« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月27日 (金)

ながされて藍蘭島 第4話 「にげてのがれて、お姉様」/「おどろいて、悪霊」 (4/27)

 前半Aパートは、姉まちのおせんべいを食べてしまったあやめが逃げるお話。まちに豆大福に買収されてあやめを探すすずとか、そのすずをさらに豆大福で逆買収するあやめとかがお約束でした。
 逃げるだけじゃダメだとまちの弱点を聞いて回るあやめですが、誰もまともに答えてくれない……。実際には年齢が弱点だと判明したわけですが、18が嫁き遅れって……数えで18だろうから実年齢だと17あたりか。それで年増呼ばわりされるのも可愛そうだ。実際には男がいない島なのだから、何歳だろうと結婚できなかったというのが事実でしょう。あまり気にする必要は無いと思うぞ、まちちゃん。

 後半Bパートは、島の悪霊を封じた地蔵を壊したすずが、悪霊に怖がるお話。本気でお化けを怖がるすずと、お化けなんているわけないと笑い飛ばす行人の関係が、いつもと逆転しているところが面白いですね。いつもは島の巨大怪異生物に振り回される行人と、それになれた島の住人という関係だったものでしたので。
 実際に悪霊はいたわけですが、この目で見たものしか信じない(笑)行人にとっては巨大なシロクマ? 扱いでした。いや、シロクマって結構獰猛なんですがね。行人にとっては可愛いペットのようなものでした。実際、悪霊のようなおどろおどろしい雰囲気はなかったから拍子抜けしたんでしょう。多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

らき☆すた 第2話 「いろいろな人たち」 (4/23)

 冒頭、いきなり衣替えの季節。作中で6月ということは、1話に付き1ヶ月ということでしょうか?

 こなたによる懸賞当選の秘訣。葉書の周りに蛍光ペンで色を塗ったり、イラストを描いたり。1つの懸賞に100枚も応募して、しかも日にちをずらしたりといろいろテクニックを披露しますが、つまるところはというのがこなたらしい。

 かがみとつかさは二卵性双生児。双子ならテレパシーが使えるとか共通点があるとか好き放題なことをこなたが言っているが、オチは卵(双子)とかソーセージ(双生児)とか話していたらおなかが空いたというもの。なんだかんだ言ってもこんなこなたと付き合っているかがみ・つかさは人付き合いがいいかもしれない。

 雨が多い6月なのに結婚式。その由来はギリシャ神話のヘラにまで由来すると聞いて、ヘラってゼウスの奥さんで嫉妬深いとこなたが突っ込む。昔は雨が好きだったこなたは、雨だと野球が中止になってアニメがやるからだという。うん、その気持ちは良く分かる。が、ドーム球場が始まったのは1988年の東京ドームが最初であり、以後1993年の福岡ドーム、1997年のナゴヤドーム、同年の大阪ドーム、1999年の西部ドーム(西武球場がドーム化)、2001年の札幌ドームと続いたため、作中時間が2007年だとするとこなたの雨嫌いは少なくとも6年以上前からということになる。となるとこなたは、10歳の小学生時代には既にアニメオタクだった?

 アニメや漫画の設定で、生成優秀な優等生とド不良が同じ学校にいるのはおかしいと突っ込むこなた。ここに例えで出てきたイメージ映像が「魁!クロマティ高校」だったのには笑った。声が立木文彦だったのもツボ。さらには女子高生と同じぐらいの外見のロリ系教師の話まででてきたりして。なかなか妄想たくましい。

 あと、つかさとみゆきの結婚のお話にさりげにオタク知識を割り込ませるこなたのマイペースぶりもおかしいが、そのゲームネタに突っ込めるつかさも結構ゲームオタクであると判明。格闘ゲームなどの反射神経を競うゲームではこなたに敵わないが、知識を競うゲームならと持ち出したクイズゲームでもあっさりつかさに勝ってしまうこなた。好きなことに対する集中力が凄そうです。

 いろいろ知ってて博学で、美人でスタイルもよくて、メガネ属性で歯医者嫌いでどじっ子で天然ボケなみゆきにもなぜ男の噂がないか。こなたがいうにはみゆきはマニア受けな属性なのだそうだ。喫茶店のスィッチを思わず消してしまうみゆきにグッジョブと親指を立てるこなた。かがみとつかさもやったことあるらしいが、こなただけはないというのがなかなかよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

