« [考察] 魔法は日常を破壊するのか | トップページ | 魔法先生ネギま!~白き翼~ 第1話 「ネギま部(仮)増殖中♥」 (08/12) »

2008年8月17日 (日)

乃木坂春香の秘密 第6話 「夏こみです…」 (08/14)

 ここ数年は毎年夏コミには欠かさず出かけていたのですが、とうとう今年は参加することができませんでした。参加と言っても一般参加ですが、さすがに徹夜の疲れが体に残るようになってきたか。

 というわけで、今回の話は原作第2巻第7話、初めての夏コミの話です。世界最大級のオタクの祭典コミケに、一般人の裕人と世間知らずの春香がカルチャーギャップを受ける、と言う話はコミケをテーマにした漫画やアニメなら必ず描くものですね。でも今は国がオタクカルチャーを後押しするような時代なんだから、ちょっと裕人たちの反応が古いような気もする。
 でもまあ、分野が違うと人間ってそんなもんかもしれない。私だって歌手(今はアーティストと言うらしい)が日本武道館でコンサートを開くことがどれほどの栄誉なのか、聞いてもいまいちピンときませんし。

 さて、10時開催だから余裕をもって9時集合とか言ってるけど、信長の始発でいけというアドバイスを無視したおかげで……確かに夏コミの時期の国際展示場駅って、エスカレータから改札までぐるぐる回ってまっすぐ歩けないんですよね。1時間前では行列行列また行列。あの位置だと春香たちが会場に入れたのはおそらく12時前かそこらというところでしょう。炎天下の中で2時間以上も待たされるのはお嬢様育ちの春香には辛いかもしれない。
 さらに目的の「ねこバス停」のサークルでも長蛇の列。これほどの長蛇の列だとそこからさらに1時間近くは並んだはず。きついかもしれませんが、夏コミで人気サークルの新刊を手に入れようというんだからそのくらいの覚悟が必要でしょう。春香の場合は本来の目的が「ねこバス停」だけだったから行列はそこまでかもしれませんが、複数のサークルをチェックしている場合は一日中歩き回るだけの覚悟が必要です。

 あと一冊というところで、マナー違反の割り込みの客にさらわれてしまう。そこで春香に助け舟を出したのが、某オタク政治家として名高い元外相にして現在は与党幹事長……に化けた那波さん。美夏や葉月とともに心配でついてきたわけですか。これほど見事な変装をしてたのに、コスプレ会場での助け舟ではバレバレの仮装でごまかしたりと矛盾が目立ちますね。
 春香がコスプレ会場でレイヤーと間違われたのは、春香の衣装が「ノクターン女学院ラクロス部」の登場人物『春流菜』様と偶然同じだったからです。

 さて最後に、夏コミから帰り春香を家まで見送ってきた裕人ですが、そこに家から抜け出してきた春香がやってきて。というわけで以下次回。今回は比較的原作に忠実な内容でした。

|

« [考察] 魔法は日常を破壊するのか | トップページ | 魔法先生ネギま!~白き翼~ 第1話 「ネギま部(仮)増殖中♥」 (08/12) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/42192707

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 第6話 「夏こみです…」 (08/14):

» 乃木坂春香の秘密第6話『なつこみ…です』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
・時期的に旬なコミケのお話…なんですが、『撲殺天使葉月さん』の印象が強すぎてニヤニヤです(´∀`) 『ヴィル那波ナ』さんと『美夏テー』たんのコスプレも狙いすぎ…というか、もう毎週コスプレ入れていけば良いよ!(*^-^)b お話的には、初めての夏コミで色々トラブルに巻き込まれながら、仲を深めた2人でしたが、実は謎の黒服に監視されていて、家に帰ってホッとする間もなく、さっき家まで送ったハズの春香が裕人くんの家まで駆け込んできて…という、乃木坂シリーズにしては珍しい、次週へ続く!展開になっていました。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 17時55分

« [考察] 魔法は日常を破壊するのか | トップページ | 魔法先生ネギま!~白き翼~ 第1話 「ネギま部(仮)増殖中♥」 (08/12) »