« xxxHOLiC[最終回] 外伝 「ツイオク」 (9/28) | トップページ | ツバサ・クロニクル 第47話 「はたらくサクラ」 (9/30) »

2006年9月30日 (土)

ああっ女神さまっ[最終回] 第26話 「ああっドキドキって大人の味っ?」 (9/28)

 前シリーズ「ああっ女神さまっ」ビデオ特典のテレビ未放映回その2。今度はスクルドが大人になりやがりました。

 大人になったスクルドが状況を楽しんでいる途中で、青嶋に捕まる。下心満々でスクルドに接触する青嶋をスクルドが嫌がりますが、まあこれは当然でしょう。スクルドに限らず、年頃の女が男と接触して嫌がらない状況は2つしかない。つまり、相手を男として認識していないか、相手に自分をあげても構わないと思っているか。
 これは女の立場から考えてみると至極当然で、基本的に男は女に欲望を吐き出し、女はそんな男を受け入れるという関係にある。しかも体力的には女は男に適わない。つまりいざとなれば、1対1でば男は女に力づくでも無理矢理やることができるということになる。逆に言えば女が男と付き合うということは、いつ体を奪われるか分からない危険性が付きまとう。そうなっても構わないほど好きな相手なら別ですが、それ以外で女が男と付き合えるのは男が男として行動してこないと思われる場合、つまりその男が異性として自分に接してこない場合に限られるわけです。結果として女の側は、男を男として認識していないことになる。
 だから女は恋愛対象外の男が男として接してくるのを蛇蝎のごとく嫌うし、よほどモテる男か暴力的あるいは詐欺的な男でもない限り、恋愛は女の側が主導権を握ることになる。従ってデートとは男が女に対して行うサービス業になる。しかし世の男全てがそういう恋愛方面の才能があるわけじゃないし、その手の恋愛のルールが不得手な男も多い。優柔不断な主人公が何もしてないのに多数のヒロインにもてもてというハーレムラブコメの恋愛フォーマットは、つまり現実の(男は女に尽くさねばならない)恋愛に対するアンチテーゼでもあるわけです。

 ちなみに螢一はどう見ても、スクルドに男として接しているわけではない。つまりスクルドを女としてみているわけではないわけで、その意味ではスクルドにとってどう付き合っても安全な男となるわけです。それでもスクルドが螢一にドキドキしてしまったのは、いきなり体が大きくなってしまったために情緒不安定な状態に陥ってしまったのでしょう。いつもベルダンディーを慕っているスクルドが、自分が大きくなったことでベルダンディーと自己を同一化してしまい、しかもそのベルダンディーがいつも傍にいる螢一と今は自分が一緒にいるために、螢一が何もしていないのに逆に必要以上に螢一を意識してしまったと解釈することもできるわけです。

 ──なんかいろいろ台無しな推測になってしまいました。
 それでは、半年間ありがとうございました。

|

« xxxHOLiC[最終回] 外伝 「ツイオク」 (9/28) | トップページ | ツバサ・クロニクル 第47話 「はたらくサクラ」 (9/30) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ああっ女神さまっ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああっ女神さまっ[最終回] 第26話 「ああっドキドキって大人の味っ?」 (9/28):

« xxxHOLiC[最終回] 外伝 「ツイオク」 (9/28) | トップページ | ツバサ・クロニクル 第47話 「はたらくサクラ」 (9/30) »