« ながされて藍蘭島 第13話 「会いたくて、行人」 (6/27) | トップページ | ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) »

2007年7月 3日 (火)

らき☆すた 第13話 「おいしい日」 (6/25)

 前半Aパートは、新学期にお正月を振り返るお話。
 お正月太りをしてしまったかがみ。お餅やら何やらを食べ過ぎてしまったというか。ダイエットの王道は運動とよく言うけど、実は運動では意外とカロリーは消費しない。それなのにやたら効果があったように錯覚してついついカロリーを気にせず食べてしまうので、相当カロリーコントロールをしないとダイエットは成功しないですね。そしてこなたの家では生パスタにフライドチキンをおせち料理にしているらしい。こちらもカロリーは高そうだ。
 百人一首がカードバトルになったらというこなたの想像シーンはどうみても遊戯王デュエルモンスターズ。どんな勝負になるんだろう。成人式で振袖を着るこなたの想像図を見て、七五三というかがみんも、結構ツッコミがきついですね。

 後半Bパートは、コタツの話。コタツで温まっている所で寒い所に出たくなくなるとか、電気の入っていないコタツは余計寒く感じるとか、そういう良くある話をしている……かと思えば、バスの座席の下から伝わってくるエンジンの暖気にぬくぬくしてしまってバスから降りられなくなるこなたとつかさ。良く分かります。

 そして話が飛んでバレンタイン。こなたがバレンタインにチョコをあげる相手はネトゲ仲間。しかもプレゼントするチョコはネトゲアイテムだと言うオチでした。さらに話を続けて、こなたはネトゲ世界で男性キャラで結婚していて、その結婚相手の女性キャラは中身男性だから問題なしとか。こういう話にオチが付いてもさらに話を展開してオチを追加するというのが「らき☆すた」のまた~りとしたテンポを生み出しているのでしょうか。
 仲間内でバレンタインチョコのプレゼントをするこなたたち。つかさはハート型の凝ったデザインのチョコレート。男の子に義理チョコをあげないようにとこなたが注意したくなるのも分かる気がする。かがみがついでに作ってきた義理チョコをみて、好きなんだけど素直になれなくてつっけんどんな態度で義理を強調しながら男子にチョコを渡すかがみを想像するこなたもたくましすぎですね。

 そしてまたもアニメ店長登場の巻。伝説の少女Aに商品を買わせようとする兄沢命斗たちですが、これって押し売りと変わらないのでは? というか、あまりアニメ店長が出張ってくるとかえってうっとうしくなるような気がするのですが。

 最後に、サブタイトルの「おいしい日」とは、お正月とバレンタインのことを表していたのですね。

|

« ながされて藍蘭島 第13話 「会いたくて、行人」 (6/27) | トップページ | ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/15642033

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第13話 「おいしい日」 (6/25):

« ながされて藍蘭島 第13話 「会いたくて、行人」 (6/27) | トップページ | ながされて藍蘭島 第14話 「はずかしくて、着ぐるみ」 (7/4) »