« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月27日 (日)

機動戦士ガンダム00 #16 「トリニティ」 (1/26)

 3国家群の猛攻から鹵獲寸前にまで追い込まれた4機のガンダムを救い出したのは、新たに登場した3機のガンダムだった。ガンダムスローネアイン/ツヴァイ/ドライを名乗るガンダムの新たなマイスターたちの正体は、トリニティを名乗る3兄弟だった。
 かれらはヴェーダや監視者たちも知らないセカンドチームだそうです。スローネたちの存在は、まだまだ不明な点が多そうですね。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 #16 「トリニティ」 (1/26)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第16話 「ユメ・ミル・キカイ (YUME MIRU KIKAI)」 (1/23)

 今回は茶々丸がヒロインのお話でした。原作でいうところの75時間目に相当するお話ですが、原作よりもさらに茶々丸の描写に踏み込んでいます。その分葉加瀬がますますマッドサイエンティストに。茶々丸のコイバナはアニメの第1期や第2期ではやらなかったので、見ていて興味深かったです。
 意外というか、ドラマ版は茶々丸の描写ではなかなか凝っていたりするんですよね。茶々丸が動くときにはモーター音を鳴らしたり、言葉には機械処理をおこなったり。このあたりの工夫は2度のアニメ化でもやっていなかったです。ロボットに見せるために俳優に着ぐるみを着せたりしているわけですが、さすがに本物の金属とか使えないので素材はウレタンか何かでしょう。頭の部分は顔出しして、目にはカラーコンタクト、顔全体に化粧をして肌色を変えているのは、人間ではないということでしょうが、そうなるとどうしてもちゃちっぽく見える。どうせならCGで描写した方がより機械を表現できるとは思うのですが、31人全員がヒロインの「ネギま!」においてはヒロインに女優を使わないのは逆に無粋というものでしょう。しかし、機械と言うよりは着ぐるみだからこそ、逆に音声とか動作音に凝ることでロボットだと表現しているのだと思います。
 感想いきます。

続きを読む "魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第16話 「ユメ・ミル・キカイ (YUME MIRU KIKAI)」 (1/23)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

機動戦士ガンダム00 #15 「折れた翼」 (1/19)

 今回の話は、さすがのガンダムもたった4機では1000機近い大部隊が待ち伏せしているところで15時間近い持久戦をしかけられれば、なす術がなかったという、それだけの話。展開が派手な割には内容が薄いため感想が書きづらい。それでもガンダム4機が追い詰められていく状況をきちんと描いているところは完成度が高くて好きです。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 #15 「折れた翼」 (1/19)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第15話 「コン・コン・スポコン (CON CON SPOCON)」 (1/16)

 前回の予想通り、桜子たちチアの神隠し事件とは関係のないエピソードでした。というか誰も気にしていないから、チア3人衆は忘れられたっぽい。哀れな。
 と思ったら今回も本編とは何の関係も無く最後に美空とザジが神隠しに。チアの3人が泣いていたのに対し、美空とザジは笑ってました。ひょっとして人間の喜怒哀楽に対応していて、次回の失踪者は怒るか叫ぶかするのではないでしょうか。と意味もなく予想する。
 ──感想いきます。

続きを読む "魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第15話 「コン・コン・スポコン (CON CON SPOCON)」 (1/16)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

第7回 2007年冬期調査

アニメ調査室(仮)さんのところのアンケート、2007年冬期に終了したアニメの評価です。今回は年末年始にかかったので、回答が遅れてしまいました。申し訳ありません。
アニメが何をやっているのか把握できなくなってから久しいのですが、意外と終了したアニメの数が少ないと感じました。

01,もやしもん,x
02,電脳コイル,x
03,げんしけん2,A
04,バッカーノ!,x
05,まめうしくん,x
06,こどものじかん,x
07,スカイガールズ,x
08,プリズム・アーク,x
09,流星のロックマン,x
10,みなみけ(童夢版),A
11,Myself ; Yourself,x
12,ご愁傷さま二ノ宮くん,x
13,一期一会 恋バナ友バナ,x
14,D.C.II -ダ・カーポII-,B
15,BLUE DROP -天使達の戯曲-,x
16,ef - a tale of memories.,x
17,レ・ミゼラブル 少女コゼット,x
18,スケッチブック -full color's-,x
19,ナイトウィザード The ANIMATION,x
20,MOONLIGHT MILE 2ndシーズン -Touch down-,x

(以下、注意)
21,GR -GIANT ROBO-(地上波初放送),x
22,シュガーバニーズ(9月終了),x
23,最終試験くじら(NET配信),x
24,ひだまりスケッチ 特別編,x
25,ああっ女神さまっ 闘う翼,A

(どちらか、1つのみに記入し、もう一方は、xと回答して下さい)
26,ひぐらしのなく頃に解(全話放送),A
27,ひぐらしのなく頃に解(打ち切り地域),x

というわけで以下寸評

続きを読む "第7回 2007年冬期調査"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

機動戦士ガンダム00 #14 「決意の朝」 (1/12)

 中国タクラマカン砂漠で、ユニオン、AEU、人革連の三大国家郡が合同軍事演習を行う。その目的は濃縮ウラン埋設地域を目的としたテロ計画を囮に、ソレスタルビーイングのガンダムを追い込むこと。というわけで、事実上全世界を相手にたった4機のガンダムで介入行動をすることになったガンダムです。
 今回は、この状況に至るまでになった経緯を十分に描いていました。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 #14 「決意の朝」 (1/12)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第14話 「マギステル・ネギ・コレ (MAGISTER NEGI COLLE)」 (1/9)

 今回のお話は、原作第2巻の15時間目に出てきたエピソードのうち「ネギ先生は日本にパートナー探しにやってきた」というデマ話と、第7巻の60~62時間目にでてきたネギと明日菜のケンカエピソードを組み合わせて作ったものですね。それがなぜかミスコンに発展してしまうあたり、原作初期の無軌道ぶりを彷彿とさせてよかったと思います。
 というわけで感想いきます。

続きを読む "魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第14話 「マギステル・ネギ・コレ (MAGISTER NEGI COLLE)」 (1/9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

機動戦士ガンダム00 #13 「聖者の帰還」 (1/5)

 今回見てて思ったこと。いつの間にか、サーシェスにまで刹那の正体がばれかけている!? ガンダムマイスターの情報は重要機密じゃなかったのでしょうかーっ! と突っ込んでしまった。
 マリナにはもともとばらしていましたが、それ以上にテレビカメラが注目している公衆の面前で、「刹那」の名前を呼んだらまずいでしょうが。なんでアザディスタンの王女がソレスタルビーイングのパイロットの名前を知っているのかという疑問がでてきますよね。
 というわけで、感想いきます。

続きを読む "機動戦士ガンダム00 #13 「聖者の帰還」 (1/5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »