« 機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」 (12/22) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第13話 「シズナ・ノ・ヲヘヤ (SIZUNA NO WOHEYA)」 (12/26) »

2007年12月28日 (金)

げんしけん2 第12話 「その先にあるもの…」 (12/26)

 アニメ第2期も最終回。前回まで伏線を張るだけ張って回収もしなかったですが、これは続編に期待。笹原の就職活動を話のメインに添えていましたね。
 序盤から就職活動がうまくいかず、あの大人しい笹原の精神が荒んでいるところなんかが妙にリアル。なんか自分の就職活動のときを思い出して、ちょっと痛々しかったです。

空気が読めない朽木
 就職活動がうまくいかず内心あせっている笹原の前で、温泉旅行に行こうと声を上げる朽木の空気の読めなさぶりは確かにうざい。まあ、もともとそういうキャラクターなだけに仕方ないところですが、そんなキャラクターを受け入れてきたのは現視研内のメンバーにそれだけの余裕があったればこそ。新入生勧誘の段階では現視研内でも笹原だけが朽木を庇っていただけに、それだけ笹原に余裕がなくなってきたという証拠でしょう。

ヘタレ笹原
 就職活動に煮詰まり、どこの出版社も内定を出してもらえない。マンガ編集から遠ざかったかと思えば、建築やWebデザインの会社にまで活動範囲を広げますが──
 なんか、笹原がどこにも採用してもらえず、どんどん妥協していく過程が微妙にリアルで痛々しかった。さらに言えば、面接官側もそんな笹原の妥協の心理を見透かしていることが見え見えで、見ていて辛いほどに演出がうまいなと感心しましたよ。
 そんな就職活動に行き詰った笹原が、現視研部室で温泉に行くことを提案する。自嘲で自虐に陥ることで自己保身に走る笹原の微妙な心理を、ズバズバとついてくる咲ちゃんがよかったです。それで笹原が活を入れられた。現視研における咲ちゃんの役割は部活に真を入れることで、ともすればダメダメになりがちなオタクの吹き溜まりである現視研が部活として体をなしてきたのは、咲ちゃんの存在が大きかったからでしょう。というわけで、笹原が現視研にやってきたのは咲ちゃんや部員のみんなに活を入れてもらいたかったという部分もあったと推測できるのですよ。言い方を変えると、笹原は現視研という場所に甘えてたともいえるわけですが……

久我山の現状
 大手医療機器メーカーに就職して営業をやっている久我山。笹原からの電話で「好きでやってる仕事ではないけど、なんとかがんばっている」と答えます。そして最近また同人を始めたとも。就職活動に落とされ続けて本来の自分の目的を見失いかけていたところを咲や荻上たちに活を入れられた後だけに、その言葉はやはり自分の原点を見つめなおすきっかけ

マンガ編集者の募集
 いよいよ追い詰められた笹原が見つけたのは鷲尾社の漫画編集者募集の新聞広告。こうまであっさりと自分にぴったりな募集広告が見つかることにも驚きだが、それがリクルート雑誌とかではなく新聞の広告に載っているというのも驚きでしょう。笹原が巷談社とかの大手出版社の面接を受けていたのは、そこに行けばマンガ編集ができるからというイメージがあったからで、おそらくリクルート雑誌とかに「巷談社は漫画編集者を探しています」という広告が載ってたからではないでしょう。というか

そういう職種をここまで直裁に募集している

こと自体が想定外。笹原だってきっと驚いたはず。
 その鷲尾社とは漫画編集者専門の人材派遣会社。自らは出版せず、漫画編集部とかに編集者を状況に応じて派遣する会社でした。なぜか一次面接の担当官が社長で、二次面接が現場の人という逆転現象もありましたが、これは数話前の「社長とかではなく、現場の人の落としてもらいたいよね」という笹原の言葉を受けた設定になっています。
 笹原はそこで、現視研での活動(同人誌編集)では辛いことも苦しいこともあったけど、それを含めて楽しかったと断言します。

 内定も決まり、現視研メンバーに報告する笹原。真っ先に報告にあがったのが荻上というのも伏線でしょうか。エンディングのダイアローグで、笹原が今はバイト扱いで電話番だと言ってるのが笑えました。
 というわけで、3ヶ月間ありがとうございました。

|

« 機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」 (12/22) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第13話 「シズナ・ノ・ヲヘヤ (SIZUNA NO WOHEYA)」 (12/26) »

げんしけん」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/17500542

この記事へのトラックバック一覧です: げんしけん2 第12話 「その先にあるもの…」 (12/26):

« 機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」 (12/22) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第13話 「シズナ・ノ・ヲヘヤ (SIZUNA NO WOHEYA)」 (12/26) »