« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

バカとテストと召喚獣 第4問 「愛とスパイスとお弁当」 (1/27)

 今回の感想:いやあ、ツンデレも楽じゃないね。
 Fクラスは休日の補習。そのお弁当で、カップラーメン64分割という極貧食生活を送っている明久に、美波がお弁当を渡そうと奮闘する。しかし、「明久のために」お弁当を作ってきたことが認められない美波は、とことんチャンスをつぶしてしまうのだった。

 一口にツンデレと言ってもいろいろパターンがありますが、美波の場合は自分が相手に好意を持っている事自体が認められないタイプのようです。男のために何かをする自分自身を認められない。だから、この手の女の好意を受け取る場合は男の方から言い訳を用意してあげる必要がある。でないと女の方が、本心とは裏腹な態度をとってしまうからですね。
 で、観察処分者級のおバカである明久にはその手の女心を読み取る能力は無かったため、チャンスを潰してしまったと。挙句の果てには瑞希にチャンスを取られたり久保にチャンスを取られたり。
 でも、最後の最後で明久が美波にナイスフォロー。本人にしてみればつくづく喰いっぱぐれてしまって、捨てられた弁当の残り物でもほしい状態だったんでしょうが、それだけに他意がなくて美波のお弁当を渡してもらうことができました。。

 瑞希の料理が形ばかりで中身が猛毒だというのは……いつから美少女の条件に料理ベタが入るようになったんだろう。高橋留美子の「うる星やつら」のラムちゃんあたりからかな。
 おまけに久保利光が怪しい思いを育てている模様。美春や翔子も学校に来ているし。この学校にはFクラスに怪しい思いを抱いている生徒しかいないのか?
 あと、美波の妹の島田葉月ちゃんですが、彼女もまた明久になついていますね。婚約者とか言い出して……なにをやらかしたんだろう?

 最後に、どこかのKKK団のような明久の異端審問会の団体ですが……Fクラスで2名しかいない女子(しかも美少女)の好意を一手に引き寄せていれば、同クラスの男子の嫉妬を買うのも無理ないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

バカとテストと召喚獣 第3問 「食費とデートとスタンガン」 (1/20)

 吉井のバカぶりとモテていることに気づかないニブチンぶりに絶望した。
 普通女の子って、たとえ費用が男持ちだとしても男をさそって映画とか見に行ったりはしません。女の方から男を誘っているのなら、普通はデートのお誘いと考えて当然なのですが……
 吉井にとって、美波は女の範疇に入っていない上に、瑞希は雄二狙いだと勘違いしたままでしたね。本当は両手に花のはずなのに、罰ゲームと勘違いしてしまって……生活費をゲームや趣味につぎ込んでいるから、お金のかかることにはいっぱいいっぱいだったのも不幸でした。美波も瑞希も報われないな。というか何でこんなバカがいいんだろ。
 おまけに吉井のおバカな言動のせいで、久保利光にフラグが立ってしまった(笑) 美春というがちレズ生徒もいるし、この学校は変態の巣窟か!?

 というわけで、召喚試験にあんな、追っ手をダメージで0点にして補習コースに追いやるという使い方があるなんて知らなかったと言ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

第15回 2010年冬期調査

最近の私のアンケートは、ミスで表とコメントの評価がずれてしまっていたりするので、アニメ調査室(仮)さんにはいつもお手数をおかけするなあと申し訳なく思ってます。
今回はどうだろう?

