« うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) | トップページ | xxxHOLiC 第二十二話 「ユウワク」 (9/14) »

2006年9月12日 (火)

うたわれしもの 第23話 「心の在り処」 (9/10)

 2話連続放送の後編です。

 ゲンジマルがサクヤを連れてクンネカムンを出奔、トゥスクルに身を寄せます。道を誤ったクーヤを救うために、敢えて敵対する道を選ぶということですね。

 クンネカムンを包囲するには各地の少数勢力を纏め上げる必要がある。そのためにオンカミヤムカイのオルヤンクルを救う作戦にでる。今回はハクオロ自身は出陣しませんでしたが、ストーリーに関係ないのでここでは省略しました。救い出されたオルヤンクルはその地位を娘のウルトリィに譲る。

 自分が巨人と契約をしたことを思い出してしまったエルルゥは、ハクオロに対する態度もよそよそしくなります。
 うむ、どうやら覚え間違いをしていたようで、エルルゥが巨人とした契約は「身も心も」ではなくて、「毛の一本、血の一滴までも」というものでした。だからウルトリィは「心だけは貴方のもの」とエルルゥを諭したのですね。
 そのウルトリィはウィツアルネテミアに仕えるオンカミヤムカイの神官として、ここに来たといいます。つまり初めから、ハクオロがウィツアルネテミアだと知っててここに来たということになりますね。

 あと、ディーと呼ばれた男の存在も気にかかる。今はクンネカムンに身を寄せているけど、その前はシケリペチムのニウェの元にいて、ハクオロにちょっかいをかけていた。オンカミヤムカイ族がハクオロの正体を知っていたとなると、ディーも知っていてちょっかいをかけていた可能性が高い。何の目的ででしょうか?

|

« うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) | トップページ | xxxHOLiC 第二十二話 「ユウワク」 (9/14) »

うたわれしもの」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/11862373

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれしもの 第23話 「心の在り処」 (9/10):

« うたわれしもの 第22話 「忌まわしき契約」 (9/10) | トップページ | xxxHOLiC 第二十二話 「ユウワク」 (9/14) »