« ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) | トップページ | もえたん[新番組] 第1話 「マジカルティーチャー」 (7/9) »

2007年7月11日 (水)

らき☆すた 第14話 「ひとつ屋根の下」 (7/9)

 三学期にやって、こなたの従妹の小早川ゆたか登場の巻。こなたたちが来年受験生と言っているわけですから、一つ年下ということになりますね。あ、でもこの来年が『来年度』の意味なら、二つ年下になりますが。

 身体の弱いゆたかちゃんが、高校に通学のために泉家に居候することになる。その際の父親の感想「俺の人生、勝ち組」って、あまりにも正直すぎ!

 ゆたかちゃんが受験で知り合ったハンカチ女子とは、岩崎みなみのことでした。彼女は無口で背が高く、おまけに無表情というクールキャラで、「あずまんが大王」でいうところの榊さんみたいな役柄でしょうか? すると背が低くおまけに妹属性全開なゆたかはちよちゃんか!? もっとも、成績が悪いらしいところは違いますが。

 ゆたかに中学と高校の違いを聞かれて、「高校になると居眠りが多くなる」と答えるこなた。それに同意するつかさ。こんな二人をみならっちゃあダメだよと答えるつかさ。うーん、良く分かる。

 最後に、従姉のお姉さんということで、ゆたかにきらきらと尊敬のまなざしで見られるこなた。妹からのプレッシャーが大変で、姉としての気持ちが良く分かると泣きながらつかさに愚痴を言う。しかしそこで、ゆい姉さんのだらしない日常生活を思い出して、人によりけりだと。結論だけしか言わないこなたに、分かるように言えと文句を言うつかさの台詞がおかしかったです。

|

« ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) | トップページ | もえたん[新番組] 第1話 「マジカルティーチャー」 (7/9) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/15720806

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第14話 「ひとつ屋根の下」 (7/9):

« ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) | トップページ | もえたん[新番組] 第1話 「マジカルティーチャー」 (7/9) »