« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月29日 (火)

うたわれしもの 第21話 「大封印」 (8/27)

 クーヤ率いるクンネカムンが全土を統一するために立ち上がる。

 クーヤは自分の意思で決めると言ってましたが、これは部下や住民たちに引きずられた側面は否めない。周囲の国が次々と侵略してきて、どうしようもなくなった観が強い。
 これはクンネカムンがアブ・カムゥ(巨大ロボット)という隔絶した力を手に入れてしまったことが大きい。他者を圧倒する力を手に入れたなら、それを使ってみたい誘惑に駆られてしまうのは仕方の無いところ。クンネカムンの家臣や住民は、アブ・カムゥの力を過信しすぎているきらいがあります。
 あと、クーヤやゲンジマルが地盤固めにこだわったのは、クーヤ自身が国家を把握しきれていない部分が大きい。第一の側近であるヒエンとハウエンクアの間ですら意見をまとめることができない状況である上、その一方のハウエンクアは明らかに裏のある人物です。

 クーヤの2人の側近はともに全土統一を進言しますが、ヒエンは統治派、ハウエンクアは武断派ですね。ただ統一にしろ支配にしろ、もともと弱小の少数民族でしかないシャクポコル族が、全土を纏め上げることができるかという疑問がある。アブ・カムゥにしても数に限りがあるだろうし、シャクポコル族には全土を統治するだけの人材があるかどうか。
 今回クーヤを追い詰めた他国の侵略ですが、明らかにディーが裏で糸を引いていた。このディーはシケリペチムの皇ニウェとも通じていたが、今回はハウエンクアと通じている様子。おそらくハウエンクアと通じて他国にクンネカムンを攻撃させたのでしょう。つまり今回の侵略は、クーヤに全土統一を決断させるためのハウエンクアの仕込みですね。

 大神ウィツアルネテミアを奉じるオンカミヤムカイへの侵攻では、オンカミヤリュー族の神官たちが一度はアブ・カムゥを食い止める。しかしそれを止めたのは、おなじオンカミヤリュー族のディー。その目的は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

ツバサ・クロニクル 第42話 「望郷のカナタ」 (8/26)

 レコルト国編終了……とはいきませんでした。
 原作では記憶の本の羽根を奪ったらすぐに別世界へ逃げ出したわけですが、要するにこの国にかけた迷惑を顧みず逃げっぱいうことで、私としては結末に不満が残る展開でした。しかしさすがに主人公側がそんな無責任なことではNHK教育的にはまずい展開だという配慮が働いたのでしょうか? アニメではきちんと自分たちのしでかしたことへの責任を取ってくれることを願います。

 アニメではスルーされた日本国での剣の紋様でしたが、やはり第1シリーズ最終話のツァストラ国編で既に飛王側の兵士が登場していたからでした。黒鋼の中では展開が前倒しになっていたわけですか。黒鋼にとってこの旅は、元の世界に返るための付き合いでしかなかったはずですが、改めて母親の仇に出会うためという目的を得たわけですね。

 サクラの記憶の世界の玖楼国で、木の椅子がやたら大きくて時計が小さかったりしたのは、サクラの意識の現われだったのでしょう。

 そして記憶の本の番犬を前に意識を失った小狼の代わりに動いたのは、飛王側のもう一人の小狼……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

うたわれしもの 第20話 「初陣」 (8/20)

 クンネカムン編開始。

 エルムイとノセシェシカ(三大強国の1つ。後の2つはシケリペチムとナトゥンク)に侵攻を受けたクンネカムンがそれを返り討ちにする。クンネカムンには巨大ロボット兵団──大神オンビタイカヤンから授かったアブカムゥがあり、それで蹴散らした。
 エルムイのポナホイ皇は、ノセシェシカのカルホンダリの傀儡でした。ノセシェシカが滅ぼされたのを見てトゥスクルに泣きついたわけですが、クンネカムン側が聞く耳を持たず、エルムイにも侵攻する。

 つまりクンネカムンでは、クーヤは名ばかりの皇でしかなく、その実権は家臣たちが握っているというわけですね。本来小国だったクンネカムンがあれだけ絶対的な兵器を身につければ、力を使ってみたいと思うのも無理は無い。実権を握る家臣たちが暴走をしているのが現在のクンネカムンの状況でしょう。

