« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第2話 「入れてください……」 (10/13) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) »

2009年10月16日 (金)

魔法先生ネギま! もうひとつの世界 第1話 「壊滅!?ネギパーティ!!」 (09/17)

 とうとう始まりましたOAD第2期の感想です。遅れてすみません。
 ここ最近いろいろあって慢性的に疲労が抜けず、なかなか感想を書くだけの気力を振るうことができませんでした。やはり週14本のアニメは多すぎるか、それともドラクエに時間をとられすぎたか<おいおい
 OAD第1期は女の子いっぱい萌えいっぱいの方面に傾いていたのですが、第2期は魔法世界編でバトル方向も十分に描画されています。特にゲートポートでのネギ・パーティとフェイト・パーティとの集団戦は力入っていましたよね。

 個人的に気がついたことを言うと、OAD第1期と比べてもさらにシャフト色が抑え目になってきていると思いました。シャフト作品(というか新房作品)のオープニングは前衛芸術めいた抽象的世界観を元に描いていることが多いのですが……

 ネギま!? 積み立てられた机の上の世界
 マリア†ホリック スタジオとペンキの世界
 OAD第1期 ビリアード

 今回の第2期では赤松先生が絵コンテを描いたというだけあって、普通のアニメっぽくなっていました。これだけでも相当シャフト色が押さえられていますが、今回は黒板ネタとかがない分さらに…ですね。
 でも、やはりバトルのときのフラッシュ効果あたりは新房監督らしさが出ていたと思います。

 原作の6話分を30分にまとめたため時間的に厳しく、そのためかはしょったところも多かったですが、それでも明日菜とあやかの件とか入れるべきところはきっちり入れてきました。
 それとどうせ声バレするならと最初から5人目の密航者の存在を見せてたのは、アニメ制作側の確信犯でしょう。多分。
 でも、個人的には桜子大明神ネタが無くなったのは残念。

 あと、赤松先生とアシ3人のグダグダなコメンタリーを聞いて思ったところですが、フェイト・パーティの一人、楔を破壊した者の声が小さな女の子だった件について、赤松先生たちは「ノーコメントで」と宣言していましたよね。
 彼女(?)については、以前私は

 だとするなら、フェイト・パーティの(月詠と従者を除いた)残りの2人もまた人形である可能性はないでしょうか。そしてそのうちの1人は、「明日菜を元に作られた人形」である可能性はないでしょうか?

 『[考察] フェイト・パーティにいるもう一人の神楽坂明日菜』より

 と考察したことがあります。
 だから私は、彼女の声は神田朱実にしか聞こえませんでした。外していたらごめんなさい。でももしそうならやっぱりと笑ってスルーしてあげてください。

 それでは第2話以降も楽しみにしています。

|

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第2話 「入れてください……」 (10/13) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま! もうひとつの世界 第1話 「壊滅!?ネギパーティ!!」 (09/17):

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第2話 「入れてください……」 (10/13) | トップページ | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20) »