« もえたん 第11話 「負けるな受験生!」 (9/17) | トップページ | もえたん 第12話[最終回] 「スキップ!」 (9/24) »

2007年9月19日 (水)

らき☆すた 第24話[最終回] 「未定」 (9/17)

 パトリシアの発案で、文化祭のオープニングセレモニーにてチアリーディングをやることになったこなたたち12人。まずクラスメートのゆたか、みなみ、ひよりが巻き込まれ、ゆたかからこなたへ。パティのチケットに買収されたこなたがつかさ、かがみ、みゆきを誘い込んで、さらにかがみからみさおとあやのが参加する。曲目はもちろん「もってけセーラー服」! ショートバージョンとはいえ、本当に一曲とおしてやるとは思わなかった。

 今回のお話は、それまでとは違って「文化祭を作り上げている」という本筋で一本話が通っています。それまでの23話は30分とおして1つのテーマを中心に話を組み立てていくというつくりではなく、寄木細工のように日常のいろいろなテーマをかき集めたという印象が強く、それが「らき☆すた」というアニメの特徴となっていました。まあ原作が萌え4コマだから仕方ない部分があるんですけど、同じ萌え4コマでも「あずまんが大王」では1つの話を4~5分に限定してそれを5本集めて30分という構成にしてあったからそれなりにまとまっていた。しかし「らき☆すた」では30分を通して1話であるにも関わらず、1話を通しての筋というものがないがゆえに話が発散してしまうことが逆に特徴になっていました(したがって、「らき☆すた」の感想は非常に書きにくい)

 しかし、今回は最初から最後まで文化祭の準備で一本話が通っています。したがって話が発散することもなく安心してみていることができましたが、それが逆にアニメ版「らき☆すた」らしくない違和感をうけました。この違和感はなんだろうなと思っていたら、EDをみて納得。今回の脚本は美水かがみ先生が書いていらしたのですか。アニメ版のためのオリジナルシナリオだったからこそ、ギャグのテンポや構成はいつもと大差ないのに違和感を感じていたのですね。

 「もってけセーラー服」の振り付けの難しさに対して、難しいところはランクを落とせば大丈夫というのには笑いました。これは本番のチアリーディングの作画でも難しいところはランクを落として書くという予告か? と思ったら、通し練習でのボンボンの作画が適度に省略されてて笑いました。

 文化祭に招待された小神あきらと、文化祭実行委員長の白石みのる。せっかく本編に登場したのに巻末コーナーの「らっきー☆ちゃんねる」での仲違いを引きずってましたねえ。いやあ、仲がおよろしいことで。

 それでは、半年間ありがとうございました。

|

« もえたん 第11話 「負けるな受験生!」 (9/17) | トップページ | もえたん 第12話[最終回] 「スキップ!」 (9/24) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/16496697

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第24話[最終回] 「未定」 (9/17):

» レビュー・評価:らき☆すた/第24話「未定」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 55 / 萌え評価 48 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 7 / お色気評価 5 / 総合評価 23レビュー数 443 件 いよいよ学園祭の季節が近づいてきた。各クラス様々な出し物を用意しているらしい。「泉こなた」たちのクラスも準備に勤しむことに。そんな中、パティが「思い出作り」としてある企画を先生に持ちかけていた。... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 00時20分

« もえたん 第11話 「負けるな受験生!」 (9/17) | トップページ | もえたん 第12話[最終回] 「スキップ!」 (9/24) »