« もえたん 第5話 「小さな思い出」 (8/6) | トップページ | ながされて藍蘭島 第19話 「謎めいて、探偵(前編)」 (8/8) »

2007年8月 8日 (水)

らき☆すた 第18話 「十人十色」 (08/06)

 かがみたちにウェハースチョコを振舞うこなた。理由は食玩集めの余りだったそうで。

 つかさの天然ぶりを話題にするこなたとみゆきだけど、みゆきもかなりの天然もの。視力回復法の1つである「顔を止めて視線だけを動かす」で意識せずに顔も動かしてしまうみゆき。こなたが指摘するとパニックに。そういうのってよくあるよね。

 かがみがこなたに勧めたラノベは榊一郎作「君の居た昨日、僕の見る明日」ですね。挿絵は狐印さん……ってだれ? ちなみにネットで調べたところ、こんな人だと判明。なるほど…
 かがみってば、自分が気に入ってるものを勧める時は相手のことを慮ることが出来なくなるんですね。

 携帯電話を気に入って使いすぎてしまうつかさと、携帯使用率0、持ってるだけ(基本料金のみ)のこなたの対照ぶりが面白いですね。自分の興味あること以外にはダメなこなたの態度には共感を覚えます。

 無口でクールな印象のあるみなみちゃんですが、彼女は実は優しい。ゆたか相手にドッチボールを投げられないというところが可愛らしい。クールな外見と普通の女の子という内面のギャップが彼女の魅力ですね。まるで「あずまんが」の榊さんだ。彼女は胸ぺったんこではなかったけど。

 ゆたかのクラスメートのひよりちゃんとパトリシアですが、二人とも重度のオタクであることが判明。パトリシアは日本三大聖地を「秋葉原・日本橋・大須」、東京名所を「中野・吉祥寺」としている。ちなみに中野とは中野ブロードウェイのことで、吉祥寺は日本一アニメータの多い場所だったはず。ひよりちゃんはゆたかとみなみの関係を見て、妄想をたくましくする腐女子でした。乙女ロードを知っているあたり、BL系にも詳しいのでしょう。
 ちなみに「乙女ロード」の名前を聞いて、お花にお城、王子様といったメルヘンチックなイメージを連想するゆたかは、いつまでも純真なままの彼女でいて欲しいと願って止みません。まあ、こなたと一緒に住んでいる時点で純真なままではいられないのは分かってますが。

 そしてかがみのクラスメートのみさおちゃん。カーペットのある部屋で落としたカステラには3秒ルールは効くが、教室で床に落としたミートボールには3秒ルールは効かない、ですか。良く分かりますね。

|

« もえたん 第5話 「小さな思い出」 (8/6) | トップページ | ながされて藍蘭島 第19話 「謎めいて、探偵(前編)」 (8/8) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/16043813

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第18話 「十人十色」 (08/06):

« もえたん 第5話 「小さな思い出」 (8/6) | トップページ | ながされて藍蘭島 第19話 「謎めいて、探偵(前編)」 (8/8) »