« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

ながされて藍蘭島 第26話[最終回] 「飛び出して、藍蘭島」 (9/26)

 最終回の感想です。

 あー、龍神さまに会うために先週1話分かけて試練を乗り越えてやってきたのに、あやねの横槍で冒頭わずか5分で流されてしまったい。龍神さまのお髭を引っこ抜いてしまった。なんという馬鹿馬鹿しさでしょうか。

 そして龍神さまの守護が得られなくなってしまっても、行人は嵐の海に小船で乗り出そうとする。すずは行人を見守るだけだが、最後の最後では「行っちゃやだー」と叫んで行人を追いかける。やはりすずは、本音では行人とは別れたくなかったわけですね。その意味ではあやねたちと同じわけですが、あやねたちが最初から軽いノリで妨害を仕掛けていたのに対し、すずは一度は行人の意を汲んで島の外に出るための手助けをしておきながら、最後の最後で気持ちを打ち明けたからこそその気持ちが行人に届いたわけでしょう。行人だって、ここで来たのがすず以外の女の子なら、果たして振り返ったりするでしょうか。

 渦に飲み込まれた行人を助けるため、海に潜って龍神さまにお願いをするすず。そしてそれを助けるあやねたち。特にあやねは自分が引っこ抜いたお髭を元に戻すためにまたも潜りましたからね。断面を合わせるだけでくっついてしまうとは、龍神さまのお髭の再生力には驚きです。

 すずたちの願いが龍神さまに通じたのか、嵐の中島の外に抜け出た行人が出会ったのは、自分の後を追って遭難した美咲が乗る船だった。実は美咲は、こことは違う男しか住んでいない別の藍蘭島に漂着していて、そこの男の人たちと楽しく過ごしているらしい。なんだそれはー! と思わず突っ込んでしまいそうなご都合設定ですね。しかもその男たちはそろって純情で、プラトニックな関係で暮らしているらしい。そりゃあ、行人の場合は女が男を襲うという主客転倒した設定だからシャレで済んでいたわけで、大の男が大勢で女の子一人に襲い掛かってくるという設定だったらシャレになりません。それどこのスーパーフリー? 男たちの「そりゃそりゃ」という掛け声が聞こえてきたとき、私は12年前の「漢だらけの大船釣り大会」で流された男たちかと思ってしまいました。もしかしたら、彼らは実は別の島に流されていて、そこを藍蘭島と名づけて暮らしていたところに美咲が流れ着いたのではないでしょうか。だとすると行人の藍蘭島と美咲の藍蘭島は実は近くにある……だからこそ会えたわけですね。まあ近くても外界との行き来ができないのでは仕方ありませんが。

 そして行人は美咲を男たちに託し、自分は藍蘭島に帰る。すずたちに会うために……とかいって、すぐに「第二回婿殿争奪杯」が始まってしまっては……やはり行人は、女たちに襲われる運命にあるのね。

 というわけで、半年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ながされて藍蘭島 第25話 「鍛えて、へなちょこ」 (9/19)

 先週の感想を書き忘れていたので今書いています。

 龍神の守護を受けるために富士山(ふじやま)の頂上に挑む行人とすず。しかし島の女性は行人たちの妨害をする。さらに龍神を守る島の4人(?)のヌシたちが、行人に挑む。

 行人を島から外に出したくないだけで、迷路を作ったり罠を仕掛けたりぱん太郎を買収したりするあやねたちの行動力は侮れない。他にやること無いのか……と思うのだが、島唯一の男性が居なくなるかどうかの瀬戸際なのだから、彼女たちも手段を選んで入られないのでしょう。

 一方島の4人のヌシたちは、大牙は手加減抜きの真剣勝負、しまとらも仲間の猫たちを使った幻影術(身代わり)で対抗。これはおそらく、妹の美咲のために行人は真剣なのだから、やはり全力を以って立ち向かうのが礼儀というものでしょうか。ぱん太郎はただ買収されただけですが。
 そんな大牙には梅梅と河童の遠野さんがたちはだかり、ぱん太郎にはしのぶが割って入る。あやねたちとは違ってこの2人と1匹はすずと同じく行人を龍神にあわせる為にそれぞれ相手を引き受けたわけですね。
 そして藍蘭島最強である西のヌシのからあげが立ちふさがる。あらゆる点で行人の動きを上回るからあげに対して行人がとった策は……最後には行人が勝つのですが、その行人はからあげたちが自分を鍛えてくれていたのではないかといいます。つまりは実戦稽古というわけですか……

 そして行人とすずは龍神島の祠へと向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

もえたん 第12話[最終回] 「スキップ!」 (9/24)

