« 機動戦士ガンダム00 #14 「決意の朝」 (1/12) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第15話 「コン・コン・スポコン (CON CON SPOCON)」 (1/16) »

2008年1月15日 (火)

第7回 2007年冬期調査

アニメ調査室(仮)さんのところのアンケート、2007年冬期に終了したアニメの評価です。今回は年末年始にかかったので、回答が遅れてしまいました。申し訳ありません。
アニメが何をやっているのか把握できなくなってから久しいのですが、意外と終了したアニメの数が少ないと感じました。

01,もやしもん,x
02,電脳コイル,x
03,げんしけん2,A
04,バッカーノ!,x
05,まめうしくん,x
06,こどものじかん,x
07,スカイガールズ,x
08,プリズム・アーク,x
09,流星のロックマン,x
10,みなみけ(童夢版),A
11,Myself ; Yourself,x
12,ご愁傷さま二ノ宮くん,x
13,一期一会 恋バナ友バナ,x
14,D.C.II -ダ・カーポII-,B
15,BLUE DROP -天使達の戯曲-,x
16,ef - a tale of memories.,x
17,レ・ミゼラブル 少女コゼット,x
18,スケッチブック -full color's-,x
19,ナイトウィザード The ANIMATION,x
20,MOONLIGHT MILE 2ndシーズン -Touch down-,x

(以下、注意)
21,GR -GIANT ROBO-(地上波初放送),x
22,シュガーバニーズ(9月終了),x
23,最終試験くじら(NET配信),x
24,ひだまりスケッチ 特別編,x
25,ああっ女神さまっ 闘う翼,A

(どちらか、1つのみに記入し、もう一方は、xと回答して下さい)
26,ひぐらしのなく頃に解(全話放送),A
27,ひぐらしのなく頃に解(打ち切り地域),x

というわけで以下寸評

私はアニメの評価にC以下をつけることは滅多にないのですが、はっきり言ってDやEをつけるようなつまらない作品は最初から見ないか途中で切ることが多いです。シリーズ通して視聴してE評価をつけた作品なんてガンダム種死ぐらいしかないなあ。

{総評、寸評など}(自由記入、引用する場合あり)

03,げんしけん2
A評価
原作1話分の話を30分に膨らませるにあたり、オリジナルエピソードが入るのは当然なのですが、それが原作エピソードと比べて違和感ないぐらいに似合っていて楽しめました。
特にBL話がメインだった第5話とか。本編の丸々半分を荻上の妄想BL話につぎ込み、
しかもBLパート専用のキャラクターデザインと作画監督をおいたのには笑えました。スタッフノリノリだなあ~と。
笹原が就職活動に苦戦するラストの展開も結構リアリティがあり、げんしけんの作品の妙味はやはり心理描写にあるのだと引き込まれましたね。

10,みなみけ(童夢版),A
A評価
アニメを見てから原作を確認した私が言うのもなんですが、原作漫画はとにかく絵が白い。人物画に動きがないし背景なんてほとんど真っ白。それをよくもまあここまでアニメ向きにアレンジしたなあというのが正直な感想です。
アニメ向きではない絵柄をアニメ向きにアレンジしてあるので、アニメから入った私には違和感ありませんでした。話自体は原作にポテンシャルがあるし、脚本も練られているので淡々とした話を飽きさせずに楽しめました。

14,D.C.II -ダ・カーポII-,B
B-評価
主人公の義之が何も悪いことをしていないのに次々とトラブルに巻き込まれ、恋仲になったはずの小恋とすれ違うというのはいわゆるヤンデレ風味? サブヒロインのはずの美夏のストーリー中心になってしまったのはまあよいとして、そのために小恋と一旦別れるという結論はいかにも中途半端なものでした。もっとも、今から第2期の放送が決定しているところを見ると、第1期である今シーズンで話の全てを決着つけることができなかったというところでしょう。

25,ああっ女神さまっ 闘う翼,A
A評価
相変わらずの高クオリティで楽しませてもらいました。あらゆる意味で原作どおりの内容で、安心して見ることができました。

26,ひぐらしのなく頃に解(全話放送),A
A+評価
皆殺し編、祭囃し編ともに原作に比較的忠実な展開で、それぞれ9話分や11話分を使って描いただけあって取りこぼしも少なく楽しめました。悪く言えば原作どおりということなのですが、元の原作が分量があるだけにじっくり描きこんで見せたということもできます。
残念なのは厄醒し編で、もしひぐらしが最初から1年50話の放送だったらこんな中途半端な話を入れる必要も無かっただろうに。とはいえ厄醒し編は「解」における鬼隠し編、すなわち全ての基本となる編だと考えると、これもそれなりに評価するべきでしょう。
第1期は罪滅し編までという構成のために生じた矛盾をできるだけ取りこぼさないようにつじつまを合わせた構成は楽しめました。私はそういうのは好きです。

|

« 機動戦士ガンダム00 #14 「決意の朝」 (1/12) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第15話 「コン・コン・スポコン (CON CON SPOCON)」 (1/16) »

アニメ調査」カテゴリの記事

コメント

ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、2/2の予定です。

投稿: アニメ調査室(仮) | 2008年1月19日 (土) 13時15分

再び、失礼します
第8回調査を始めてみました 結果発表は2008/5/3予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

投稿: アニメ調査室(仮) | 2008年4月 6日 (日) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/17708368

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 2007年冬期調査:

« 機動戦士ガンダム00 #14 「決意の朝」 (1/12) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第15話 「コン・コン・スポコン (CON CON SPOCON)」 (1/16) »