ながされて藍蘭島 第3話 「役立って、居候」 (4/20)

 一緒に暮らすことになってお世話になっているすずのために、行人が何か役立とうとする。が、都会っ子の行人に現代文明の利器がほとんどないこの島での生活とのギャップが大きすぎ……

 って、これは都会っ子とかどうとかのレベルじゃない。井戸からの水汲み──島での生活だから海水で塩っ辛くなってないか心配だが──や川での洗濯はまだまともだが、畑仕事で取れる作物は巨大化しているし、松茸採りでは松茸モドキという松茸そっくりの食肉植物を避けなければならない。この島ではとくに植物や動物では外の世界の常識は通用しないみたいです。きっと異次元にある島だからだろう。そのわりには白いお米が食べられたりするわけだから、稲、それも日本米の収穫もできているようです。

 全然役立たず落ち込む行人に、一緒に暮らしているだけで役に立っているとすずが励ます。彼女はあの屋敷に独りで住んでいたため、家族が出来たみたいで嬉しいとのようです。

 どうでもいいことですが、すずの衣装が上半身が和服風なのに下半身がミニスカートになっていることに気付いてしまった。130年前に世界から隔絶された割には、随分現代らしい衣装センスではありますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

らき☆すた 第2話 「努力と結果」 (4/16)

 一つ一つのネタは大したことはないんだけど、細かいギャグを繋げることで独特のテンポが生じており、結局涙が出るぐらい笑わせてもらいました。

 冒頭はゴールデンウィークで、柊姉妹の話。一緒に遊んでいたはずの双子姉妹のはずなのに、かがみはほとんど終わらせている宿題をつかさはまだほとんど片付けていないところから。毎日9時に寝て昼の12時に起きるという15時間睡眠の生活習慣に、計画だけ立てて実行はしない宿題計画。泉こなたはGWのほとんどをゲームをして過ごしたらしい。なんというか身につまされるような生活習慣だ。

 休み明けのテストのために、置き勉していた教科書を全部持って帰るこなた。あれだけの教科書を一夜漬けしてかがみとほとんど同じ点数を取ってしまうというところに非凡な才能を感じる。問題はこなたが自分の才能を全然役に立たない方面に浪費しているということだけで。

 歯医者が苦手で虫歯が酷くなるまで歯医者にいかないというつばさとみゆき。そこにこなたが表れて、ドリルと美人な受付嬢で歯医者は男の子向けだという話になる(<なんでやねん)。そこからさらに妄想が飛んで、女の子向けの歯医者さんの話になる。なかなか良い方向に飛んだ妄想が楽しかったですね。現実には何の解決にもなっていないけど。

 ドラマCD版とアニメ版で声優のキャストが違うお話は、読んでて身につまされる。というか、これってメタなネタなのか!? 調べてみたら「らき☆すた」はドラマCD版やゲーム版とアニメ版でキャストが違うそうで。セルフパロディなのでしょうか!?

 コンプ祭りで欲しいアイテムを手に入れるためにバイトしようかと話し出すこなた。彼女が本当にバイトを始めたから、かがみたちはどんなバイトをするか想像する。本屋の店員、コンビニの店員、ファーストフードの店員、ウェイトレス、いろいろ想像するけど、こなたがバイトをこなしている姿が全然想像できない。で、本人に聞いてみたらコスプレ喫茶のウェイトレス……。割れ鍋に綴じ蓋というか、実にぴったりな仕事場でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

ながされて藍蘭島 第2話 「追いかけられて、婿殿」 (4/11)

 島で唯一の男である行人を賭けて、島中の年若い女子が鬼ごっこをするお話。男に飢えた女の集団に追いかけられるのって、行人でなくてもトラウマになりそう。行人も何をやっても許される立場にあるんだけど、本人が女をモノのように扱うような鬼畜でDQNな性格ならまだ救われたんだろうけど、なまじっか中途半端にモラルのある性格をしているだけにこういう入れ食いな状況におかれるとかえって手が出せないんでしょうね。

 で、行人をめぐって村中の女が追い掛け回すというトラウマもののイベントが発生。こういう頭の悪いドタバタが結構面白く、なかなかテンポ良く見られました。東の森の食肉植物や、なぜか藍蘭島に棲む島のヌシのパンダとかが何の説明もなく出てくるところも( ̄▽ ̄)b  ちなみにいくら可愛くても、野生のパンダはクマなみに危険な動物ですから不用意に近づかないように。