 さて、今回登場したサクヤ。ゲンジマルの孫にしてクーヤの側近の一人ですが、ハクオロの室に入れるとかなんだかんだでクーヤに振り回されている様子。クーヤの気の置けない友人なのでしょう。

 そしてカミュ。一族の中でも珍しい黒い羽根を持ち、それは始祖の血を濃く受け継ぐ証だとか。アルルゥに噛み付いて吸血しましたが……そんな特殊な設定持ちだということ今まで描いて無かったよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIA The NATURAL 第21話 「その 銀河鉄道の夜に…」 (8/20)

 灯里が銀河鉄道のチケット(招待状)をもらう。

 銀河鉄道といえば宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のことなのですが、私ぐらいの年だとむしろ松本零士先生のマンガ「銀河鉄道999」を連想してしまいます。星野鉄郎が機械の体を手に入れるため、メーテルとともにアンドロメダを目指して旅をするというもの。灯里にチケットを渡したアリア社長の旅行姿が帽子にコートとメーテルを連想させるものだったのがおかしかったです。

 しかし灯里はなぜか消極的。今までならむしろ喜んで参加しそうなんだけど。
 結局灯里は、チケットを忘れた子猫のために、自分のチケットを譲ってしまう。これはあの銀河鉄道が、人間の乗る列車ではないということを灯里は悟っていたということか。灯里は子猫のためにチケットを譲ったことを良しとしているので、それはそれでいいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

[日記] 「ひぐらしのなく頃に解・祭囃し編」クリア

 「ひぐらしのなく頃に解・祭囃し編」クリアしました。

 実は月曜日の午後から火曜日の未明にかけてほとんど半轍でクリアしていたのですが、あまりに感動してしまったのでその翌日にもクライマックスシーンを再びやっていたのです。
 最終話である「祭囃し編」では鷹野三四の過去、雛見沢連続怪死失踪事件の真相、そして昭和58年6月の呪いをどうやって打ち破るかという話でした。特に最後のアクションシーンは息をもつかせぬ展開で、やはりこのゲームはエンターテインメントだったということが分かりました。

 いや、ずっと疑問に思っていたのですよ。沙都子がトラップワークの使い手で神社の裏山をトラップだらけにしているという設定は既に「祟殺し編」の時点で提示されていたのに、一度もその設定が使われていなかったのはどういうことかとか。園崎家が軍事教練を行っていて、魅音は軍隊指揮からヘリの操縦まで出来ると言う設定もありましたなあ。
 あと、圭一が部活に入部する時期とか、圭一が詩音と知り合う時期とか、圭一たちがカレー勝負を行う時期が話数が進むに連れてどうして前倒しになってしまうのかという疑問もありました。これについては「罪滅し編」および「皆殺し編」で、この世界がループしており、前の世界で学んだことは後の世界でも無意識のうちに記憶しているという設定が示されましたね。完全な記憶を持っていたのは梨花と羽入だけでしたが、今回は羽入が大活躍でした。
 でもあれ? 今回梨花は綿流し祭の1週間前に戻ってきたはずなのに、それ以前の梨花も圭一たちのことを覚えていたのはどういうことだろう? まあこれは「皆殺し編」でも2週間前に戻ってきたにもかかわらず、5年前の赤坂に予言をしていたころからの疑問ですが。

 とにかく凄く面白かったです。そして今回の主人公は羽入で裏主人公が鷹野ということでオッケーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

うたわれしもの 第19話 「決別」 (8/13)

 ナトゥンク編終了。

 ナトゥンクのスオンカス皇はカルラに執着しすぎたために叛乱軍の存在を許し、結果身と国を滅ぼしていまいました。この話の敵國の皇は、キンカラ、オリカカン、ニウェ、そしてスオンカスと、どこか狂っている人ばかりで、権力に溺れたり虚言に騙されたり戦闘狂だったり女に執着したり、その結果國を滅ぼしてしまってます。為政者失格だ。

