« バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) | トップページ | 第15回 2010年冬期調査 »

2010年1月14日 (木)

バカとテストと召喚獣 第2問 「ユリとバラと保健体育」 (1/14)

 冒頭、とある少年少女の思い出話。大化の改新の年号を「無事故」で625年と教えた少年ですが、これが伏線とは……

 今回の主役は坂本雄二ですね。Fクラスの代表を務めており、新学期早々Eクラスに試召戦争を仕掛けた張本人。Aクラスとの交渉を務めて、5対5の団体戦に持ち込みました。
 Fクラスの中では切れ者のようですが、実は……

 ちなみに5対5の対戦内容は
 先鋒:島田美波vs木下優子 数学 負け
 次鋒:吉井明久vs佐藤美穂 不明 負け
 中堅:工藤愛子vs土屋康太 保健体育 勝ち
 副将:姫路瑞希vs久保利光 総合 勝ち
 大将:坂本雄二vs霧島翔子

 そして大将戦で坂本の指定した対戦内容は、社会科歴史小学生レベルのテスト問題でした。小学生レベルだから満点取れて当たり前、集中力と注意力の勝負になると思われたが、坂本には秘策が。実は霧島翔子は「大化の改新の年号」を間違えて覚えているのだと言う。
 ……って、それは霧島に間違えた年号を教えたのが坂本だったというオチかい!? しかも坂本の点数は53点で二重のオチ。実は坂本もFクラスらしく、小学生レベルの問題も解けなかったと。
 さらに勝負に勝った霧島が坂本に要求したのは、自分と恋人同士になること。霧島が瑞希をジロジロ見ていたのは気になる男と一緒にいる女だからというオチでした。

 あと、おまけとしては美波には自分を慕ってくれる清水美春という女生徒(Dクラス)がいるということ。そしてなぜか明久が、美波と瑞希に好意を寄せられていることが判明しましたね。なんでもてるのだろう。

|

« バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) | トップページ | 第15回 2010年冬期調査 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バカとテストと召喚獣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/47296341

この記事へのトラックバック一覧です: バカとテストと召喚獣 第2問 「ユリとバラと保健体育」 (1/14):

« バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) | トップページ | 第15回 2010年冬期調査 »