« らき☆すた 第21話 「パンドラの箱」 (8/27) | トップページ | らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 (9/3) »

2007年8月30日 (木)

ながされて藍蘭島 第22話 「見つけたくって、青い鳥」 (8/29)

 青い鳥に出会ったゆきのが、すずを誘って青い鳥を探すお話。

 朝稽古で行人がいつか島を出たら決着をつけたい相手がいるという話を聞いて、なんとなく落ち込むすず。本来島の外の住人である行人がそう思うのは理屈では分かっていても、寂しさを感じずにはいられない。そしてその落ち込む理由を、すず自身が自覚していないように見受けられました。

 そんな中で持ち上がった青い鳥騒動、すずはゆきのに連れられて青い鳥を探しに出かけます。130年前に交流が断絶した愛蘭島に青い鳥の童話がなぜ伝わっているのか疑問なのですが、きっとちかげあたりが流れ着いた本を収集していたのでしょう。そんな中、ゆきのがくすんだ青っぽい鳥を見つけて追い掛け回すも、足元が不注意で穴に落ちてしまう。

 一方の行人、妖怪の類は目の前にいても信じないが、UMA(未確認動物)はオカルトでないから信じるという判断基準は確かに分かりにくい。間薪拾いの仕事をしていたが、すずのいない違和感を感じていました。帰りの遅いすずを心配して、探しに出かけるが……
 匂いを手がかりにすずたちの後を追うも、雨に祟られて匂いが流されてしまう。居ても立ってもいられない行人の目の前に現れたのは青い鳥、幸運を呼ぶという迷信は信じなくても、今は青い鳥を信じて追いかけ、ついにはすずたちの落ちた穴を発見する。

 帰り道、足をくじいたすずを叱って、背負う行人。すずは独りぼっちになってから自分を叱ってくれる人が居なかったからと泣き、行人はそんなすずに家族だからと答えます。ここで、冒頭の伏線回収。行人にとっては一緒に暮らしているという意味で「家族」と言ったのでしょうが、すずにとっては行人がくるまでずっと居なかった大切な「家族」だったのでしょう。本来の童話の「青い鳥」は、幸せをもたらす青い鳥は家の鳥かごの中にあったというオチでしたが、すずの幸せは一番身近に居る行人だったということなのでしょうね。

|

« らき☆すた 第21話 「パンドラの箱」 (8/27) | トップページ | らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 (9/3) »

ながされて藍蘭島」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/16290118

この記事へのトラックバック一覧です: ながされて藍蘭島 第22話 「見つけたくって、青い鳥」 (8/29):

« らき☆すた 第21話 「パンドラの箱」 (8/27) | トップページ | らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 (9/3) »