« もえたん 第4話 「時の中のアイドル」 (7/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第18話 「手合わせして、忍者」 (8/1) »

2007年7月31日 (火)

らき☆すた 第17話 「お天道様のもと」 (07/30)

 受験生だというのに試験期間中だろうがなんだろうがマイペースなこなた。妹分のゆたかが気を使って電話を小さな声で話しているのにも関わらず、ゲームやろうと表れる。大物ですな彼女は。
 あと、例えラノベであっても文字だけの本は読めないことが判明。ラノベは今の萌えオタク業界では決して外せないジャンルなのに。「涼宮ハルヒ」だってラノベが原作なのに。まあ、こなたの場合はアニメで見てはまったとい「キャうクチでしょう。

 だが今回の話の主役はかがみ。受験ストレスで何をやっても上手くいかない。飲みたいものは冷蔵庫に無く、近所の店は閉店。遠くのコンビニまで出かければ財布を忘れる。何をやっても上手くいかないと嘆くかがみの前につかさがクッキーとかお菓子を焼いて世話してくれますが、今度はストレスが体重に着ました。いや、女の子は辛い。

 四姉妹を羨ましがれるかがみは、一人っ子の方が羨ましいと返す。まつりお姉さんのいいかげんぶりに振り回されている様子がありありと見えますな。そのまつり姉さんと些細なことで喧嘩を始めてしまう。かがみの生真面目な性格とまつりのいい加減な性格から考えると、二人の相性はあまり良くないはず。それでも、まつりだって家族のことを、かがみのことを考えてのことだと理解すると、かがみもまつりのことをみとめるようになります。ときどきこういうしんみりとした話が入ってくるので、「らき☆すた」は侮れません。

 ところでこなた。「キャッツ・アイ」だなんてどうしてそんな結構古い作品を知ってるんだ!?

|

« もえたん 第4話 「時の中のアイドル」 (7/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第18話 「手合わせして、忍者」 (8/1) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/15964828

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第17話 「お天道様のもと」 (07/30):

« もえたん 第4話 「時の中のアイドル」 (7/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第18話 「手合わせして、忍者」 (8/1) »