« 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第17話 「カガミ・ヨ・カガミ (KAGAMI YO KAGAMI)」 (1/30) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第18話 「ヤキ・モキ・コイガタキ!? (YAKI MOKI KOIGATAKI)」 (2/6) »

2008年2月 3日 (日)

機動戦士ガンダム00 #17 「スローネ強襲」 (2/2)

 新型ガンダムのトリニティ3兄弟がプトレマイオス・クルーに会いに来ます。しかし、長兄のヨハンはともかく、次兄のミハエルと末妹のネーナの傍若無人さが印象付けられただけで、お前ら一体何しに来たんだと言いたくなってきました。どうみてもプトレマイオスのガンダムマイスターたちにケンカ売ってるとしか思えないし。

ヨハン・トリニティ
 長兄のヨハンは理知的な知性派。態度が悪く暴走しがちなミハエルや悪気がないゆえにたちが悪い末妹のネーナのまとめ役をやっています。というか、あれぐらい冷静じゃないとトリニティ・チームのまとめ役なんてできないのでしょう。しかし、プトレマイオスのガンダムマイスターのやり方が手ぬるいという弟たちの意見を否定はしていません。

ミハエル・トリニティ
 次兄のミハエルは……なんというか、チンピラ? 態度が悪すぎですね。しかもシスコンの気があるし。あれはどう見てもネーナの方から刹那にキスしたのに、刹那を敵視しているし。
 MSWAD基地を攻撃したときも、目的を完遂したあとにやってきたオーバーフラッグスに対して積極的に攻撃をしかけたりするところなど、兄弟の中でも一番好戦的と見受けられます。

ネーナ・トリニティ
 末妹のネーナは、なんというか無邪気? 笑って敵を殺せるタイプのキャラクターと見受けられました。本質的にわがままお嬢様のまま、ガンダムマイスターになったタイプなのでしょう。刹那にいきなりキスをしかけて一目ぼれとのたまうあたりなかなかの大物です。刹那が艦内見物の付き添いを断ると、とたんに凶悪な顔つきになって怒らせないでよ……彼女も一筋縄ではいかないようで。

スローネのMSWAD強襲
 これは、どう見てもレイフ・エイフマン抹殺のためですね。
 冒頭の木星圏探査宇宙船の捜索シーンといい、ハロの兄さんがそこで発見されたシーンといい、何の関係があるのかと思ったのですが、エイフマン教授が太陽炉=GNドライブの製造が木星圏しかできないこと、したがってガンダムの稼動機数に制限があり、ソレスタルビーイングの戦争根絶が建前に過ぎないと「知ってしまった」 だからスローネの目標とされたということで。
 なぜソレスタルビーイングがエイフマンの端末にまで覗けたのかとか、セキュリティの高い軍基地の端末にある研究内容を知ることができたのか疑問は付きませんが、ここで重要なのはエイフマンが「知りすぎた」からトリニティ・チームの標的になったこと。プトレマイオス・クルーの方はソレスタルビーイングの目的が恒久的な世界平和であることを疑っているシーンは見受けられないし、エイフマンを抹殺するためにMSWAD基地を攻撃するという指令は受けていなかった。とするなら、トリニティ・チームか少なくともその背後にある組織は、ソレスタルビーイングの本当の目的が「恒久的な世界平和ではない」ことを知っていて、それがばらされると困るということになる。トリニティ・チームは、プトレマイオス・クルーよりもソレスタルビーイングの暗部に近い存在と予想できるわけです。

 というわけで、ハロとハロ兄の運命の再会は兄の記憶喪失で幕を閉じました。──この回はトリニティ兄弟とスローネのやり方が無茶苦茶だと印象付けるための回でしたが、なかなか良くできていましたね。

|

« 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第17話 「カガミ・ヨ・カガミ (KAGAMI YO KAGAMI)」 (1/30) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第18話 「ヤキ・モキ・コイガタキ!? (YAKI MOKI KOIGATAKI)」 (2/6) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/17935009

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #17 「スローネ強襲」 (2/2):

« 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第17話 「カガミ・ヨ・カガミ (KAGAMI YO KAGAMI)」 (1/30) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第18話 「ヤキ・モキ・コイガタキ!? (YAKI MOKI KOIGATAKI)」 (2/6) »