« ティアーズ・トゥ・ティアラ 第1話[新番組] 「魔王復活」 (4/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」 (4/17) »

2009年4月16日 (木)

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第2話 「誓約の民」 (04/12)

 うわーこれはひどい(笑)。命を掛けて助けに来てくれた実の兄の話には聞く耳もたず、自分が生贄に奉げられた相手がちょっといい感じのイケメンだったからって、そいつの押しかけ女房になってしまうなんて。

 チョイ悪イケメンの魔王アロウンが、悪の大司教ドルウクを殺すのは別にかまいませんよ。人間の時代を滅ぼすという伝承のある魔王にとっては、召喚者も生贄も同じ人間という存在に過ぎない。生贄を奉げられたからって別に召喚者の言うことを聞かなければならないという理由はありません。むしろ、召喚した魔王と契約し使役する方法を確立せず、生贄さえあればいいと思い込んでいたドルウクの方が悪い。

 だが、誤解だろうがなんだろうが、リアンノンがアロウンに生贄として奉げられたのは事実。だとすれば、ファンタジー的にはもうこの時点でリアンノンはアロウンのもの。だったらそれらしく振舞えばいいものを、リアンノンが押しかけ女房として迫ってきたことにうろたえてうまくあしらうこともできないなんて、こいつ魔王とは名ばかりで実はただのヘタレだな。

 アルサルも可愛そうだ。妹萌えの命を掛けて助けに来たのに、当の妹が実は奪った相手に(一方的に)惚れてしまったなんて立場がないじゃないか。アロウンがヘタレじゃなくて、アルサルに「この女は既に俺のものだ、返して欲しくば実力で奪い返してみろ」というだけの器量があれば、まだ立つ瀬があるのに。

 このように、全てが何か間違った方向に話が進んでいるような気がしますが、そこは置いといて。次回も楽しみにしてます。

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ 第1話[新番組] 「魔王復活」 (4/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」 (4/17) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/44693496

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ 第2話 「誓約の民」 (04/12):

» ◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第2話「誓約の民」 [ぺろぺろキャンディー]
第一に、布で上手い具合に隠れてると言っておこう。魔王アロウンのおかげで、リアンノンの洗脳が解けた。魔王だから、リアンノンの兄アルサルが倒そうとするが、リアンノンが禁隠しに使ってた布をアロウンに被せて、結婚するから、倒しちゃダメという。そこに大量のガイコ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 23時50分

« ティアーズ・トゥ・ティアラ 第1話[新番組] 「魔王復活」 (4/5) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(新) 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」 (4/17) »