« ツバサ・クロニクル 第52話[最終回] 「明日へのツバサ」 (11/3) | トップページ | くじびき♥アンバランス 5くじ目 「ともだちがかわるかもしれない。1点●」 (11/4) »

2006年11月 5日 (日)

乙女はお姉さまに恋してる 第5話 「真夜中の教会(チャペル)」 (11/4)

 一子が姉と慕った22年前のエルダーは、瑞穂の母親でした。瑞穂は一子の願いを叶えるため、真夜中の教会で結婚式をあげる。

 お姉さまのお嫁さんになるのが夢だった一子は、瑞穂が男だと知って逆に大喜び。お姉さまは男の方ですからお嫁さんが貰えるとはしゃいでいました。この辺の幽霊にあるまじき能天気さがなかなか良かったです。
 幽霊が嫌いな由佳里に対しては、お互い腹を割った──というより泣きとおした関係で打ち解けあいました。一子が素直な性格をしていたのが良かったですね。

 もう一人の幽霊嫌いな生徒会長は、なかなか愉快な反応をしてくれました。瑞穂が過去のエルダーのことを調べてくれると知ったときには喜んで協力してくれたのに、それが幽霊がらみとなると途端に慌てふためくのはお約束でしたね。

 さて、真夜中の教会で結婚式の真似事をして成仏──というかキリスト教だから昇天──したはずの一子ちゃんですが、それがいきなり寮で待ち伏せしていれば瑞穂やまりやも驚くでしょう。きっと一子のいうお迎えというのは、瑞穂から手を離したことによって寮に戻されたことに違いない。

|

« ツバサ・クロニクル 第52話[最終回] 「明日へのツバサ」 (11/3) | トップページ | くじびき♥アンバランス 5くじ目 「ともだちがかわるかもしれない。1点●」 (11/4) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

乙女はお姉さまに恋してる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/12565595

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女はお姉さまに恋してる 第5話 「真夜中の教会(チャペル)」 (11/4):

« ツバサ・クロニクル 第52話[最終回] 「明日へのツバサ」 (11/3) | トップページ | くじびき♥アンバランス 5くじ目 「ともだちがかわるかもしれない。1点●」 (11/4) »