« ネギま!? 第20話 「大きいと大味だって言うけど、実はそうでもないんだよ」 by 五月 (2/14) | トップページ | がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第七話 「なつのおしまい(ばいばい)」 (02/18) »

2007年2月18日 (日)

月面兎兵器ミーナ 第6話 「露天風呂のソコ」 (2/17)

 宇宙人によるスポーツ選手の洗脳事件の取材のため、骨噛み温泉に取材にきた美奈と柳生。二人っきりの温泉旅行にドキドキしてしまう美奈は……?

 崖中のガードレールもないオフロードを運転する柳生。車一台分の幅しかないところを危なげなく運転できる技量は素晴らしいものです。できるなら一人でやって欲しかった。美奈がドキドキしているのは、生命の危険を恋心と勘違いするいわゆる戦場効果というやつでしょう。

 温泉旅行にきて山海の幸のお料理をがっつく柳生。あれだけ高価な食材をまるでよく味わいもせずにがっつくなんてまるでサイヤ人みたいな食べっぷりです。というか、あれだけ交通の便が不便な箇所にある旅館でよくもあれだけ新鮮な食材が手に入るものだ。

 温泉の底に宇宙人の洗脳基地ありと連絡を受けて現われたのが大月ミーナ。彼女に月城ミーナこと美奈は「本当はやりたくない」ことを訴えます。その月城ミーナの相談に大月ミーナは、「欲しいものは全て手に入れる」と返す。まったく大月ミーナらしい豪放な答えですが、ちょっと待ったあ!? 事件直後に翠怜が現われたこともあり、大月ミーナの正体が翠怜であるという伏線もきちんと貼られているのですが、もし仮にそうだとすると、大月ミーナ=翠怜は月城ミーナ=佃美奈が、柳生のことも好きだということも含めて「好きなものは全て手に入れる」と答えたことになる。冒頭の翠怜の様子も考えて、翠怜は柳生と美奈の関係を心配してやってきたと考えるのが自然ですので、大月ミーナの正体が翠怜であるとすると月城ミーナに「柳生も手に入れろ」とアドバイスするのはちょっと不自然なのです。

 もっとも、大月ミーナと翠怜は別人格であるという考え方もできるわけですが。

|

« ネギま!? 第20話 「大きいと大味だって言うけど、実はそうでもないんだよ」 by 五月 (2/14) | トップページ | がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第七話 「なつのおしまい(ばいばい)」 (02/18) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

月面兎兵器ミーナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/13959619

この記事へのトラックバック一覧です: 月面兎兵器ミーナ 第6話 「露天風呂のソコ」 (2/17):

« ネギま!? 第20話 「大きいと大味だって言うけど、実はそうでもないんだよ」 by 五月 (2/14) | トップページ | がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第七話 「なつのおしまい(ばいばい)」 (02/18) »