« げんしけん2 第9話 「シューカツはいつも雨」 (12/5) | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #10 「ガンダム鹵獲作戦」 (12/8) »

2007年12月 9日 (日)

魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第10話 「ヒミツ・ノ・デート (HIMITSU NO DATE)」 (12/5)

 今回は木乃香とネギのデートを、明日菜と刹那が追いかけるというお話でした。原作では、明日菜の誕生日プレゼントに買いに行くところをチア3人集が追いかけるというお話でしたが、シリーズ2回目のこのせつ話になりましたね。
 感想行きます。

明日菜を叩き起こす刹那
 休日に寝ている明日菜を起こす刹那。ご丁寧にも明日菜が投げ捨てた目覚ましをベッドに戻したりとか。
 ここでちょっと疑問。刹那の言葉づかいだけど、明日菜に対してもつっけんどんなタメ口になっている。原作の刹那は明日菜に対しても常に丁寧語でしゃべっているので、違和感がぬぐえませんでした。とはいえ、原作でも修学旅行編が始まるまでの刹那はつっけんどんなしゃべり方をするキャラだったので、そのイメージにあわせたのでしょうか。修学旅行編のような刹那がなぜ木乃香と距離をとっているのかとか、木乃香との和解に至るまでのエピソードをやっていないので、刹那と明日菜の仲がただの木乃香を介した友達の友達という関係になっているということでしょう。
 あと、明日菜は苦学生で朝夕の新聞配達のバイトを行っているので、休日は二度寝したりしています。

明日菜と刹那の尾行
 食べ放題のチケットが3人以上であることを名目に、刹那を誘う明日菜。明日菜はおそらく、刹那が木乃香を大切に思うあまりかえって気持ちが通じていなくなっている状況を理解していたのでしょう。3人で食べ放題を食べればそれなりに打ち解け合って誤解もなくなるという明日菜なりの気遣いではないでしょうか。
 ところがその木乃香がネギと一緒に居て、しかも二人だけの秘密という。誤解しても仕方ありませんわな~。
 とはいえその二人の尾行はお世辞にも上手いとはいえない。しかも刹那にいたっては学生服しか持っていないらしくあやうくそれでバレそうに。

木乃香のセンス
 ネギとペアルックの衣装を着て喜ぶ木乃香。その姿を見て木乃香のセンスを疑う明日菜と、口ごもる刹那。
 「お嬢様の趣味は悪くない……と思う」
 そのタメはなんだ!? さすがにお嬢様至上主義の刹那でも心にも無いことは口にしがたいか。

クマパンとランジェリー
 ランジェリー店でネギを連れまわす木乃香。一応男の子(演じるのは女の子だけど)にランジェリーは分からないと思うぞ。とそれはいいとして。
 「クマパンツの明日菜が、ランジェリーなんてはかへんやろ」
 「それもそうですね」
 お前らさり気にひどいこと言ってるなあ。刹那も
 「お嬢様のセンスを悪くいえないと思う」
 だし。
 ペアルックとクマパン。どちらがセンス悪いだろうか?

木乃香の真意
 道端で突っ込んできたスクーターから木乃香を、魔法を使って助けるネギ。もちろん刹那本人には気づかれずに。第1回で思いっきり明日菜に気づかれていたうかつぶりと同一人物とは思えないほどしっかりしてきましたね。
 しかしそのネギの姿を見て、その場を離れる刹那。この刹那の態度の変化には、自分が従者として木乃香を守ろうと奮闘してきたけど、それが別に自分でなくてもかまわないと思い知らされたのでしょう。明日菜を誘って食事にいきます。
 しかし木乃香の本意は、刹那と出会ってから10周年のプレゼント探しだったというわけですね。ドラマ版は高校3年という設定だから、二人が出会ったのは7歳ということになります。
 木乃香の贈り物に、久しぶりに「このちゃん」と呼ぶ刹那。これは今の刹那の精一杯の気持ちの表れなのでしょう。すぐにいつものクールな態度に戻ってしまいますが。


 というわけで、刹那と木乃香の友情に焦点を当てた第10話でした。でもドラマのせっちゃんが明日菜たちと打ち解けるにはまだもう少しかかるみたいですね。

|

« げんしけん2 第9話 「シューカツはいつも雨」 (12/5) | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #10 「ガンダム鹵獲作戦」 (12/8) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第10話 「ヒミツ・ノ・デート (HIMITSU NO DATE)」 (12/5):

« げんしけん2 第9話 「シューカツはいつも雨」 (12/5) | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #10 「ガンダム鹵獲作戦」 (12/8) »