« ネギま!? 第2話 「うっそ、仮契約ってそんなことすんの!?」 by 明日菜 (10/11) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第2話 「けせない消しゴム」 (10/14) »

2006年10月15日 (日)

ツバサ・クロニクル 第49話 「歪んだ願い」 (10/14)

 サクラの夢にでてきたカオスの正体が、タオの国のカオスとは異世界の同一人物である可能性は、私もモコナが言うまでは全然まったくこれっぽちも思い至っておりませんでした。考えてみればこの世界にはそういう概念があるんだったな。その可能性は否定されたけど。

 もし夢にでてきたカオスの正体が本当に本人だとしたら、その可能性は3つ。
 (1) カオスが術でサクラに偽の記憶を与えた。
 (2) タオの国と玖楼国は同じ世界にある。
 (3) カオスは次元を越えて世界を渡る術を得ている。
 のいずれかになります。

 ただCLAMPワールドでは次元を越える術はごく限られたものしか使えないと言う設定になっており、玖楼国の神官である雪兎でも生涯に1回しか使えない(その力を雪兎はサクラのために使った)ことになっている。従ってタオの国と玖楼国が別世界だとすると、夢にでてきたカオスが言ってたような友好を深めるほど頻繁な交流ができるとは思えない。ということで(3)の可能性は却下。残るは(2)か(1)ということになります。城下に記念公園を作るほどですから本当に訪問した可能性もありますが、カオスは専制君主でもあるため無理矢理作らせたということも考えられる。現時点ではどちらが本当かは分からない。ひょっとしたら実は(1)だけどカオスに次元を越える術があるのは本当というケースも考えられるし。

 サクラ限定ストーカーであるカオスは、小狼たち3人に代わってサクラの旅のお供に申し出る。剣で戦えば黒鋼より強く、魔力で戦えばファイよりも強い。その圧倒的な実力を前にしても小狼はひるまずに剣を振るうが……

|

« ネギま!? 第2話 「うっそ、仮契約ってそんなことすんの!?」 by 明日菜 (10/11) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第2話 「けせない消しゴム」 (10/14) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ツバサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル 第49話 「歪んだ願い」 (10/14):

« ネギま!? 第2話 「うっそ、仮契約ってそんなことすんの!?」 by 明日菜 (10/11) | トップページ | 乙女はお姉さまに恋してる 第2話 「けせない消しゴム」 (10/14) »