« とらドラ! 第15話 「星は、遠く」 (1/14) | トップページ | [日記] PT1購入しました »

2009年1月16日 (金)

マリア様がみてる 4thシーズン 第2話 「特別でないただの一日 Une journée ordinaire」 (1/14)

 原作第18巻『特別でないただの一日』111ページからの後半部のアニメ化です。学園祭当日のお話ですね。

 今回登場して場をかき回してしまった夕子ちゃんこと細川夕子は、可南子の先輩で父親の後妻(つまり義理の母)ということですね。父親が大好きな先輩の人生を滅茶苦茶にしたと思い込んだからこそ、可南子は男を毛嫌いするようになったと。それと、夕子の雰囲気が祐巳にそっくりということは、つまり可南子は祐巳に夕子の面影を重ねていたということですね。可南子が登場時に祐巳を異常なまでに崇拝し、自分の理想を投影していたのは、つまりはそういうことです。

 スールになって1周年という日であるが、祥子にとっては今日は「特別でないただの一日」でした。別にその日を忘れていたとかそういうことではなく、明日になっても明後日になっても変わらない普通の一日という意味で。しかし、そう言って祐巳を感激させたその口で、祥子は祐巳に「妹を作りなさい」という。

 なるほど、第4期がこの話を最初に持ってきた理由が良く分かる。まさしく原作の「祥子・祐巳編」の今後のテーマは祐巳の妹作りですね。正確には第3期第3話(原作15巻『涼風さつさつ』)の頃からですが、このあたりから祐巳の妹作りが話のテーマになってきます。はっきり言ってこの時点において祐巳と祥子の姉妹仲が完璧すぎるために、祐巳が妹を作る必要性を感じていないわけなのですよ。しかし、いつまでも祐巳は妹なしではいられません。これからは祐巳の妹作りがテーマになるんだよということを、これ以上はないほどはっきり言い切ったのがこの話です。

 ……今思ったんだけど、第3期を修学旅行の話(原作17巻『チャオ ソレッラ!』)で止めたのは、この構成意図があったからなのでしょうか。

|

« とらドラ! 第15話 「星は、遠く」 (1/14) | トップページ | [日記] PT1購入しました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

マリア様がみてる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/43753654

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる 4thシーズン 第2話 「特別でないただの一日 Une journée ordinaire」 (1/14):

« とらドラ! 第15話 「星は、遠く」 (1/14) | トップページ | [日記] PT1購入しました »