« ながされて藍蘭島 第9話 「魅せたくて、跡取り」 (5/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第10話 「雨だって、友だち!」 (6/6) »

2007年6月 5日 (火)

らき☆すた 第9話 「そんな感覚」 (6/4)

 読書の秋でマンガを読みまくるこなた。図書館にマンガがないならマンガ喫茶行けば良いじゃんと考えるのはダメかな? でもマンガ喫茶って1時間300円から400円するから、流し読みできないマンガだと購入した方が却って安く付いたりするんだよね。古本屋で購入してじっくり読んだあとに別の古本屋に売るという大きな声では言えない裏技もあるわけだし。

 試験勉強のストレスでネトゲーやり始めたりするこなた。ネトゲ仲間のななこ先生と接触して説教を喰らう。あっちが先生モードで説教を垂れるなら、こちらもネトゲチャットで勉強の質問を返せばいいのですよ。きっとゲーム中にまで先生やらされれば向こうも気が削がれるから。

 試験勉強に行き詰ったこなたはみゆきに勉強のコツを尋ねるが……。これは当たり前の話ですが、勉強が下の子が上の子と同じだけ勉強をしても、成績は上がりません。なぜなら、学生時代の成績は相対評価であり、勉強が上の子も同じだけ勉強をしているのですから。マラソンに例えたなら、後ろで走っているランナーが前のランナーにペースをあわせて走っているだけでは、いつまでたっても追い抜けないということです。本気で成績を上げたいと思ったのなら、成績上位の人たちよりももっと勉強をこなす必要があるわけですよ。こなたには残念な現実なんですが。

 つかさの勉強の面倒をみて成績が落ち込んだかがみ。かがみに勉強を見てもらって成績が上がったつかさ。でもそれでもかがみの方が成績がよかったらしい。近所のおばちゃんに褒められたときも、かがみのついでに褒められたようであまり嬉しくないつかさでした。

 試験勉強の気晴らしでホラー映画を見るこなたとかがみ、成り行きで付き合って気晴らしにならないつかさ。ケーキバイキングで食べ残しかけて無理矢理お腹につめることになるこなたとかがみ、そしてやはり気晴らしにならないつかさ。どうでもいいけどケーキってカロリー高いから太らないかな……

 O型とは思えないほど几帳面なみゆき。A型が嘘と思えるほどマイペースなこなた。かがみとつかさは二人ともB型で、この4人は血液型と性格が見合っていませんね。つかさがAB型だと思ったというこなたの弁は、4人のグループならA/B/O/ABが揃い踏みになるからという程度の意識だったのでしょう。多分。

 ところでこなたの家では、父親が娘にエロゲーを買ってやっているのか。なんて素敵過ぎる父親なんだ。

 みゆきの目薬のお手伝いをするこなたですが、こなたの表情を考えるとみゆきが目を背けたくなる気持ちも分かる気がしますね。

|

« ながされて藍蘭島 第9話 「魅せたくて、跡取り」 (5/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第10話 「雨だって、友だち!」 (6/6) »

らき☆すた」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/15327198

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた 第9話 「そんな感覚」 (6/4):

« ながされて藍蘭島 第9話 「魅せたくて、跡取り」 (5/30) | トップページ | ながされて藍蘭島 第10話 「雨だって、友だち!」 (6/6) »