« [日記] ネギのお茶会2(不参加報告) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第13話 「エンドレスエイト」 (6/26) »

2009年6月23日 (火)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第12話 「帝国の脅威」 (6/22)

 ガイウスと遭遇したリアンノンが、帝国に連れ去られてしまう。しかしそこで、帝国兵と仲良くなってしまうリアンノンだった。
 この世界の戦時国際法がどうなっているのかは知りませんが、捕虜でありながらリアンノンが厚遇されたのはガイウスの人柄のおかげでしょう。確かゲール族の掟では、捕虜は捕らないし捕ったら皆殺しだったはずだから。
 その代わり、ガイウスはリアンノンに帝国兵の軍事演習を見せます。これは一種の威嚇でしょう。その上で帝国による平和を主張しますが、リアンノンはそれでも、ガイウスに一歩も退かずに自分たちの立場と希望を述べました。

 妹を連れ去られて暴走寸前になったアルサル兄ちゃんに対し、族長で夫のアロウンはリアンノンを探すために「寝て」しまう。アロウンとリアンノンは心が繋がっているそうですが、これはおそらく第1話でリアンノンが魔王アロウンの生贄にされたことを指しているのでしょう。生贄にささげられたということは、ファンタジー的に言えばリアンノンはアロウンのものになったということ。リアンノンの方が押しが強いため忘れがちなのですが、アロウンの呼びかけにリアンノンが夢遊状態になってしまったことからも、アロウンはリアンノンをいつでも好きなように動かすことができるのですね。

 ガイウスの基地に捕らえられたリアンノンですが、兵士の傷の手当てをした上にゲール鍋の給仕までおこなって、兵士たちと仲良くなってしまってます。これはリアンノンの人徳のおかげでしょう。そのため、リアンノンが基地から脱走(?)したときには、兵士が弓を放つのをためらってしまいましたが。

 あと、帝国基地にまで顔を出したタリシエン。ただの吟遊詩人とは思えないが、この人の正体が気になりますね。

|

« [日記] ネギのお茶会2(不参加報告) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第13話 「エンドレスエイト」 (6/26) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/45434752

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ 第12話 「帝国の脅威」 (6/22):

» ◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第12話「帝国の脅威」 [ぺろぺろキャンディー]
リアンノンさん、ガイウスにみつかって連れて行かれる。アルサルとモルガンが探しに来るが見つからない。アロウンさまは、リアンノンを探すために眠る。帝国兵が怪我をする。リアンノンが回復魔法で治療する。そして、リアンノンは帝国軍の調理場で料理をする。すっかり帝...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 19時07分

« [日記] ネギのお茶会2(不参加報告) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 第13話 「エンドレスエイト」 (6/26) »