 前半Aパートは大学受験に備えるいんくたちのお話。素直にいんくに教わることができず、テンペラすみになってナオくんの部屋にパステルインクの講義を受けにいくすみのツンデレぶりや、そんな自分の部屋に押しかけてくるコスプレいんくやすみの正体に全然気づかないナオの天然ボケはもはやお約束ですね。

 この時期になって受験勉強を始めても遅いだろとか、英語だけ点数底上げしても合格点に足りるのかといった突っ込みどころはいっぱいあるのですが、多分ナオもすみも、そして里奈も、英語だけがダメダメだったのでしょう。

 後半Bパートは、萌杉大学(←なんて名前だ…)に合格して大学生となったいんくたちのその後のお話。受験から開放されてだらけた大学生活を送っている里奈と、それを見守る麗美。すみは相変わらず英語が苦手でした。

 商店街にすっかりなじんだあーくんは、相変わらず本編とは無関係なストーリーを親父と進めていますね。というか、「もえたん」のストーリー的に受験に成功したらあーくんは用無しのはず。いんくだってパステルいんくに変身できなくなったのに居残り続けているあたり、すでにストーリーとは無関係な存在になっております。

 ナオくんの妹の手塚澪ちゃんは、だーくんことダンディを相棒としてマジカルみおに変身。自分を襲ってくるどじっ子系魔法少女マジカルしずくと戦っている……らしい。というか、ダンディ。魔法王国の王様のくせに、なんぜ小動物になって魔法少女のマスコットキャラになっているんだ?

 そんな考えなしなサイドストーリーが素敵です。

 そして結局ナオくんは、パステルいんくが虹原いんくであることに最後まで気づきませんでしたね。途中気づきかけるシーンはあったので、そのとき気づいたとして敢えて気づかないふりをしているという解釈も可能ですが──そこまで深い意味はないでしょう。

 それでは、3ヶ月間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月19日 (水)

らき☆すた 第24話[最終回] 「未定」 (9/17)

 パトリシアの発案で、文化祭のオープニングセレモニーにてチアリーディングをやることになったこなたたち12人。まずクラスメートのゆたか、みなみ、ひよりが巻き込まれ、ゆたかからこなたへ。パティのチケットに買収されたこなたがつかさ、かがみ、みゆきを誘い込んで、さらにかがみからみさおとあやのが参加する。曲目はもちろん「もってけセーラー服」! ショートバージョンとはいえ、本当に一曲とおしてやるとは思わなかった。

 今回のお話は、それまでとは違って「文化祭を作り上げている」という本筋で一本話が通っています。それまでの23話は30分とおして1つのテーマを中心に話を組み立てていくというつくりではなく、寄木細工のように日常のいろいろなテーマをかき集めたという印象が強く、それが「らき☆すた」というアニメの特徴となっていました。まあ原作が萌え4コマだから仕方ない部分があるんですけど、同じ萌え4コマでも「あずまんが大王」では1つの話を4~5分に限定してそれを5本集めて30分という構成にしてあったからそれなりにまとまっていた。しかし「らき☆すた」では30分を通して1話であるにも関わらず、1話を通しての筋というものがないがゆえに話が発散してしまうことが逆に特徴になっていました(したがって、「らき☆すた」の感想は非常に書きにくい)

 しかし、今回は最初から最後まで文化祭の準備で一本話が通っています。したがって話が発散することもなく安心してみていることができましたが、それが逆にアニメ版「らき☆すた」らしくない違和感をうけました。この違和感はなんだろうなと思っていたら、EDをみて納得。今回の脚本は美水かがみ先生が書いていらしたのですか。アニメ版のためのオリジナルシナリオだったからこそ、ギャグのテンポや構成はいつもと大差ないのに違和感を感じていたのですね。

 「もってけセーラー服」の振り付けの難しさに対して、難しいところはランクを落とせば大丈夫というのには笑いました。これは本番のチアリーディングの作画でも難しいところはランクを落として書くという予告か? と思ったら、通し練習でのボンボンの作画が適度に省略されてて笑いました。

 文化祭に招待された小神あきらと、文化祭実行委員長の白石みのる。せっかく本編に登場したのに巻末コーナーの「らっきー☆ちゃんねる」での仲違いを引きずってましたねえ。いやあ、仲がおよろしいことで。

 それでは、半年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月18日 (火)

もえたん 第11話 「負けるな受験生!」 (9/17)

 変身してもスタイルや性格は変わらないのに、周囲の人間は正体に気づかないというのは90年代以降の魔法少女もの(変身美少女ものを含む)のお約束なのですが、まさかそれをこう逆手にもってくるとは思わなかった。

