰す。
 しかし、Dクラスとは設備を交換せずにそのままBクラスとの戦争に突入するんですよねえ。すると何のためにDクラスとの戦争を行ったのか?

 明久や雄二がBクラスとの戦争に踏み切ったのは、根本との前回の因縁があるからですが、Bクラス側の妨害工作も熾烈ですね。Fクラスのシャープペンを折るのは回復試験をうけさせないため、そして瑞希のラブレターを奪って脅迫するなどやることがえげつない。それを知った明久は激怒して、壁を破壊するという後先考えない方法で根本に奇襲を仕掛けるが……そういえば明久は、位置的にはDクラスから壁を壊したことになるじゃないですか。もしかして雄二たちがDクラスに突きつけた条件はこれだったのか?
 そして、根本を女装させるというアイデアはGJですが、2回も試験召喚戦争に勝って施設の交換をしないという判断でFクラスの生徒たちはどうして不満をもらさないのか……まあ、あくまでAクラスの施設が目的であることとそれだけ雄二に人望があるとかんがえるべきだろうけど。
 そして、明久は、瑞希にラブレターを取り返すが……あの話の流れで「明久君て呼んでもいいですか」はほとんど告白したのも同然じゃないですか。でも明久はバカだから瑞希の思いにまだ気づかないんでしょうね。

|

« バカとテストと召喚獣 第10問 「模試と怪盗とラブレター」 (3/10) | トップページ | [考察] 追論:アルビオレは魔法世界人なのか? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バカとテストと召喚獣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/47846730

この記事へのトラックバック一覧です: バカとテストと召喚獣 第11問 「宿敵と恋文と電撃作戦」 (3/17):

« バカとテストと召喚獣 第10問 「模試と怪盗とラブレター」 (3/10) | トップページ | [考察] 追論:アルビオレは魔法世界人なのか? »