« ツバサ・クロニクル 第44話 「ケロちゃんとモコナ」 (9/9) | トップページ | うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) »

2006年9月11日 (月)

ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」 (9/10)

 秋の長雨で練習がお休みになり、藍華の部屋で勉強会をすることになった灯里たち。そこで藍華は同僚たちの心無い噂話を耳にする。

 テラ・フォーミングされたアクアに四季があるかどうかは疑問ですが、この作品ではそうなるように浮き島でサラマンダーたちが頑張っているのでしょう。

 今回のお話は、藍華たちが晃の姿を通して、プリマ・ウンディーネの姿というものを見つめなおすというものでした。ウンディーネの通り名しかり、晃に押し付けられた書類整理しかり、同僚達の心無い噂話しかり。最後に3人が幻想したのも「プリマとなった3人の姿」でした。

 ウンディーネはプリマになると通り名を持つことが許される。アリシアは「スノーホワイト」、アテナは「セイレーン」、晃は「クリムゾンローズ」。なるほどふさわしい通り名です。でも私は今まで3人がこの通り名で呼ばれたのを聞いたことがないぞ。

 晃が書類整理を藍華たちに押し付けた件でした、いくらプリマの仕事に書類整理が含まれるからと言って、他社の従業員に自分の会社の書類を見せるか!? 社外秘の資料ではないにしても、そうそう自分の会社を社外の人間に見せるものではない。ここら辺の鷹揚さは、やはりウンディーネだからでしょうか。

 晃に対する心無い噂に憤慨する藍華に、晃は耳に痛いことを聞き入れるのもプリマの仕事だと諭す。結婚式に失敗した花嫁の例を出して、嬉しいことや楽しいことはすぐに慣れるのに、悲しいことや辛いことは何時までも心に残ると説明する。嬉しいことも辛いことも当たり前のことにせず、いつまでも心に受け入れるようにすると。

 最後に、今回は灯里のメールに対して、アイちゃんの返答がありませんでしたね。これは最終回が近いから、またアクアにやってくるという前触れでしょうか?

|

« ツバサ・クロニクル 第44話 「ケロちゃんとモコナ」 (9/9) | トップページ | うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) »

ARIA」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/11860313

この記事へのトラックバック一覧です: ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」 (9/10):

« ツバサ・クロニクル 第44話 「ケロちゃんとモコナ」 (9/9) | トップページ | うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) »