 前回で魔法王国のゴタゴタは解決して、いんくとすみは魔法少女のお役御免。しかしいんくは魔法少女パステルいんくとして、ナオくんの家庭教師ができなくなってしまった。そんないんくを見かねたすみが提示した手段は……コスプレ!?。自分で自分の変身姿のコスプレをするところも奇抜なら、それを見ても正体に気づかないナオくんもまた予想の斜め上をいっていますね。妹の澪が一目でいんくやすみの変装を見破れるぐらいバレバレの変装なのに……

 いや、今回はこれがすっごく面白かったです。おかげで他のシーンの印象がぶっ飛んでしまったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月15日 (土)

ながされて藍蘭島 第24話 「流れついて、瓶詰」 (9/12)

 藍蘭島に流れ着いた瓶詰は、行人の妹、美咲からのものだった。行人のボトルメールに対する返答だったのだが、その返事は、行人を追いかけて美咲まで遭難したというものだった。

 というわけで、行人は妹を助けに行くために島から脱出しようとするのだが……やはりこの島は異次元にあるとしか思えない。凧を揚げても、ハングライダーを作っても、巨大パチンコを作っても、島からの脱出は不可能。たかたかが言うには、海と同じく空中にも竜巻が渦巻いていて、鳥ですら外に出られない環境らしい。道理であんな独特の生態系が出来上がるはずだ。

 しかし、行人が美咲を助けに行くということは、島を出て行くということ。すなわち、すずたちとはもう二度と会えないということ。緯度と経度さえ分かれば外界の文明レベルならいつでも会いにこれると思うのだけど、そういうわけにもいかないのかもしれない。異次元にあるのでは仕方ありませんが<くどい。

 おばばの言により、唯一この島から脱出する方法があるという。島に伝わる童謡では、100年に一度の大津波がこの島にやってくるのだそうだ。って、この島には130年前以前には人はいなかったのでは? と疑問に思ったけど、人間並みの知能と言語能力をもった動物たちがいるんだから、彼らの間に伝わっていたものでしょう。

 その大津波に乗って島を脱出するために、龍神さまの加護を受けるため龍神島に向かう行人たち。しかしすず以外の女性陣は行人を島外に行かせまいとして……本当はすずも行人を島外に行かせたくない。しかし行人の気持ちを汲んで、協力しているわけですね。けなげなヒロインです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

らき☆すた 第23話 「微妙なライン」 (9/10)

 こなたのパソコンを借りて文章を打つかがみ。こなたのマシンのIME変換は
 「最近少し婦長だったのですが、」「マニア移送なので、」「もっと女装をつけて、」「かつ勢いだけじゃなく委員会のふいんき(←なぜか変換できない)も大切にしつつ、」「課題の無いようをkwsk詰めて逝きたいと」
 ここで重要なのは、かがみは確かに「ふんいき」と打っているにも関わらず、こなたマシンの変換では「ふいんき(←なぜか変換できない)」にIME変換されてしまっている事。つまりこなたはわざわざこの変換を登録していることになる。実にこなたらしい変換だ。

 風邪でゆたかとこなたがダウン。元から体が弱いゆたかはともかく、本来元気いっぱいのこなたはこれ幸いと学校休んでゲームをやりこむ。ゆたかの見舞いにみなみとパティ、ひよりがやってくるが、ゆい姉さんはみなみにばかりお話する。しかも日を改めてきたときの話題も同じことで、つまりゆい姉さんは、パティやひよりのことを覚えてないどころか、彼女たちが一度お見舞いにやってきたことすら忘れていたということですね。

 こなた、ひより、パティのオタクトリオ。一般人のゆたか、みなみ、ゆいの視線が痛い。ひよりが同人サークルをやっていて、しかもこなたがその同人誌を購入しているとか。そのマンガを見たいと言い出したゆたかとそれに応えるこなたに、ひよりが叫ぶ。せめて一般向けにしてと。その気持ちはよく分かるが、こういう身近な人物(ゆたか×みなみ)をモデルにした場合、ばれた時のリスクも考える必要がある。今回はゆたかの天然の鈍感さに救われた形ですね。

 一方パトリシアは、日本文化の真髄をこなたから教わる。もちろんこなたのことだから、教えるのはアニメやマンガなどの日本のオタクカルチャーのみ。そしてパトリシアの方も教わるのはオタクカルチャーのみ。知ってるアーティストはアニソン歌ってる人たちばかりだし、屋敷にはメイドを雇いたいという。家政婦と言い換えたかがみに、日本の文化と言うものが分かってないと文句を言うが……それきっと違うぞ。

