« スレイヤーズREVOLUTION 第13話[最終回] 「Misty 振り下ろされる刃!」 (9/24) | トップページ | とらドラ! 第1話[新番組] 「虎と竜」 (10/01) »

2008年9月27日 (土)

乃木坂春香の秘密 第12話[最終回] 「秘密です!」 (9/24)

 原作第3巻第12話の話に、第1巻のエピローグを追加されてました。

 すまん、アホボン。俺はお前を見誤っていた。前回お前のことをお金持ちに生まれついただけで、やってることは春香親衛隊と同レベルだと書いたけど、訂正します。お前のやってることは小学生並みだ。
 春香のバースディパーティとはいえ、世界的財閥の乃木坂家のものとなれば明らかにそこは社交場になりますし、同級生とはいえ裕人がそこにいるのは場違いであることも百歩譲って認めてもいい。だがしかし、だからと言って人のプレゼントをとりあげて、それを取り巻きの間でたらいまわしにした上に足で踏みつける。それが社交界デビューした男のすることですか!? 成金じゃあるまいし、金持ちには金持ちなりの品性というものがあるだろうに。こんな稚気をひけらかすような子供が跡取りでは、確かにサザーランド家の将来は真っ暗でしょうねえ。その父親も相手を見て態度を変えるタイプの人間みたいですし、これはアホボンが跡を取る前からサザーランド家は傾くかもしれない。

 裕人はアホボンの攻勢の前に一度は意気消沈しましたが、島の老人に声をかけられて自分を取り戻す。春香が高嶺の花だったのは最初からだったはず。それでも春香と一緒にいるのは、自分だけが本当の春香を知っているから。アニメや漫画が好きで、ちょっぴりドジで天然な、そういう完璧超人ではない素の春香を唯一春香が見せることができるというのが、裕人の本当の強みだったわけです。裕人もまた、春香と付き合うことでそれまで興味のなかったアキバ系の世界を、アニメや漫画の世界を知ることになった。付き合うことでお互いの世界が広がっているのです。

 パーティ終了後の春香の部屋で、春香の宝物を見せてもらう裕人。そのうちの一つ「イノセント・スマイル」創刊号は、裕人が子供の頃、泣いていた春香を慰めるために渡したものだった。その時以来春香はアニメや漫画の世界を知って夢中になり、隠れオタクとなってしまったと。つまり全ての元凶は裕人にあったわけです。

 春香とのいいところで邪魔が入るのはお約束ですが、妹やダメ姉やダメ教師はともかく、メイドに祖父に母親まで聞き耳立てていたとはどこまでファンキーな家風なんだ乃木坂家は。そして父親はポン刀振り回して二人を追い掛け回す。とまあこのあたりはお約束の範疇ですね。

 半年間ありがとうございました。

|

« スレイヤーズREVOLUTION 第13話[最終回] 「Misty 振り下ろされる刃!」 (9/24) | トップページ | とらドラ! 第1話[新番組] 「虎と竜」 (10/01) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/42606009

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 第12話[最終回] 「秘密です!」 (9/24):

» 乃木坂春香の秘密第12話『秘密です!』の感想レビュー(最終回) [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
『そうだ…最初から不釣り合いだった。“天下の乃木坂家のお嬢様”と俺なんかじゃ…。でも、春香は。そうだ、“俺の知っている春香”は…ちょっぴりドジで、割と鈍感。絵が個性的で、かなり天然。そんな春香の秘密、それはアニメや漫画が大好きってコト。そしてそれは、俺と春香の“2人だけの秘密”。』 裕人くんが好きになったのは、“セレブなお嬢様”“学園のアイドル”などの肩書きではなく、“彼だけが知っている、乃木坂春香という女の子”そのものでした。 その事実を再確認した裕人くんは、無事に春香に誕生日プレゼントを渡すこ... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 18時45分

« スレイヤーズREVOLUTION 第13話[最終回] 「Misty 振り下ろされる刃!」 (9/24) | トップページ | とらドラ! 第1話[新番組] 「虎と竜」 (10/01) »