« [考察] 作画密度が違う | トップページ | 乃木坂春香の秘密 第12話[最終回] 「秘密です!」 (9/24) »

2008年9月26日 (金)

スレイヤーズREVOLUTION 第13話[最終回] 「Misty 振り下ろされる刃!」 (9/24)

 暴走するザナッファーおよびデュクリスとの最終決着。
 リナはデュクリスの態度が矛盾していると言う。人間は悔い改めるべきだと言いながら滅ぼそうとするし、ザナッファーを暴走させている割にはリナを「喰らう」ことは止めさせる。リナがそう指摘すると、デュクリスはあっさりそれを認めます。つまりデュクリスは、人間が生き残るに相応しい存在か否かを運命に委ねようとしていたと。
 つまりあれですか、自分のしでかしたことの不始末を、運命に委ねると称して責任転嫁しているだけですかこのおっさんは!? そんな中途半端な心構えで悪役やるなよ。やるなら最後まで悪役でいろと言いたい。

 そのデュクリスをザナッファーは不意打ちで突き刺してしまう。デュクリスのザナッファ・アーマーを暴走させてもう一体のザナッファーを作るつもりでした。
 ザナッファーがいうには、サイラーグの人たちは魔族に対抗するためにザナッファーを生み出した。ザナッファーが完全体になれば、魔族も神ですら打ち破ってそれを超える存在になれると。つまりザナッファーの目的は、神を超える神になることだったわけです。
 ところでザナッファーを倒せる存在が光の剣と金色の魔王(ロード・オブ・ナイトメア)の呪文だけということですが、これを見て前作第3期にでてきた神魔合成呪文でも倒せそうな気がしてきた。もっとも、黒魔法はともかくもう一つの神聖魔法の詠唱者がいないので、この場では使えないのですが。

 リナの機転で氷の魔法でザナッファーを氷付けにして、そこから光の剣と神滅斬(ラグナ・ブレード)できりつけ、さらに止めとして竜破斬(ドラグ・スレイブ)を繰り出す。氷付けの間の時間稼ぎにデュクリスが出てきてザナッファーの目を攻撃しました。ただ、倒したはいいけどデュクリスが結果的にお咎めなしというのはいかがなものか。しかも暴走しかけて機能停止したザナッファ・アーマーを身に着けているのはさすがに危ないのではないかと言いたい。良心の呵責だけが罰というのは、はっきり言って甘すぎますね。

 さて、今回で一応最終回ですが、続きは第5期に放送されるとおり謎がいくつか残りました。作中でも言ってるとおりタフォーラシアの眠りはまだ解けていないし、レゾの壷と魂の存在のこともあります。さらにはゼロスとワイザーの本当の目的も不明のままですし、アサシン・ズーマの存在も気になりますね。つまり今回はシリーズ終了というよりは、第4シリーズの前半部が終わっただけともいえるでしょう。
 ですからありがとうございましたとは言いません。続きを楽しみに待ってます。

|

« [考察] 作画密度が違う | トップページ | 乃木坂春香の秘密 第12話[最終回] 「秘密です!」 (9/24) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スレイヤーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/42596642

この記事へのトラックバック一覧です: スレイヤーズREVOLUTION 第13話[最終回] 「Misty 振り下ろされる刃!」 (9/24):

« [考察] 作画密度が違う | トップページ | 乃木坂春香の秘密 第12話[最終回] 「秘密です!」 (9/24) »