 キシリトールガムが虫歯に良いとテレビでやってるのを見て、実際にやってみるみゆき。ガムを噛んでいるうちに歯の詰め物が取れてしまい、苦手な歯医者に行く羽目に……。歯医者に診てもらったら、詰めなおすだけでよいと言われたが、それとは別に虫歯になりかけの歯があるからその治療を始めるということで、踏んだりけったりでしたね。

 みゆきさんが母親のゆかりに、みなみ本人がいるところで「クールでかっこいい」と評判になっていることを話し出す。しかしゆかりさんは、みなみ本人のことを良く知っているだけに、その評判を聞けば聞くほど笑いをこらえるのが大変になってしまう。うーん、やはり人間、見た目にだまだれてはいけませんな。

 あと、ななこ先生がBLOGやっているとは思わなかった。しかし入力後、更新をかけたらページを表示できず、しかもバックボタンで元に戻ったら有効期限切れでデータは消去。インターネットに長文を書き込むときは、まずテキストエデッタに記入するという基本を忘れてはいけませんね。

 最後に、「らっきー☆ちゃんねる」のコーナーにゴットゥーザ様降臨。小神あきらと白石みのるを強引に仲裁する。いやー、レディースの特攻服が良く似合ってましたねえ。って、後藤邑子さんはこのためだけにCVに呼ばれたのですか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もえたん 第10話 「禁断の時」 (9/10)

 ありすの危機をなーくんがあーくんかーくんに伝え、ありすを助けるためにいんくとすみが魔法世界に突入。夢の世界に囚われたいんくとすみを探してあーくんかーくんなーくんが探し回り、ありすを捕らえた黒ありすと対峙。いんくとすみを夢の世界から開放して、ありすを助けるためにあーくんが突撃。最後には巨大化した黒ありすとアヒルのあーくんが対決。こんな忙しい展開をわずか30分……CMを抜けば24分で終わらせてしまった。しかしそれでも内容過多とはとても言えないのは、この作品があくまで確信犯的に魔法少女もののお約束を踏まえてやっているからでしょうね。

 たとえば冒頭、いんくとすみがありすを助けることを誓うしーんですが、はっきり言って直接の面識がない二人がありすを助ける理由なんてこれっぽちもないんですよね。ところがいんくとすみは、あーくんたちのノリと突っ込みだけの説得でありすを助けようと誓う。これは例え今までライバルであっても、そのピンチには助け合うのが魔法少女もののお約束だからなのです。そういうわけだから、いんくたちがありすを助ける決心をつけるまでの時間は、短ければ短いほどよい。もともとありすとは交友関係が無かったわけだから、その正体やら助けるまでの決心にシリアスに時間をかける必要は無い。それよりも、テンポよくノリとその場の勢いだけで決めてしまった方が、お約束ギャグとして十分成り立っている。

 また、ありすとアークスの間にある闇が生まれた理由というのがここまでふざけた理由になってしまっているのも、ギャグとしてその場のノリを重視した結果でしょう。つまり、アークスが貧乳萌えのロリコンであることも、ありすが実年齢よりも幼い魔法少女の姿に化けて人間界にやってきたのも、実は全て1つの線にまとまった伏線だったというわけだ。な、なんだってー! しかしそんな理由で危機に陥る魔法王国というのも情けない。

 一番おどろいたのは、ダンディが魔法の国の王様だったという話。そんな伏線どこにもなかったんだが、ここまで話の展開を畳み掛けられると、ノリを重視したギャグとしか思えない。魔法の国の国王陛下って、きっと相当暇なんだろうなあ。その国王陛下、いんくとすみに魔力尽きるまで魔法少女として戦えと命じておきながら、実際に戦うのは魔法で巨大化したあーくん(アヒルバージョン)。ここまで来るともう笑うしかない。

 そして決着。黒アリスを倒したアークスにありすが駆け寄るが、そのアリスは美幼女の姿に戻ったなーくんの姿に萌え萌え。懲りない奴だ。

 そして、魔法王国の危機を防いでお終い……ではなくて、あと何話か受験勉強の話がありました。お約束とも言うべき魔法王国の危機編がこんなに駆け足になったのは、もともと受験勉強が「もえたん」の本筋だからでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

ながされて藍蘭島 第23話 「つれていって、寺子屋」 (9/5)

