« ARIA The NATURAL 第25話 「その 出逢いの結晶は…」 (9/17) | トップページ | xxxHOLiC 第二十三話 「センタク」 (9/21) »

2006年9月18日 (月)

うたわれしもの 第24話 「滅びゆくもの」 (9/17)

 クンネカムン編完結。クンネカムンは、結局アブ・カムゥの力に溺れて自滅の道を歩みました。

 登場当初は圧倒的な力を誇ったアブ・カムゥですが、今回はトゥスクル側の兵士たちに倒されていました。わき腹が弱いという弱点を突いたにしても、その説明がほとんどなかったので唐突という観はぬぐえませんでした。
 あと死体に仮面をつけることでゾンビとして動かす仮面兵ですが、これもアニメでは説明不足の点ですね。その仮面がハクオロのものと似ている理由も語られていませんでしたし。

 力なきシャクポコル族はディーの眷属となる契約を結ぶことで、アブ・カムゥの力を得た。つまりディーの意思に背く行動をとることはできない。だから契約を破棄するためには、ゲンジマルの命とクーヤの記憶を代償とした。これはディーにしてみれば、まだ温情判決みたいなものでしょう。
 家臣であるはずのヒエンとハウエンクアがクーヤの意思をないがしろにするシーンが目立っていたのは、本来シャクポコル族にはディーと言う契約者がいたためでした。つまりクーヤは傀儡の皇だった。だからクーヤ自身の意思でもどうしようもなかった。

 そして、ディーはカミュを覚醒して、ムツミを呼び出す。ムツミはオンカミヤムカイの中では始祖の血を一番濃く受け継ぐものという設定がありましたが、これのことでした。そしてハクオロが(あの娘)を選んだのだから、その対抗としてムツミを呼び出したということですが、ここでいうあの娘とはエルルゥのこと。エルルゥとカミュの間に、どんな曰くがあるのでしょうか。

|

« ARIA The NATURAL 第25話 「その 出逢いの結晶は…」 (9/17) | トップページ | xxxHOLiC 第二十三話 「センタク」 (9/21) »

うたわれしもの」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、突然の書き込み失礼いたします

ただ今、アニメ調査室(仮)というブログにて
光希桃 Anime Stationで行われていた
アニメ感想率調査をまねたアンケートをしています
現在は2006夏期(7月)終了アニメについて調査中です

興味がございましたら是非ご参加ください

投稿: アニメ調査室(仮)管理人 | 2006年9月18日 (月) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/11944084

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれしもの 第24話 「滅びゆくもの」 (9/17):

« ARIA The NATURAL 第25話 「その 出逢いの結晶は…」 (9/17) | トップページ | xxxHOLiC 第二十三話 「センタク」 (9/21) »