 結局勝者はすずになったけど、そのすずは行人を要らないという。というか結婚は好きなもの同士するものだから行人に好きな人が出来るまで待とうということになりますが、このすずの恋愛感は、男に飢えた女しかいない島の中では行人のそれに近い。つまり行人にとって、心理的に一番近い立場にいるということになります。

 しかし14で結婚は当たり前か……。確かに100年前の結婚観ならそうなるだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

らき☆すた 第1話[新番組] 「つっぱしる女」 (4/9)

 どこにでもいそうでいない女子高生たちのまったりとしたゆる~い生活を描くお話。

 原作は萌え4コマ漫画らしいのですが、私は原作を読んだことがありません。一応チェックだけしといたもののあまり期待はしていなかったのですが、あまりもの面白さにあらためてチェックしなおしました。

 女子高生3人がたわいもない話で盛り上がる。チョココロネの頭はどっちだとか、焼き鳥の最後の一個は結局食べるかとか、どうでもいいような話題がどうしてあんなに面白いのか!? 話の論点がポンポン飛んだり、別の話題をえんえんと話していたのに唐突にもとの話題に戻ったりというまったりとした展開はまさしく今時の女子高生みたいで面白かったです。

 泉こなたちゃんのアニメ・ゲームにどっぷり嵌ったオタクという設定がツボに嵌りました。オタクに嵌りすぎてリアルの友達が少ないというダメっぷりがさらに良い。さらにはネットゲーに嵌っていて、そのお陰で学校でも眠たそうにしているところなんざ、ダメの三乗ではないですか。

 一方みゆきちゃんはまさに完璧超人。シュークリームを食べるときも丁寧に食べたりとか、品行方正を絵に描いたような人物です。ボケをかました友人をえんえんとかばったりとか。おまけにスタイルも良さそうだし。でもコンタクトレンズが苦手で常にメガネという欠点もあり。完璧な中にも欠点が1つというのは適度に隙があってまさしく完璧ではないでしょうか。

 つかさ、かがみの姉妹はいまのところこの2人の引き立て役のように見えました。というかこなたとみゆきの性格が奇天烈でかすんでしまったというのが正しいかも。がんばれかがみ。ボケぞろいのグループではツッコミ役のお前は貴重だぞ。

 というわけで、次回も楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

[デジタル放送] デジタル放送の憂鬱

 この前の金曜日(3月28日)、大家さんがアパートのアンテナをデジタル放送対応にしてくれました。これでうちのアパートもデジタル放送を受信できるようになりました。不動産屋さんを通じて大家さんにいつデジタル対応にしてくれるのかを働きかけた甲斐があったというものです。
 ところが、デジタルに調整した結果アナログ放送にノイズが入るようになった観がしてしまいました。実際、アナログ放送をキャプチャーした動画ファイルを圧縮したところ、いままでほど圧縮できなくなっていました。これはデジタルに調整した結果でしょうがないことなんでしょうかね?
 それでというわけでもありませんが、デジタルチューナー付きのレコーダーを購入しました。機種は東芝の「RD-S600」。購入するだけで10万円はしました。しかしD端子やHDMI端子付きのディスプレイは購入していなかったので、とりあえずということで今までのディスプレイのS端子に接続してみました。
 ……が、地上デジタルをS端子で通してみると、4:3のノーマル放送がなぜか額縁状態になってしまいます。これは東芝の「RD-S600」特有の制限なのか、それとも地上デジタル放送だとどうしてもそうなってしまうのか? どうしてもフル画面状態にならない。BSやCSには契約していないので地上デジタル特有の問題なのかはわかりませんが、これは少々困ったものです。

 というわけで、
 デジタル時代のビデオキャプチャー
 コピーワンスはデジタル放送の夢を見るか
 コピーワンスはなくならない
 の続きです。

続きを読む "[デジタル放送] デジタル放送の憂鬱"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

ながされて藍蘭島[新番組] 第1話 「ながされて、天国!?」 (4/4)

 今期から始まるアニメの感想です。
 少年ガンガンに原作があるらしいですが、私は原作を読んだことがありません。ですので、原作派の人には筋違いな感想になるかもしれません。

