« スレイヤーズREVOLUTION 第11話 「Keep out しのびよる魔獣!」 (9/10) | トップページ | [日記] 救急車に運ばれた »

2008年9月13日 (土)

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」 (9/10)

 椎菜を押し倒してる(?)ところを春香に目撃されて動揺する裕人。だが翌日の文化祭、春香はいつものとおりに振舞っていた。
 原作第4巻第16話のアニメ化です。

 ──結局、この作品世界では根が善良な人しか登場しないんですよね。普通、主人公(裕人)、ヒロイン(春香)、ライバル(椎菜)の三人で三角関係をやろうと思ったら、ヒロインをやきもち焼きにするか、ライバルをわがままにするかのどれか(あるいは両方)を選択しないと話が盛り上がらない。ところがこの作品では

 主人公/裕人──優柔不断で誰にでも優しいが基本的に春香一筋。典型的なラブコメの主人公。
 ヒロイン/春香──そもそも恋愛の概念を理解していない。小学生以下の恋愛観。
 ライバル/椎菜──主人公とヒロインが両思いだと知ると、何も言わないうちから身を引いてしまう。いい人過ぎる。

 椎菜は庶民派のアイドルということで、もともと完璧超人なスーパーお嬢様の春香との対比から生まれたキャラだと思うのですよ。だから本来中産階級な裕人の立場を考えると、もともとは高嶺の花の春香よりはずっと近い立ち位置にある。そういう意味ではラブコメのライバルキャラとして登場してきたんだと思うのです。
 ところがその椎菜がもともと春香を尊敬している上に、根が良い人だから好きな二人の間に割り込んでふりまわすことができない。主人公とヒロインのどちらもが奥手でプラトニックな関係なんだから、ライバルがもっと引っ掻き回さないと話が盛り上がらない。
 春香も春香で、恋愛感覚が小学生以下だから自分が裕人に恋しているという自覚がない。そのため折角主人公がライバルを押し倒している現場を目撃しながら、完璧超人すぎる出来の良さのために直接やきもちを焼くこともしない。あと、折角のお嬢様と一般庶民との恋愛という題材なのに、ヒロインの周囲の人間が裕人と春香に理解がありすぎるのもラブコメとしては盛り上がらない。唯一二人の関係に否定的なのは玄冬お父様だけど、秋穂お母様を味方につけてしまったからほとんど公認状態だし。

 でも、「乃木坂春香の秘密」はそういう裕人と春香の関係を見ているのが一番楽しいのかもしれませんね。二人ともじっくり思いを育てていくタイプですので、周りの雑音に惑わされないのが一番なのかもしれませんね。

|

« スレイヤーズREVOLUTION 第11話 「Keep out しのびよる魔獣!」 (9/10) | トップページ | [日記] 救急車に運ばれた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/42458925

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」 (9/10):

» 乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」 [ゼロから]
天宮椎菜を押し倒したところを乃木坂春香に見られた裕人、一生の不覚。 [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 16時18分

« スレイヤーズREVOLUTION 第11話 「Keep out しのびよる魔獣!」 (9/10) | トップページ | [日記] 救急車に運ばれた »