01,11eyes,x
02,青い文学,x
03,NEEDLESS,x
04,にゃんこい!,x
05,ささめきこと,x
06,けんぷファー,B
07,空中ブランコ,x
08,獣の奏者エリン,x
09,こんにちは アン,x
10,そらのおとしもの,x
11,クプー!! まめゴマ!,x
12,うみねこのなく頃に,x
13,アスラクライン 2 (2期),x
14,真・恋姫無双 (2作目、1期),x
15,聖剣の刀鍛冶 (ブラックスミス),B
16,生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録,B
17,WHITE ALBUM (ホワイトアルバム 2期),C
18,ミラクル トレイン 大江戸線へようこそ,x
19,秘密結社 鷹の爪 カウントダウン (2期),A
20,クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 (2期),x
21,乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ (2期),B
22,夏のあらし! 春夏冬中 (あきないちゅう、2期),x
23,Darker than BLACK 流星の双子 (ジェミニ、2期),x
24,まほろまてぃっく ただいま おかえり (特番),x
25,ひだまりスケッチ×365 特別編,x
26,おんたま! (ネット配信),x
27,古墳ギャルのコフィー (2期),A

 以下、寸評です。

続きを読む "第15回 2010年冬期調査"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

バカとテストと召喚獣 第2問 「ユリとバラと保健体育」 (1/14)

 冒頭、とある少年少女の思い出話。大化の改新の年号を「無事故」で625年と教えた少年ですが、これが伏線とは……

 今回の主役は坂本雄二ですね。Fクラスの代表を務めており、新学期早々Eクラスに試召戦争を仕掛けた張本人。Aクラスとの交渉を務めて、5対5の団体戦に持ち込みました。
 Fクラスの中では切れ者のようですが、実は……

 ちなみに5対5の対戦内容は
 先鋒:島田美波vs木下優子 数学 負け
 次鋒:吉井明久vs佐藤美穂 不明 負け
 中堅:工藤愛子vs土屋康太 保健体育 勝ち
 副将:姫路瑞希vs久保利光 総合 勝ち
 大将:坂本雄二vs霧島翔子

 そして大将戦で坂本の指定した対戦内容は、社会科歴史小学生レベルのテスト問題でした。小学生レベルだから満点取れて当たり前、集中力と注意力の勝負になると思われたが、坂本には秘策が。実は霧島翔子は「大化の改新の年号」を間違えて覚えているのだと言う。
 ……って、それは霧島に間違えた年号を教えたのが坂本だったというオチかい!? しかも坂本の点数は53点で二重のオチ。実は坂本もFクラスらしく、小学生レベルの問題も解けなかったと。
 さらに勝負に勝った霧島が坂本に要求したのは、自分と恋人同士になること。霧島が瑞希をジロジロ見ていたのは気になる男と一緒にいる女だからというオチでした。

 あと、おまけとしては美波には自分を慕ってくれる清水美春という女生徒(Dクラス)がいるということ。そしてなぜか明久が、美波と瑞希に好意を寄せられていることが判明しましたね。なんでもてるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7)

 いや、面白かった。
 同名のライトノベルが原作の学園ドタバタコメディですが、残念ながら私は未読です。にもかかわらず、久々に面白い第1話を見せてもらえたと思いました。

 個人的な見解として、1クールや2クールで終わってしまう今のアニメシリーズでは、第1話はその作品で一番面白いシチュエーションを見せなければならないというものがあります。振り分け試験におけるクラスの成績差別やら、試験召喚戦争による下克上システムやらはこの作品の一番キモとなる設定。下手に説明すれば視聴者を置いてけぼりにしかねない作品独特の概念を、これだけ楽しく見せてもらえれば、第1話で視聴者を引っ張り込むことができる。
 もちろん私も引っ張り込まれましたよ。

 話をテンポ良く展開しながら試験召喚戦争にもっていき、しかもそれを楽しく表示する。召喚戦争で体力が0=試験で0点になれば補習というのも分かりやすくて良いですね。
 あと登場人物のうち、今回紹介された中で分かるものは「観察処分者」の吉井明久と「帰国子女」の島田美波、「本来はAクラス」の姫路瑞希に「Fクラスの代表」の坂本雄二ですね。あとはかろうじて「性別秀吉」の木下秀吉あたりか。それ以外の人間の名前はさすがに描写が少なすぎてわかりません。でも今回の対Eクラス戦争では、姫路瑞希一人の力で勝ちましたね。

 これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »