« ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」 (9/10) | トップページ | うたわれしもの 第23話 「心の在り処」 (9/10) »

2006年9月12日 (火)

うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10)

 2話連続放送の前編。この感想は、第23話を見る前に書いております。

 ハウエンクア率いるアブ・カムゥの軍勢に、トゥスクル側はほとんどなす術なし。見るに見かねたハクオロは自らを囮にするが、彼自身が言ったアブ・カムゥを倒す術は実はなし。倒す術が無くても先頭に立つところなど、ハクオロも普段は冷静に見えて熱いところがありますね。

 アブ・カムゥの強大な力に暴走し、無垢の民を虐殺する。ハウエンクアがああいうやな性格になったのは、やられ役が必要だからでしょう。実際、ハクオロが“覚醒”したときにはいいようにやられてましたしね。

 今回はハクオロの過去がでてきました。舞台はおそらく現在。ヒトとサルを分けるミッシング・リンクの地層から発掘された骨格遺跡を前に銃で撃たれた科学者、それがハクオロでした。そして第1話開始直前、地震で死んだアルルゥの命と引き換えに、エルルゥが身も心も全て捧げた相手、それがあの巨人でした。

 この、身も心も全て捧げることと引き換えに、願いを叶えるというのは、大神ウィツァルネミテアの誓いとそっくり同じですね。ここにも何か秘密が隠されているのでしょうか。
 そして今回、アルルゥが生き返ったのは、おそらくエルルゥがそこにいたから。作中では言及されていなかったのですが、エルルゥは自分の身と心とを引き換えにアルルゥの命を助けるようにあの巨人と契約を交わした。ということは逆に言えば、エルルゥが生きて巨人に仕える限りは、アルルゥはあの巨人によって命が守られているということになる。だからアルルゥは生き返った。と私は勝手に推測しています。

 それではこれから第23話を見てきます。

|

« ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」 (9/10) | トップページ | うたわれしもの 第23話 「心の在り処」 (9/10) »

うたわれしもの」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/11861600

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10):

« ARIA The NATURAL 第24話 「その 明日のウンディーネに…」 (9/10) | トップページ | うたわれしもの 第23話 「心の在り処」 (9/10) »