« [考察] 明日菜に飲み薬は本当に効くのか | トップページ | [日記] 帰ってきました »

2008年12月28日 (日)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 「メメントモリ攻略戦」 (12/28)

 大規模衛星兵器・メメントモリを攻略するお話。ありていに言えばそれだけのお話ですが、いろいろと興味深い展開がありました。

 まずカタロン対アロウズですが、カタロンの方が規模と性能が劣る上に、守り手のアロウズは敵襲を予測して当然なだけに万全の体勢を敷いているため、ジリ貧になりました。またメメントモリで艦隊を半壊させられたのも痛い。地力の差を見せ付けられたという感じですね。

 そこに救援にかけつけたガンダム00とプトレマイオス2。カタロンを下がらせ、メメントモリの資料を引き継ぎますが……ここでネーナがソレスタルビーイングにメメントモリの内部資料を送信してしまいました。王留美の名前で渡したけど、これってもしかしてネーナが勝手にやったことではないかという疑問が絶えません。なぜなら、ネーナは兄たちを殺したサーシェスとは決定的にそりが悪く、それを使っているイノベータたちにも反感を抱いているからです。敵の敵は味方とは限らないけど、それよりはネーナは刹那に前作でも(一方的な)好意を示していたので、「女の嫉妬で」勝手にソレスタルビーイング側に情報を渡したと。
 それよりも、彼女はルイスの家族と親族を奪った張本人なわけでして、今は沙慈が同じソレスタルビーイング側に属しているわけだから、二人が出会う可能性だってあるわけです。沙慈はネーナのことを知ったとき、どんな反応をするやら。

 スメラギの作戦は、アリオス、ケルディム、セラヴィーのトランザムを順次起動して防御戦を突破し、セラヴィーの火力で外壁を剥がしてむき出しになった共振部をケルディムで狙い打つというもの。マリーに頼んだのはその脳量子波によってメメントモリの発射とその脱出タイミングを計るためだと思われます。しかし、あの一瞬のタイミングで射線軸から逃れられるとは、トランザムってば凄すぎ。
 ケルディムのトランザムで移動するシールドで相手の攻撃を防ぎ、それが切れた頃合いを計らってセラヴィーのトランザムを使用したフェイスバーストモードでメメントモリの外壁を剥ぐ。さらにGNミサイル(なんでもGNをつけりゃいいってもんじゃないぞ)でむき出しにした共振部をケルディムで打ち抜きましたが……少数精鋭だから仕方ないとはいえ、なんという冗長性の少ない作戦だ。奇跡的な綱渡りを何回も行っていますね。

 メメントモリを破壊して、その破片が流星雨となって地上へ落ちてきた。カタロンのクラウスは「次の世代に残してはいけないもの」としてこの流星雨を見上げています。

|

« [考察] 明日菜に飲み薬は本当に効くのか | トップページ | [日記] 帰ってきました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/43558474

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 「メメントモリ攻略戦」 (12/28):

« [考察] 明日菜に飲み薬は本当に効くのか | トップページ | [日記] 帰ってきました »