« 乃木坂春香の秘密 第4話 「変じゃないでしょうか…?」 (07/31) | トップページ | スレイヤーズREVOLUTION 第6話 「Fall on 奇祭!珍祭?あの玉を押しあげろ!」 (8/6) »

2008年8月 3日 (日)

[考察] ラカンはなぜ明日菜に飲み薬を飲ませたのか

 3回続けて大きめの考察をやったおかげで、ネタが切れてしまいました。
 そこで今回は、ちょっと軽めの考察をやってみようと思います。

 今回の題材は215時間目、ネギが明日菜に風土病と偽って薬を飲ませたシーン。

Negima_ron0401

 私はこのシーンをみて、ずっと疑問だったあることについて、そういうことだったのか!? と納得してしまいました。どこかよそのBLOGや感想サイトが言及しているのではないかと思っていたのですが、私の探し方が悪いのかどこの感想サイトやBLOGでも本家「AI Love Network」の感想掲示板でも全然触れられていませんでした。別に私が触れなくてもどこかよそのサイトで指摘してもらえるならそれで結構なのですが、あまりにも当たり前すぎて書くまでも無いことなのかもしませんが、誰も書かないならちょっと触れてみようかと思います。

 私がずっと疑問だったこと、それは
 タカミチはどうやって、魔法完全無効化能力を持つ明日菜の記憶を封じたのか?
 の一点につきます。

 実は明日菜に記憶封じの魔法が効かないというのは、1時間目で既に描かれています。

Negima_ron0402

 ここではネギが未熟だからというギャグでごまかされているのですが、魔法完全無効化能力を持つ明日菜に魔法を使うと、本来とは意図しない効果が発生することは、修学旅行編のフェイトの魔法でも描かれています。

Negima_ron0403

 この時点では明日菜は自分が魔法完全無効化能力を持っているとは知らず、無意識のうちに抵抗していたからこんな結果になったわけで、つまり本来の明日菜には、記憶封じの魔法は効かないということになります。

 ただし、明日菜の魔法完全無効化能力は完璧なものではなく一部例外があることは確認されています。

Negima_ron0404

 無間方処の呪法や強制転移魔法のような空間系には全く効果がなく、また弐集院の娘が使った幻術系の呪文にも弱いことが判明しています。
 ですが、これらの魔法は明日菜本人を直接対象にしたものではありません(強制転移魔法はちょっと疑問がありますが、対象の周囲の空間に働きかける呪文と考えれば矛盾は無い)。記憶操作のような精神系の呪文はどう考えても本人を対象にした呪文であり、たとえ後に設定が変わったとしても、これを魔法完全無効化能力の例外と考えるのは無理があるでしょう。

 と思ったら、実は明日菜に精神系の魔法が(例外的に)効いた話がありました。

Negima_ron0405

 原作第7巻、明日菜がネギのホレ薬をつまみ食いしてしまうお話です。

Negima_ron0406

 このとき明日菜はネギにドキドキしていた自分の異常を全てホレ薬のせいだと思い込みました。しかし明日菜に魔法完全無効化能力があることを知っている読者の立場から見ると、魔法が効かないはずの明日菜になんで(魔法薬である)ホレ薬が効くのかという疑問が残ります。実は明日菜はこの時点でネギに惚れてしまっていたが、根っからのツンデレである明日菜はネギに惚れていることが認められないため(当時ネギや明日菜は、明日菜が魔法完全無効化能力を持っていることは認識していなかった)、ホレ薬のせいだと思い込んだ。この話だけならそういう解釈も可能ですし、実際読者もそう認識したでしょう。

 しかし、215時間目の

Negima_ron0401

 を経過した後では全く違う解釈が可能となります。すなわち
 明日菜の魔法完全無効化能力は、飲み薬にも効かないのではないか?
 ということです。

 そう考えれば、魔法が使えないタカミチが明日菜の記憶を封じることができた理由にもなりますし、ラカンがわざわざネギを通じて明日菜に飲み薬を飲ませた理由にもなってつじつまがあいます。54時間目の明日菜の異常はネギに惚れたはれたの話ではなく、本当にホレ薬の影響だったというつまらない結果になってしまうのですが……

 同じ状況が1つだけなら他に理由も求められますが、2つ重なればそこに意味を見出すこともできますし、3つ重なればそれはもう必然です。今後明日菜が別の魔法薬を飲み下すシーンが出ててくることがあるならば、そのとき答えは明らかになってくるでしょう。

|

« 乃木坂春香の秘密 第4話 「変じゃないでしょうか…?」 (07/31) | トップページ | スレイヤーズREVOLUTION 第6話 「Fall on 奇祭!珍祭?あの玉を押しあげろ!」 (8/6) »

感想・考察」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

読ませていただきました。
つまりRPGとかによくある「魔法は効かないけどアイテムは効く」状態ですよね?

思うにアスナの場合、「(効果は知らなくても)自分の意思で飲んだ薬」だけが効くんじゃないでしょうか。
たとえば魔法毒薬が霧状に散布されているような場合は防げるのか、
「毒素を持った霧を周囲に発生させる魔法」等は防げるのか、
更にデータが欲しいところですね。

投稿: | 2008年8月 3日 (日) 09時12分

>思うにアスナの場合、「(効果は知らなくても)自分の意思で飲んだ薬」だけが効くんじゃないでしょうか。
そこまで考えるとさらにややこしいことになるから省略しましたが、確かに可能性としてはありそうですね。
>更にデータが欲しいところですね。
フェイトの石化魔法は毒霧撒布に近いものでしたが、あれは触れただけで石化するものでしたからちょっと違いますし。

投稿: JUN | 2008年8月 3日 (日) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/42043726

この記事へのトラックバック一覧です: [考察] ラカンはなぜ明日菜に飲み薬を飲ませたのか:

« 乃木坂春香の秘密 第4話 「変じゃないでしょうか…?」 (07/31) | トップページ | スレイヤーズREVOLUTION 第6話 「Fall on 奇祭!珍祭?あの玉を押しあげろ!」 (8/6) »