« 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第10話 「孤島症候群(前編)」 (6/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第11話 「孤島症候群(後編)」 (6/12) »

2009年6月 9日 (火)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第10話 「気高き剣士」 (6/8)

 オクタヴィア、アヴァロン城の面々にほだされて仲間になるの巻。
 ──てっきりまたアロウンがヘタレて仲間になるかと思ってましたが、演劇でも見ているかのようにスムーズに受け入れられましたね。それもリアンノンとアロウンのおかげですが。

 怪我したところをリアンノンに看病してもらい、そのままアヴァロン城に居ついたオクタヴィア。城の中を散策して子供たちに剣を教えたりしてます。それにモルガンまで、何の警戒もなしに全身で抱きついています。本当なら敵同士なのに、モルガンにとっては気が合う相手ということの方が大事なのですね。
 一方アルサルは、帝国兵ということでオクタヴィアを敵視しますが、アロウンとリアンノンに諭されて彼女の人となりを見極めることに。
 オクタヴィアに「荒い」と評されたアルサルの剣ですが、彼の猪突猛進な性格からはなるほど納得。劇中の二人の対峙で、力いっぱい剣を振り回すアルサルとそれをいなすオクタヴィアを演出しようとしていることは分かりますが、二人の剣技の違いが分かりづらかったです。最後はアルサルの突きをオクタヴィアが剣の腹で受け止めたが、勢いに押されて後ずさったところでおしまい。二人が手を取り合いました。

 そして彼女は一人の剣士として、アロウンたちとともに戦うことを誓います。
 ──彼女は帝国貴族の出身ですが、父親が謀反を起こして家族が殺されてしまったという経歴の持ち主でしたね。それだけでも帝国には居辛いはずなのに、それでも帝国を変えたくて帝国兵に入隊したわけですが、そこでもブブルクスのような無能な上司のもとで箱詰めにされて、帝国側には居場所がなくなってしまったわけですね。そしてアヴァロン城の生活を知って、そこで運命を共にすることを決意したと。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第10話 「孤島症候群(前編)」 (6/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第11話 「孤島症候群(後編)」 (6/12) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/45282374

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ 第10話 「気高き剣士」 (6/8):

» (アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第10話 「気高き剣士」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [DVD]クチコミを見る 幸か不幸か、物資と一緒にアヴァロン城に運ばれてきた帝国軍兵士オクタヴィア。そのことをいち早く察知したアロウンだったが、一旦は見逃すことに。しかし傷を負い倒れてしまった彼女をほっておくわけにはいかなかった...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 17時52分

» ◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第10話「気高き剣士」 [ぺろぺろキャンディー]
オクタビアさんの回想シーンから始まった。なんか火事になってたけど、永沢君なみのつらい過去だな、これは??そして、目を覚ますと、リアンノンに介抱されてた。アルサルはすぐにオクタビアさんを追い出せというが、アロウンに「勝手にオクタビアさんを悪者にするな」と...... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 11時57分

« 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第10話 「孤島症候群(前編)」 (6/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第11話 「孤島症候群(後編)」 (6/12) »