 家出中に船から落ちて難破した主人公、東方院行人が、女だらけの島“藍蘭島”に流れ着くというのが基本設定ですが、よくやるなあというのが正直な感想です。外部との交流が断絶した絶海の孤島で、住人は全員が女性。しかも島からの脱出は不可能。ということは、つまりこの島の集落は近い将来子供がいなくなって全滅することが確実なわけです。そこに主人公(男)が流れ着いた。この状況で主人公に期待されるのは子作りなわけで。つまり行人は女の子たちと積極的に付き合っていかなければならず、しかも付き合った結果間違いが起こったとしてもそれに対して責任を取る必要がない。いや、むしろ間違いを起こせと期待される立場にある。ハーレムアニメやマンガにおける根本的な疑問に、なぜ作中のヒロインたちは優柔不断な主人公に惹かれるのかという点があるのですが、その解答の一つに主人公以外にまともな男性キャラが登場しないからというものがあるのですが、それをある意味極限まで徹底した設定ですね、これは。行人くんは島外のモラルに縛られているキャラクターなので、そのギャップがみどろこですよね。

 130年前に難破した日本人が築いた集落にしてはレディとかデートという言葉が日常的に使われていたり、屋敷の建築が非常にしっかりしているのはおかしいかも。登場人物たちの名前が全員ひらがななのは、漢字が残せなかったからかもしれない。というか、地球の周りを偵察衛星が隈なく周回しているこの時代に、集落を築いているほどの大きさの島が未だ発見されていないというのも不思議。きっとこの島は異次元空間にあるか、さもなくば地底空洞の中にあるのでしょう。

 普通島というのはスコールの通り道でもない限り降水量が少ないのですが、藍蘭島は風呂に浸かれるぐらいに水が豊富なようです。きっと島の大きさの割には高い山がそびえているからでしょう。

 次回も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

第4回 2007年春調査

 2007年冬期の終了番組について、評価を書いてみました。
 こうして見ると、50本以上のアニメが放映されていたわけですね。アニメが好きで追っていたにも関わらず、もうまったく終えなくなってしまったように思えます。

01,NANA,x
02,妖逆門,x
03,蒼天の拳,C
04,武装錬金,A
05,Kanon(新),x
06,牙 -KIBA-,x
07,少年陰陽師,x
08,RED GARDEN,x
09,シュヴァリエ,x
10,ネギま!?(2期),A
11,TOKYO TRIBE 2,x
12,ゴーストハント,x
13,天保異聞 妖奇士,x
14,彩雲国物語(1期),x
15,NARUTO -ナルト-,x
16,ひだまりスケッチ,x
17,京四郎と永遠の空,x
18,月面兎兵器ミーナ,A
19,奏光のストレイン,x
20,MAR -メルヘヴン-,x
21,RGBアドベンチャー,x
22,デジモンセイバーズ,x
23,ショートDEアニメ魂,x
24,地獄少女 二籠(2期),x
25,ひまわりっ !!(2期),x
26,Venus Versus Virus,x
27,おとぎ銃士 赤ずきん,x
28,パンプキン・シザーズ,x
29,ぽかぽか森のラスカル,x
30,ヤマトナデシコ七変化,x
31,パッタ ポッタ モン太,x
32,護くんに女神の祝福を!,x
33,しばわんこの和のこころ,x
34,リトルアインシュタイン,x
35,シルクロード少年 ユート,x
36,ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!,x
37,オーバン・スターレーサーズ,x
38,ファイテンション☆デパート,B
39,金色のコルダ -Primo Passo-,x
40,ときめきメモリアル Only Love,x
41,銀河鉄道物語 -永遠への分岐点-,x
42,ふたりはプリキュア Splash Star,x
43,まじめにふまじめ かいけつゾロリ,x
44,すもももももも -地上最強のヨメ-,x
45,Master of Epic The Animation Age,x
46,ハローキティのりんごの森のミステリー,x
47,がくえんゆーとぴあ まなびストレート!,A
48,新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ,x
49,恋する天使アンジェリーク -かがやきの明日-,x
50,おねがいマイメロディ -くるくるシャッフル!-,x
51,スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-,x
52,SHUFFLE! Memories,x
53,神様家族(地上波放送版),x
54,FLAG(バンダイチャンネル),x
55,幕末機関説 いろはにほへと(GyaO),x
56,ProjectBLUE 地球SOS(地上波放送版),x
57,砂沙美☆魔法少女クラブ(地上波放送版),x
58,コードギアス 反逆のルルーシュ(23話まで),x

以下、総評など

続きを読む "第4回 2007年春調査"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »