« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第4話 「裕人さんのにおい……」 (10/27) »

2009年10月27日 (火)

第14回 2009年秋期調査

今期は体調を崩してしまい、感想をまとめる気力がわきませんでした。遅れてごめんなさい。

01,青い花,x
02,化物語,S
03,かなめも,x
04,蒼天航路,x
05,咲 -Saki-,A
06,あたしンち,x
07,大正野球娘,x
08,ウチュレイ!,x
09,宙のまにまに,x
10,バスカッシュ!,x
11,シャングリ・ラ,A
12,グイン・サーガ,x
13,CANAAN (カナン),x
14,プリンセスラバー!,B
15,狼と香辛料II (2期),x
16,よくわかる現代魔法,B
17,ヴァイス・サヴァイヴ,x
18,戦場のヴァルキュリア,x
19,東京マグニチュード8.0,x
20,ハヤテのごとく!! (2期),A
21,リロ アンド スティッチ,x
22,ねぎぼうずのあさたろう,x
23,ライブオン CARDLIVER 翔,x
24,忘念のザムド (TV初放送),x
25,ヤッターマン (新シリーズ),B
26,07-GHOST (セブンゴースト),x
27,ティアーズ・トゥ・ティアラ,B
28,ファイト一発! 充電ちゃん!!,x
29,懺・さよなら絶望先生 (3期),x
30,うっかりペネロペ 第2シリーズ,x
31,しゅごキャラ!! どきっ (2年目),A
32,GA 芸術科アートデザインクラス,x
33,PandoraHearts (パンドラハーツ),x
34,シュガーバニーズ フルール (3期),x
35,バトルスピリッツ 少年突破バシン,x
36,スターウォーズ / クローンウォーズ,x
37,アラド戦記 スラップアップパーティー,x
38,真マジンガー 衝撃! Z編 on television,x
39,うみものがたり あなたがいてくれたコト,x
40,チーズスイートホームあたらしいおうち (2期),x
41,Phantom (ファントム) Requiem for the Phantom,x
42,涼宮ハルヒの憂鬱 (再構成版、全28話),x
43,涼宮ハルヒの憂鬱 (新作話のみ),x
44,イヴの時間 (NET配信),x

以下寸評

{総評、寸評など}

02,化物語,S
S-評価
アララギ君と各話のヒロインたちの会話劇が凄く楽しく、またそれだけで話を持たせる構成力も面白かったです。今期の中では最良ではないでしょうか。
全15話ということで、TVでは途中で話が終わったのは残念でしたので、一段階さげてS-評価です。

05,咲 -Saki-,A
A-評価
麻雀と萌え絵という水と油のようなジャンルを見事に融合させた作品。私は麻雀をやったことがないのですが、咲の世界の超能力麻雀をなかなか楽しく描いていました。
ちょっと気になる点としては、咲がプラマイ0を続けていたのは家族麻雀で勝ちすぎると怒られるから……という設定でしたが、その割には咲の姉が咲以上の実力者のように描かれていること。この設定の矛盾が気になったので一段階下げてA-評価です。

11,シャングリ・ラ,A
A評価
地球温暖化と炭素経済、そして緑に覆われた東京という未来の世界観を見事に描いていました。作画のレベルも高く、良い作品だと思います。
あとは、登場人物の行動原理、特に敵役の鳴瀬涼子のそれが途中まで行き当たりばったりでよく分からなかったことから、話が振り回された感がありますね。

14,プリンセスラバー!,B
B評価
昨日まで普通の高校生だった有馬哲平が大財閥の跡取りとなり、しかもセレブの学園に通って外国の王女様と恋仲になる。こんなあり得ない設定で話を進める以上、この手の作品の評価はどこまで難しいことを考えずに楽しめたかどうかでしょうね。バカ話あり真面目っぽい話ありで結構楽しめましたが、突き抜けた部分がないためB評価にします。
個人的には、せっかく昨日まで一般人という設定なのだから、前の高校の彼女がでてきても良かったかも。

16,よくわかる現代魔法,B
B評価
コンピューターを使った現代魔法というアイデアは秀逸。あとはそれを活かせる話の展開ですが、そこはよくある話になった気もします。
何をやってもダメな主人公こよみのタライ召喚魔法は、実は強力なディスペルマジックで、魔法の存在を認めようともしない聡史郎の能力がアンチマジックと言う体質なのはこれはもうお約束ですね<褒め言葉。

20,ハヤテのごとく!! (2期),A
A評価
良くも悪くも今回のシリーズは原作どおりでした。原作に忠実で安心して見られた反面、意外性もなかったためちょっと評価は低めです。

25,ヤッターマン (新シリーズ),B
B評価
作品自体の出来自体は悪くはありませんでした。前シリーズを知っている身としては違和感はありましたが、そういうズレは第2期にはありがちですしね。
ただし、前半の放送中止の多さは勘弁して欲しかった。あと、前半では実在の芸能人のゲストが多かったが、ゲストの豪華さと話の面白さは無関係であり、むしろ白けてしまうのでこれも勘弁して欲しい。主題歌を巡っての山本さんとのトラブルも見苦しかった。
あとは、もうすこしいい意味で話を暴走させて欲しかったなあ。スタッフがやりたい放題やっているという楽しさがタイムボカンシリーズの醍醐味だと思いますので。

27,ティアーズ・トゥ・ティアラ,B
B+評価
異世界ファンタジーの場合、その作品の世界観と独特の用語、概念をどれだけ視聴者に伝えることが出来るかが大切だと思います。この作品は世界観が独特すぎて、一見しただけでは理解できない箇所が多かったです。
その代わり、魔王の癖にヘタレな主人公アロウンと押しかけ女房のリアンノン、その兄でツンデレなアルサルという人間関係が分かりやすい。他のキャラクターの行動にもおいおいと突っ込み甲斐がありました。

29,懺・さよなら絶望先生 (3期),S
S-評価
第3シリーズとなって安定したのか、良くも悪くも原作どおりとなった作品。ただこのアニメシリーズでは、原作マンガをそのままアニメにすることすら逆にネタにしてしまうところが凄い。
回数こそ少なくなったけれど実験回もちゃんとありましたし、カエレ先生のようなネタすらもきちんと手を入れるシャフトのこだわりには笑ってしまいました。

31,しゅごキャラ!! どきっ (2年目),A
A-評価
1年目は丸々見逃したけど、2年目になってから見始めました。話のフォーマットとしては変身美少女モノの系譜でしょうが、そこに自分探しの要素を絡めたことが独特の作品になりましたね。この手の変身美少女ものはいい意味でのマンネリ、つまりストーリーフォーマットを築けるかどうかが問題ですが、それも達成できていました。時々入るバカ話もツボに入りました。ちょっと甘いですが、A評価をつけても良いと思います。

42,涼宮ハルヒの憂鬱 (再構成版、全28話),A
A評価
43を参照。第1期が「殿堂入り」評価、新作話がB+評価のため中間を取ってちょっと色をつけてA評価とします。
ただ、最終回放映後に「消失編」の映画化が告知されたということは、このシリーズは最初から映画の前宣伝を兼ねていたのでしょうね。

43,涼宮ハルヒの憂鬱 (新作話のみ),B
B評価
このシリーズは、ほとんど同じ話を8回も続けた「エンドレスエイト」をどう評価するかに尽きると思います。なにしろ新作14話のうちの半分以上を占めるわけですから。
同じ脚本なのに絵コンテと作画監督の違いで演出がこれほど変わるのか! と面白がるファンと言うのは、おそらくディープなアニメファンに限ると思う。大抵の視聴者は、繰り返し同じ話を見せられると飽きると思うのです。せめて、途中を飽きさせない工夫(例えば、バイトの6種類の分岐を描いて見せるとか、毎回どのようにループからの脱出を試みるのか)をしてくれれば、また評価は違ったでしょう。

|

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第4話 「裕人さんのにおい……」 (10/27) »

アニメ調査」カテゴリの記事

コメント

ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、11/7の予定です。

29,懺・さよなら絶望先生 (3期)
42,涼宮ハルヒの憂鬱 (再構成版、全28話)
43,涼宮ハルヒの憂鬱 (新作話のみ)

リストの評価が x のままになっているので、
コメントに合わせて修正しました。

投稿: アニメ調査室(仮) | 2009年10月31日 (土) 10時53分

再び、失礼します
第15回2009年10-12月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2010/2/6予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

投稿: アニメ調査室(仮) | 2010年1月 3日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/46594030

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回 2009年秋期調査:

» 10・27請願受付の全容確定! 〔『水間条項』より転載〕 [【日本を】10鐔�27『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
 民主党は、国民の同意を得ることなしに、国の根幹を損ねる「 靖国神社代替施設」「 外国人参政権」「偽・ 人権擁護法案」「二重・三 重国籍」「 戸籍制度廃止」「 夫婦別姓( 選択制別姓)」「 女性差別撤廃条約選択議定書」「 1000万移民推進」「 日教組教育の復活」「 国立国会図書館恒久平和調査局」「 地方主権」「CO2 25%削減」「 東アジア共同体構想」などを、数の論理だけで通そうとしています。これらの法案の殆どは、都議選で一議席も確保でき... [続きを読む]

受信: 2009年10月27日 (火) 08時48分

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第4話 「裕人さんのにおい……」 (10/27) »