« 第12回 2009年春期調査 | トップページ | [考察] 魔法世界を守れるのはネギだけか……の答えあわせ(自己採点) »

2009年4月22日 (水)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第3話 「旅立ち」 (04/19)

 リアンノンという押しかけ女房のおかげでゲール族の族長の地位に祭り上げられたヘタレ魔王アロウン。今度はモルガンまで俺のもの宣言をしたと思ったら、彼女にまで押しかけ女房にされてしまった。自分のものにした女に振り回されるなんて、けっこうヘタレですな。

 ただ、モルガンとの話の展開はちょっと強引という気がしましたね。いきなり意味も無くアロウンに襲い掛かってきては、返り討ちにされて「殺せ」ときたものだ。さらには一の戦士アルサルまでが「部下の不始末は自分の不始末」とアロウンの前に首を差し出す始末。……失敗即死刑とは、ゲール族の制約って無意味に厳しいですね。

 あと、ちょっと分からないのはオガムの存在。アロウンと親しいのかいつの間にか付き従っているように見えますが、彼はゲール族の一員なのでしょうか? とてもそうには見えないけど、ゲール族のみんなもあっさり受け入れているみたいだし。あと、神聖帝国という名称はアロウンにとっては気に入らないもののようでしたけどその意味は?

 アルビオン島への脱出のため、帝国の港を襲うアロウンたちですが、そこで出会ったのが帝国の将軍ガイウスという男でした。彼が放った短剣でアロウンが負傷したわけですが、ガイウスもその短剣の破損具合からアロウンが正真正銘の魔王であることを知ります。それはどういうことなのか。アロウン自信も自分は見るものにとって見たい姿に見える(超意訳)と述べたわけですし……
 あ、もしかしてアロウンがヘタレで女に対して押しが弱いのは、リアンノンの理想の男がそういうタイプだったからそう見えるだけ?

|

« 第12回 2009年春期調査 | トップページ | [考察] 魔法世界を守れるのはネギだけか……の答えあわせ(自己採点) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/44747609

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ 第3話 「旅立ち」 (04/19):

» ◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第3話「旅立ち」 [ぺろぺろキャンディー]
待望のモルガンさん登場。後からみたら、ほとんど裸属性だな。アローンの妻2号になるとか言い出すし、誓約の民エロすぎるだろ!!で、今回は、船を取り返すという話だった。戦闘シーン。さすがに、うたわれるものが作ってるだけあって迫力あった。結局奪回して、船出した...... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 02時41分

« 第12回 2009年春期調査 | トップページ | [考察] 魔法世界を守れるのはネギだけか……の答えあわせ(自己採点) »