« [考察] 夕映が記憶喪失になった理由 | トップページ | [考察] 魔法世界編とは神楽坂明日菜編である »

2008年7月12日 (土)

乃木坂春香の秘密[新番組] 第1話 「もう、ダメです…」 (07/10)

 容姿端麗、文武両道、才色兼備。あらゆる分野に突出した才能を持ち、それでいてそれをひけらかさない性格のよさ。深窓の令嬢にして白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)の二つ名を冠された学園のアイドル、乃木坂春香がただ1つだけひた隠しにしていた秘密とは?

 原作は五十嵐雄策の同名のライトノベル。第1巻第1話のほぼ忠実なアニメ化でした。

 いえ、ほんとに良く出来ています。春香の声が能登麻美子というのは合わないのではないかとも思っていたのですが、一見完璧超人に見えて実は意外と天然でドジという春香の二面性に結構マッチしていてよかったです。作画も動きも合格レベルで、本来なら不満はないはずなんですが……

 なんというか、原作に忠実すぎる気がします。この作品はスーパーお嬢様の春香が実はアキバ系、というギャップにあるんだから、本来裕人レベルの庶民の手が届かない相手、という描写をもっとじっくり見せてもらっても良かったかなと思います。原作は基本的に1巻4話の構成、つまり1話が短編小説であるためいきなり本筋に入りましたが、アニメはその縛りがないわけだから、もっと第1話の大部分を春香の完璧超人ぶりをアニメオリジナルの描写で費やし、そしてラストで裕人と図書室でぶつかる──というところで次回に続くという展開でも十分満足がいったと思います。おかげで春香の印象が、ただのおかしなお嬢様になってしまった。原作に忠実でありつつ原作を超えるところも見てみたい、と思うのはファンのわがままなのでしょうか?

 とはいえ、原作どおりであることは間違いないわけですし、次回も楽しみにしています。

|

« [考察] 夕映が記憶喪失になった理由 | トップページ | [考察] 魔法世界編とは神楽坂明日菜編である »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乃木坂春香の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/41815596

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂春香の秘密[新番組] 第1話 「もう、ダメです…」 (07/10):

« [考察] 夕映が記憶喪失になった理由 | トップページ | [考察] 魔法世界編とは神楽坂明日菜編である »