« 機動戦士ガンダム00 #07 「報われぬ魂」 (11/17) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第8話 「スキ・キス・ドキドキ (SUKI KISS DOKIDOKI)」 (11/21) »

2007年11月23日 (金)

げんしけん2 第7話 「卒業症候群」 (11/21)

 今回の次回予告ネタは、オタクにとってのエロとは何かという話題。これはなかなか奥が深い。久我山は絵、田中はシチュを例に挙げていますが、そもそも萌えとエロとは違うものであるし、「萌え」自体が「オタク」という言葉が出来てから十年以上たって作られた概念であるため、「オタクのエロ」=「萌え」とは一概に言えない。そもそも同じオタクでも、SFマニアをルーツとする人たちとアニメマニアをルーツとする人たちでは全然別の人種だし。
 というわけで感想いきます。

OPアニメの修正
 OPアニメを見てみたら、一部シーンに違和感が。良く見たら大野、荻上、春日部の3人娘が「プリティメンマ」のコスを行っていました。大野がキューティトンコ、荻上がプリティメンマだとして、春日部さんは一体誰のコスプレを? 本人はコスプレには興味ないこと言ってるけど、何か第2期でも不遇な目に会いそうな気がする。
 あと、ラストカットにもガンガルヘッドが追加されていました。なんだか気になったので。

斑目の乗り過ごしたバス
 これにアニメキャラが描かれていたときにはちょっとぶっ飛びました。学生たちの町の通勤通学バスにアニメキャラってどうよ?

卒業後の進路
 卒業後の進路で久我山さんは医療機器メーカに就職。営業にまわされそうだという話に久我山さんピーンチ。たしかにあのドモリ癖のある久我山さんがどうやって営業をやっていくのか疑問がありますが……原作でもそれなりにうまくやっていそうなので、実は向いていたとか。
 田中は上野にある衣料系の専門学校に入学。もともとコスプレ系とはいえ衣装制作経験はあるので、田中には向いているのでしょう。とはいえ、大野さん的には不満が? その理由は上野の学校に通うために今の場所から引っ越すことになるからだそうで。

問題の先送り
 田中が卒業するにあたり、大野が春日部に頼みを。田中の作ったコスプレを着てほしいという。慕ってくれている大野のコスプレを無碍に断ることもできず、来年卒業するときにと言ったら、後期入学の大野の卒業は、再来年になるのだという。泣き出した大野を慰めるために、来年コスプレしてやるからと言いますが……
 大野の態度にほだされたとはいえ、コスプレを断る口実に「来年卒業するときに」というのは自滅。というか、問題を1年先送りにしただけとも言う。大野の性格から考えて、一年後には絶対コスプレをやらせることになることは容易に予想できるし、自分から言い出したことだから春日部に断る口実がない。とってもやばそう。
 笹原から大野に4代目部長を推薦されたときの「コスプレ研究会にしちゃえば」も自爆と言えば自爆。大野が春日部に早速と言い出すのは予想できること。どうも春日部さんは、先のことを考えずに物事を言ってしまう癖があるみたいですね。

「くじびきアンバランス」OVA化
 いきなりくじアン第1期のOP「くじびきアンバランス」が始まったかと思えば、明らかに第1期のデザインの律子やちひろが登場。声まで第1期だったし(律子が千葉紗子、副会長がおそらく川澄綾子)、第2期じゃないのかと思ったら、実はアニメ第1期の続編としてくじアンがOVA化したという設定だった。紛らわしいことするなぁ。
 別設定別デザインの第2期がアニメ化した後に、第1期のアニメの続編がOVA化するのもなんだかなあと思ったけど、実は小池コウタローという監督が第1期を気に入ってたことが理由だったらしい。原作連載中だったから違う終わり方にせざるを得なかった第1期のアニメの続編ということですね。うむ、ありえそうだ。
 でもそういう場合、第2期は将来的には「無かったこと」にされてしまうんじゃないかい? ほらΖΖとか……

原口(ハラグーロ)のその後
 原作には無かった原口のその後。預かっていた原稿を勝手に売り飛ばして、風祭ねこさんと揉めているとか。同人作家からも嫌われていただけに、正真正銘自業自得ですね。原口はああいう嫌われキャラですが頭は良いタイプだと思ったので、勝手に人の原稿を売るなんて隙を見せるかとも思うのですが。

追い出しコンパ
 卒業生の追い出しコンパの割には、春日部が話題の中心になったり……なりきり律子・キューベル・ケッテンクラートとはなるほど懐かしい話題をだすなあ。
 それと田中が作ったフィギュアを春日部が壊しかけようとして、実は田中本人が壊してしまったという話は原作のおまけマンガに出ていたエピソードですね。

歩いて10分
 最後までじらした斑目の就職先は、「大体この方向に、歩いて10分ぐらいかな」
 大学の近くに就職先を構えて、昼休みには大学の部室でお弁当を食べる。うわー春日部があきれるはずだ。

 エンディングで流れた曲は、第1期のED「びいだま」でした。いつもの「クラブハウスサウンド」とは違ったのであれ? と思ったのですが、Bパートの引きからつながる流れとしては、むしろしんみりしてていいと思いました。第1期の「くじびきアンバランス」といい、普段の体裁に捕らわれず積極的にその時々にふさわしい音楽を使用するというのは良いですね。

|

« 機動戦士ガンダム00 #07 「報われぬ魂」 (11/17) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第8話 「スキ・キス・ドキドキ (SUKI KISS DOKIDOKI)」 (11/21) »

げんしけん」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

通りすがりの人間が失礼いたします。

たぶん原口はそこまで頭が良いわけではなく「損得の嗅覚に長けた頭の回転の早いバカ」だと思っています。本当に賢いわけでないから慢心で自滅するタイプというか。ですのであの行く末は個人的にとても納得がいきました。

投稿: | 2015年1月27日 (火) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/17162984

この記事へのトラックバック一覧です: げんしけん2 第7話 「卒業症候群」 (11/21):

« 機動戦士ガンダム00 #07 「報われぬ魂」 (11/17) | トップページ | 魔法先生ネギま!(ドラマ版) 第8話 「スキ・キス・ドキドキ (SUKI KISS DOKIDOKI)」 (11/21) »