« くじびき♥アンバランス 11くじ目 「くらいところでつまずく。0点●」 (12/16) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話[最終回] 「ラストダンスは永遠に」 (12/23) »

2006年12月20日 (水)

ネギま!? 第12話 「まぁ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」 by 夕映 (12/20)

 キスひとつにこだわって逃げてしまった夕映と、秘密を守るために学園中を探し回るチュパ研。そして騒動をかぎつけて集まってくる3-Aのクラスメートたち。

 夕映が仮契約=キスから逃げ出したのは、のどかに遠慮してというのも理由の一つにあげていました。のどかがネギを好きだという話は本シリーズではあまりやりませんでしたが、良く考えるとのどかが最初に仮契約したときに、既に明日菜も仮契約していると知って密かにやきもちを焼いていたというエピソードがありましたね。あれから毎回のように騒動があって仮契約してパートナーが増えてというテンポでやっていたので、のどかのエピソードを差し挟む余裕がなかったのでしょう。いい意味で。

 今回の話は、仮契約を巡って夕映が逃げ回るというだけで話を作ってしまいましたが、相変わらずテンポが速くいろいろとシーンを差し挟んでいるので見ていて飽きません。むしろテンポが速すぎて話が早く終わってしまったような感じすらしますね。いい意味で。

 ゆえ吉を巡って学園中を探し回ったおかげで、クラスメートたちもネギたちのところに集まる。その上で夕映とキスして仮契約するという光景を、クラスメートたちに見られてしまう。さすがに言い訳できない状況のところで、モツとシチミに「チュパカブラ」にされてしまう。しかもその上、クラスメートたちとともに幻想空間に閉じ込められてしまった。原作の「オコジョ」とは違うんですね。いい意味で。

 今回魔法バレのシーンに集まったクラスメートは全部で28名。その場にいなかったのはエヴァンジェリンと茶々丸、さよの3人でした。チュパカブラにされて魔法が使えなくなったネギとクラスメートたちのピンチを、この3人が助けることになるのでしょうか? いい意味で。

|

« くじびき♥アンバランス 11くじ目 「くらいところでつまずく。0点●」 (12/16) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話[最終回] 「ラストダンスは永遠に」 (12/23) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネギま!? 第12話 「まぁ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」 by 夕映 (12/20):

« くじびき♥アンバランス 11くじ目 「くらいところでつまずく。0点●」 (12/16) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第12話[最終回] 「ラストダンスは永遠に」 (12/23) »