« スレイヤーズREVOLUTION 第3話 「Chase 終わりなき追走!」 (7/16) | トップページ | [考察] 承認するヒロインたち »

2008年7月19日 (土)

乃木坂春香の秘密 第2話 「初めてなんです…」 (07/17)

 春香の始めてのおつかい。秋葉原の巻。

 春香が最高レベルのお嬢様であると言う点をすっとばして生徒(春香ファンクラブ)たちのコミカル嫉妬シーンが描かれているため、春香の扱いが単なる学園のアイドル程度になってしまっているのが気になるところ。できれば「マリア様がみてる」レベルの気品ある描写を入れてもらえれば、裕人とのミスマッチ感も出てなかなか楽しめそうだったのになと思ってしまった。今のところ、春香の方も天然ボケ気味な親しみやすさばかりが描かれているため、ファンクラブの連中が何故あんなにムキになるのかという疑問が尽きない。

 それを除けば、やはり作品としては良いできです。お嬢様ゆえの世間知らずで天然ボケ風味な春香と、全然アキバ系ではない一般人の裕人が見せてくれるドタバタ風味という原作小説の持ち味がよく描かれていました。なかなか楽しかったですね。

 新発売のゲームハードを購入しようとして、のんきに後回しにしてしまったために買い損ねるというのもまた春香らしい。──というか、予約ぐらいしなさいと言いたい。予約なんて概念を春香が持ち合わせているかは不明ですが。

 ガチャポンで散財、メイド喫茶でメイド服を着せてもらい、ショックで失神した彼女をお姫様だっこで介抱……それなんてエロゲ?
 あらゆる方面に無類の才能を発揮するのに、唯一自分が望む方面にだけは才能がないという設定も親しみやすくていいですね。

 あと、原作ではもっと後になってでてくるはずのキャラがなぜか登場してきましたね。なんで「彼女」が秋葉原にいるんだか。

 しかし秋葉原もここ数年で、すっかり様変わりしてしまいました。以前ならともかく今の秋葉原駅では「迷うほど」戸惑うということはないのではないかとも思うのですが。

|

« スレイヤーズREVOLUTION 第3話 「Chase 終わりなき追走!」 (7/16) | トップページ | [考察] 承認するヒロインたち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/41904176

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密 第2話 「初めてなんです…」 (07/17):

« スレイヤーズREVOLUTION 第3話 「Chase 終わりなき追走!」 (7/16) | トップページ | [考察] 承認するヒロインたち »