« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第11話 「感じていたいです……」 (12/16) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) »

2009年12月23日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第12話<最終回> 「約束です♪」 (12/23)

 原作第7巻第28話を元ネタに、アニメオリジナルをプラスして放送しました。
 一応いっとくけど、原作では第7巻が丸々温泉話でした。そして第25話と第26話は既にアニメ第1話として放送しています。信長は深夜アニメではシリーズに1回は必ずある温泉話とか言ってたけど、実際には今回が2回目。しかも放送されなかった原作第27話は椎菜のエピソードだったし。

 春香と裕人が雪山で遭難するというのが話の本筋なんですが、原作と違って思い切ったところまでもっていきましたね。
 男と女が裸で肌を寄せ合うということがどういう意味を持つかは言うまでもありません。ましてや今時の高校生ともなればなおさらです。しかし春香は恋愛感情が小学生なみに幼いため、自分が裕人のことをどういう意味で好きかを自覚していないところがある。原作では裕人がそんな春香の気持ちを慮って、ただ単に肌を寄せて暖めあっているという描写に終わってしまった。
 しかしアニメではその辺のフォローがないばかりか、乃木坂家のメイド隊や家族までほとんどそれを認めてしまっている。つまり、裸で肌を温めあっているだけでなく、二人がそういう関係になることに理解がありすぎる。玄冬の「許さない」にしても、それはしょせん(娘の恋愛に理解のない)父親の反対という程度です。つまり、裕人と春香がそういう関係になったと解釈されても仕方のない──少なくとも、メイド隊や乃木坂家の乱入がなければそういう関係になっていたはず──という描写になっています。

 最後に椎菜ですけど、おみくじで恋愛運が最高とでました。来週に良いことがあると。──あのー、今週で最終回なんですけど。思い切って逆夜這いかけてみたら、布団の中は玄冬だったし。最初から最後まで椎菜は不遇だったなあ。

 3ヶ月間、ありがとうございました。

|

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第11話 「感じていたいです……」 (12/16) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/47098278

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第12話<最終回> 「約束です♪」 (12/23):

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第11話 「感じていたいです……」 (12/16) | トップページ | バカとテストと召喚獣 第1話<新番組> 「バカとクラスと召喚戦争」 (1/7) »