« とらドラ! 第6話 「ほんとの自分」 (11/6) | トップページ | とらドラ! 第7話 「プールびらき」 (11/12) »

2008年11月10日 (月)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 「傷痕」 (11/09)

 アロウズによって壊滅させられたカタロン基地を見て愕然とする沙慈。ティエリアに経緯を聞き出され、プトレマイオス2に連れて行かれる。意図しないこととはいえカタロンの情報を漏らしたのは沙慈なので、カタロン基地においていくわけには行かない。これは仕方ないことか。

 一方、アザディスタン王国壊滅を目撃した刹那とマリナは、カタロン基地に戻る。本当はそれでもアザディスタンに残りたかったマリナを強引に連れ戻してのことだったらしい。前回の引きから、私は今回の相手がサーシェスになるかと予想していたのですが。

 カタロン基地の惨状を見て、スメラギが失神する。あのときの回想シーンから、スメラギが元AEUの戦術予報士で、誤情報に基づく戦術でマネキン大佐ともども味方同士の戦闘を引き起こして除隊した──らしいということが判明。マネキンの方もプトレマイオス側の戦術予報士がスメラギ(クジョー)であることを認識し始める。まだ予想の段階ですが……これはマネキンとスメラギとの因縁フラグでしょうか。

 ばれた基地にいつまでもいられないと、カタロン基地の移動をアロウズの襲撃から守るため、プトレマイオス2が囮になります。倒れたスメラギを待っていられないとばかりに囮になるが……
 今回の戦闘においては、とうとうルイスがアロウズとしてソレスタル・ビーイングに立ち向かってきました。それと時を同じくして、自分のしでかしたことに責任を感じた沙慈が、せめてカタロンを守るために砲撃手につく。アレだけ毛嫌いした人を殺す立場に、そしてその相手がかつての想い人であったことにお互いきづかないまま、二人が立場を分かって戦うことになりましたね。
 そして刹那にはブシドー、アレルヤにはソーマが相手になります。お互いに因縁ある相手と戦うことになり……って、新ロックオンの相手は誰でしょうか?

 話は変わりますが、王留美は単純にイノベーダ(リボンズ)とは仲間というわけでもなさそうですね。明らかにソレスタルビーイングを援助していますし、イノベーダから目をくらますためにネーナを使っていると明言しています。留美にも明らかに目的があり、それがイノベーダたちの作る未来とは一線を画しているのでしょう。

|

« とらドラ! 第6話 「ほんとの自分」 (11/6) | トップページ | とらドラ! 第7話 「プールびらき」 (11/12) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/43066134

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 「傷痕」 (11/09):

» 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第6話「傷痕」 [電撃JAP]
博士「千鶴さん、懐かしいなぁ・・・」 助手「最早適当の領域www」 [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 10時10分

« とらドラ! 第6話 「ほんとの自分」 (11/6) | トップページ | とらドラ! 第7話 「プールびらき」 (11/12) »