« [考察] ナギ・スプリングフィールド杯の困った展開 | トップページ | [考察] 魔法世界編と麻帆良祭編の奇妙な類似 »

2009年2月 8日 (日)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #18 「交錯する想い」 (2/8)

 前回の事件(ブレイク・タワー)から四ヶ月。いきなり時間が経過したのも驚きでしたが、実はその間体勢を立て直すために逃げ回っていたということでした。
 メメントモリ二号機は前回の作戦で破壊し切れなかった。おそらく連邦側はこの四ヶ月間で起動可能なまでに修理していたのでしょう。その上でソレスタルビーイングが攻撃していたと。

 この四ヶ月でいろいろ状況が変わりました。

 まずマリーの人格がソーマ・ピーリスに戻ってしまいました。超兵としての自覚で行動していますね。その原因はセルゲイを殺されたことで、しかもその仇が実の息子のアンドレイだったということに衝撃を受けてしまったと。アレルヤも積極的に戦場ででようとするソーマの人格とはどう付き合っていいのか分からなくなってしまったと。

 そのアンドレイも自分の父親殺しの事実をルイスに知られてしまいました。アロウズとして世界平和のためにという大義を主張しますが、それは大勢のために妻を見殺しにしたセルゲイと同じことを言っていることには気づいていないのでしょうか。ルイスもまた、沙慈を殺せるかどうかを真剣に悩んでいます。

 さらにライルとアニューの仲が公認のものになりました。ブリッジの面々にさらされて本人は恥ずかしがっていますが……しかしアニューは、本人が自覚しているかどうかは分かりませんがやはりイノベーター側のスパイだったようですね。脳量子派で現在位置をリヴァイヴたちに教えていた(あるいは知らずに発信していた)のでしょう。
 もちろんソレスタルビーイング側もそれを察知している。誰がスパイかまでは把握しておらずとも居場所が知られていることには気づいていました。これはこの四ヶ月間常に攻撃にさらされ続けていたことからの推測。ということは、アロウズ側は四ヶ月間プトレマイオス2を攻め切れなかったということでもありますね。なんて無能なんだ。スパイがいるという事実はジョーカー的な切り札なんだから、もっとここぞというときに使わないと。

 そのイノベーダー側にも、リボンズとリジェネ・王留美の間に不穏な空気が。王留美をつれなく突き放したり、リジェネに対しても上から目線で語りかけたり、リボンズの高慢さがますます増長しているようにみえます。そのため、リジェネは王留美を使ってソレスタルビーイングにヴェーダの位置を知らせようとする。

 あと、刹那がサーシェスに打たれた弾跡は、赤いGN粒子によって回復傷害が起きているそうです。これによって四ヶ月たった今でも完全な回復は望めていない状態。それでも本人は気にしていないようですが。

 そういう状況の中でアロウズのプトレマイオス2への攻撃がありました。プトレマイオス2側もアロウズのイノベーダーを捕獲してヴェーダの位置を吐かせようとミッションをたてますし。さらに作戦宙域にはルイスやアンドレイもいて、ソーマや沙慈も戦場に突入しました。

 そしてマリナ姫たちの隠れ家には襲撃者たちがやってきて……

|

« [考察] ナギ・スプリングフィールド杯の困った展開 | トップページ | [考察] 魔法世界編と麻帆良祭編の奇妙な類似 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/43998859

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #18 「交錯する想い」 (2/8):

» 【機動戦士ガンダム00】 第18話 〜交錯する思い〜 +pass [エコロジー研究所]
マリーさん、「ソーマ」 になっていましたね。 ギクッとしましたよ。 大佐のショックがここまですごいとは。声優さん(小笠原亜里沙)も大変... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 19時58分

« [考察] ナギ・スプリングフィールド杯の困った展開 | トップページ | [考察] 魔法世界編と麻帆良祭編の奇妙な類似 »