 すずを寺子屋へ強制連行するお話。

 明治時代初期に外界との交流が途絶えたはずなのに、漢字は新字体(『國語』ではなくて『国語』)、かなは新かなづかい(拗音や促音をあらわす小さな「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」が使われている)、数字はアラビア数字が使われていたりしてます。なぜ!? きっと数字や数学記号は行人が伝えたのでしょう。新字体や新かなづかいは、漂流した本を読むためにちかげが習得していたということで。
 行人も先生を務める寺子屋で、他の先生はちかげとしのぶ。ちかげが国語で、しのぶが習字、行人が算数(というより中学レベルの数学だね、あれは)を受け持っていました。他にも生け花とか算盤とかやっているから、お稽古ごとの塾も兼ねているのでしょう。

 で、すずはこのお勉強が嫌い、ということですが……無理もない。藍蘭島では、勉強を身につけてもそれを生かせる場が限られていますからね。島の住民の総数はどうみても百人はいないだろうし、外界との交流もない。島の経済は物々交換が基本。つまり算数を使う機会がない。国語だって、本とか新聞とか文字の娯楽が少ないですからね。苦労して身につけても、高度な知識や学問を生かせる場が少ないのです。むしろ、子供であっても肉体的労働力の方が重んじられる環境ですね。その中にあって、この島の子供たちの学習意欲の方がすばらしいぐらいだ。日本は江戸時代においても識字率が世界最高水準だったというし、江戸時代は和算が発達していたから日本には学問を重視する伝統が確かにあります。それに海外留学で遭難したアイランド号の生き残りであるだけに、学問の重要さが伝わっているのでしょう。

 そして行人の説得により、すずも勉強嫌いを克服して寺子屋に通うようになったが、ずっとサボってきたツケは大きくて低学年に編入。この島には11歳のゆきのより年下はいないはずだから、事実上すずが最低学年ということになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

もえたん 第9話 「風・・・流れる」 (9/3)

 風邪をひいたいんくをすみが見舞う。
 いんくとすみは仲の良い幼馴染で、今は喧嘩(というか一方的にすみが嫌ってるだけ)しててもやはり本当は仲が悪くないということが分かりました。というか、すみのいんくに対するツンデレぶりには参りました。もう少し素直になったらとは思うのですが、なかなか素直になれないのはデフォでしょうか。

 というより、今回はありすが謎の魔法少女ブラックアリス(仮名)に洗脳されてしまったという事件のほうが印象深かったです。魔法少女アリスの正体が80年代風アイドル歌手白鳥ありすですが、その裏にさらに正体が隠されている(おそらくは魔法の国のお姫様)……と確信していただけに、ありすを洗脳するブラックアリス(仮名)の登場は意外でした。
 あーくんとかーくんのところへ、なーくんが助けを求めにくる。魔法王国の崩壊、時が狂いだす、アリス様を助けて……いきなりな展開にどうなるか?

 さて、次回は──いんくに風邪をうつされたすみはお休み。いんくは一人で魔法少女パステルインクとなって魔法世界へ旅立つ──というお話になればいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 (9/3)

 いつものギャグチックなシーンから、突然シリアスな展開にもっていくのは反則だよ、と文句を言いたくなる「らき☆すた」22話。

 こなたの父親そうじろうと母親かなたは幼馴染。幼馴染が恋人関係に移行するのは難しいと言われますが、そうじろうがかなたを口説いた決め台詞は、「君が振り向いてくれないから、俺はこんなギャルゲー好きな男になったんだ」──開き直るのもいい加減にしなさい。そんなかなたが娘のこなたに望んだ希望は、「背は私に似ず、性格はそう君に似ませんように」──見事に両方引き継いだな。
 お盆でもないのに家に帰ってきたかなたの霊。もちろんこなたやそうじろうには見えないが、そんなかなたの前でこなたが聞く。「どうしてお母さんはお父さんを選んだの」──それに対するそうじろうの答えは、「俺が、世界中で一番かなたを愛してる」
 そんな言葉が照れながらも出てくるのは、そういちろうなりの精一杯の気持ちだったのでしょう。そんなそういちろうの気持ちを知っていたからこそ、かなたもそういちろうを選んだということですね。もっともその後で、デジタルカメラの家族写真に一緒に写ったら心霊写真と間違われて(いや、間違ってないけど)大騒ぎになったのは「らき☆すた」らしいですが。

 以下は雑談。

 こなたがかがみに言っていたライトノベルのアニメ化で、3回アニメ化したライトノベルの4回目のアニメ化はいつ? という疑問。ラノベで3回アニメ化して以来しばらくアニメ化されていない作品といえば、「スレイヤーズ」のことではないでしょうか。

 みゆきさんが成長しているのは、毎日11時に就寝していて寝る子は育つから? でもゆたかは育たないとこなたが言ったら、ゆたかはみなみに文句をたれる。で、それに感化されたみなみが9時就寝。人のつながりって本当に怖いね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »