« げんしけん2 第2話 「会議はモメル」 (10/17) | トップページ | げんしけん2 第3話 「アツイ夏の一日」 (10/24) »

2007年10月21日 (日)

機動戦士ガンダム00 第3話 「変わる世界」 (10/20)

 ガンダムシリーズには主人公に対峙する仮面の男の存在が欠かせませんが、00には仮面男が未だ登場していませんね。敢えて近い立場のキャラとしてはグラハム。彼はもうガンダムにメロメロなんだ……と怪しい台詞を言わないでください。

天柱で密航するヴァーチェ
 単独で大気圏突入が可能なガンダムシリーズですが、さすがに単独での宇宙脱出はできなかったようです。だから天柱で資材搬入にまぎれて密出国──ってちょっとまて。ソレスタルビーイングには、自前でガンダムを宇宙に脱出させる手段がないというのだろうか。ベースは宇宙にある輸送艦プトレマイオスだというのに。少数精鋭による高機動力が強みだというのに、大気圏再脱出には密航に頼らなければならないとしたら活動に大幅な制限が加わると思うのですが。
 それとも、人革連側にもソレスタルビーイングの協力者がいるのだろうか?

数十年分の技術先行
 国家レベルならともかく、一民間組織にしかすぎないソレスタルビーイング所有のガンダムに使われている技術は数十年分の断絶がある。これはなかなか大変なことです。技術の進歩というのは、外界との断絶で独自進化を遂げることができるほどやわなものじゃない。たとえ一握りの天才が全く新しい科学理論を考え出したとしても、それを普遍して実際の科学技術として現実化するには数多くの人たちの汗と涙が必要です。ましてやガンダムなどといった巨大兵器を作るのには無理がある。一応、21世紀の発明王イオリア・シュヘンベルグがソレスタルビーイングの設立者だということでその理由付けを行っているが……
 グラハムが言うには、ガンダムのモーターはグラハムの乗るフラッグのおよそ6倍。それを支えるのがGN粒子だということで、この軍事技術差がソレスタルビーイングを成り立たせています。

グラハムの対ガンダム調査隊転属
 独断でガンダムに戦いを挑んだグラハム中尉ですが、約6倍のパワー差にも関わらず銃を切られただけで済ませました。ガンダムの破片でも持ち帰ろうと掴んだところを妨害されたが、それでも塗料だけである程度履歴が分かるという演出はなかなか考えられているなと素直に感心しました。
 そんなグラハムが対ガンダム調査隊に転属。それだけガンダムとソレスタルビーイングを脅威と考えているのでしょう。グラハムは自分のフラッグのカスタマイズを依頼しますが、その際パイロットへの負担は考えなくていいとまで言い切る。

もう一人のライバル役
 人革連のセルゲイ中佐が地上に降りてくる。目的はセイロン島視察。こちらもガンダムの存在を脅威に感じてのものですね。この人も主人公側に対するライバル役の一人なのでしょう。性能が格段に劣るティエレンで、乱入してきたエクシアに対して顔に掴みかかるほどの腕前を見せてくれます。

三正面作戦
 ガンダムチームのサードミッションは三正面作戦。デュナメスは南アフリカ地域鉱物資源採掘現場での内戦への武力干渉で、ここは確かAEUの領土だったはず。キュリオスは南アメリカ地域のタリビア上空から麻薬畑を焼き払う。こちらはユニオンの領土ですね。そしてセイロン島へ再介入してきたのがエクシア。ヴァーチャーはプトレマイオスへ帰還しているため、それぞれ単独1機での介入になりますね。
 AEU、ユニオン、人革連の領土に同時に紛争介入するということは、つまりどの国にも属さない組織であるとともに、世界を同時に敵に回すこともいとわないという宣言があるのでしょう。ただ、ガンダムという超兵器を過度に妄信しているきらいはありますね。自信が過信にならなければいいのですが。

北アイルランドの紛争終結
 400年間続いた北アイルランド(現在のイギリス領)の紛争が終結。テロ組織が武力によるテロ行為の完全終結を宣言。ソレスタルビーイングの紛争介入が、効果を発揮したということ。理由の如何を問わず紛争には武力介入という方針が効果を発揮したということでしょうか。
 ──圧倒的能力差で戦場を圧迫すれば、テロが収まるというのであれば、現在イラクがあそこまで紛争をこじらせてしまうことも無いと思います。私はこれはテロ組織リアルIRAは実はソレスタルビーイングと内通していたことに一票。

 ガンダムの能力が強すぎて武装介入の展開がご都合になっているきらいはありますね。少数精鋭で世界を変えるというのはここまで主人公最強系にならないとダメなものなのか。

|

« げんしけん2 第2話 「会議はモメル」 (10/17) | トップページ | げんしけん2 第3話 「アツイ夏の一日」 (10/24) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/16824072

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 第3話 「変わる世界」 (10/20):

« げんしけん2 第2話 「会議はモメル」 (10/17) | トップページ | げんしけん2 第3話 「アツイ夏の一日」 (10/24) »