 国が二つに分かれた時、為政者が決してやってはならないことがあります。それは他国の手を借りること。他国の力を借りて国を平定しても、その代償に国土や権力の一部を奪われてしまうことがあるからです。ハクオロがデリホウライに皇として初対面だと偽ったのも、デリホウライの立場を気遣いカルラゥアトレイの國を奪う意思がないことを示したものでしょう。

 結果として新國カルラゥアトレイと友好関係を結んだハクオロですが、デリホウライもカルラが自分の身をハクオロに売ったことでトゥスクルからの援助が得られたことを理解したわけでしょう。作中ではそういう風には描かれていませんが、これは見方を変えればトゥスクルがデリホウライの姉君を人質にとったのと同じこと。カルラがあくまでただの傭兵の立場を崩さないのも、いざと言う時のこと考えれば当然なわけですね。

 もっとも、そのカルラをデリホウライの元へ返そうとしたのですから、ハクオロはやはり人が良いというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたわれしもの 第18話 「解放軍」 (8/6)

 ナトゥンク編開始。
 カルラとの契約によりナトゥンクの叛軍への支援を引き受けるハクオロ。叛軍に支援するということは事実上ナトゥンクと敵対するということ。とはいえ国を戦に巻き込むわけにはいかないからとおおっぴらには支援できないため、限界はあります。
 そこでカルラが採った手段は、ハクオロごとナトゥンクへ拉致して連れて行くということ。皇の立場での支援ができないのなら、個人としてする叛軍に参加するというわけですね。強引で馬鹿馬鹿しいですが、これは原作ゲームどおりの展開なんですよねえ。

 国を失ったギリアギナ族の叛軍カルラウアトゥレイを率いて、ナトゥンク打倒を目指すデリホウライ。カルラウアトゥレイとはデリホウライの姉の名前。そしてカルラの本名。実はカルラはギリアギナ族のお姫様だったということですね。だからウルトリィとも知り合いだったのか。ギリアギナ族は生まれつき体が丈夫なため武力に長け、傭兵に向いているということです。
 カルラが叛軍への帰参を断ったのは、傭兵に身をやつしていることに加えて、ウィツアルネテミアの契約でハクオロに全てを捧げているため。その結果としての叛軍への援助だから、帰参はできないということでしょう。
 上に立つものとして未だ未熟な性根を直すため、デリホウライを叩きのめすカルラ。ここら辺の展開がギリアギナ族の気質によるものでしょう。

 ※感想をBLOGにアップするのを忘れていたため、今回アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIA The NATURAL 第20話 「その 影の無い招くものは…」 (8/13)

 ネオベネツィアに伝わる怪談話から、灯里が不思議体験をする。

 地球(マンホーム)中世のベネツィアで、処刑罪人される罪人の女が自分の墓場をサンミケール島に埋めて欲しいと頼んだ。しかし女の遺体はサンミケール島に葬られることはなかった。その時以来、ゴンドリーナに自分をサンミケール島まで連れて行ってと頼む喪服の女の幽霊が表れるようになった。
 しかしゴンドリーナは決して彼女を乗せてサンミケール島まで行ってはいけない。なぜなら神隠しにあうから。

 これが藍華が灯里に話した怪談話でした。
 しかし灯里は夜、この怪談と同じ経験をする。黒いドレスの女を乗せてサンミケール島まで送っていったら、墓場まで連れて行かれた。その灯里を助けてくれたのはケット・シーのカサノヴァだった。
 灯里が不思議体験に巻き込まれるのはこれで何度目か。どんなものにも感動できる感受性の強い娘だから逆に、こういうこの世ならざる不思議にも良く遭遇してしまうのか。
 最後にアリスが述べた続きを

 地球(マンホーム)のベネツィアで自分の埋葬場所を告げた罪人はいないし、喪服の女の伝説も無い。喪服の女の話は、火星(アクア)のネオベネツィアで誰かが広げた作り話である。
 にもかかわらず、黒いドレスの女が表れるという。

 表れるはずの無い作り話の女が表れた。だから怖いんじゃないんですかということで、怪談話にオチがつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

[日記] コミケ帰りました。

 ただいまコミケから帰りました。

 今回私は2日目と3日目に一般参加。2日目は朝起きれなかったので9時半過ぎに家を出て、そのまま11時ごろにコミケ会場に到着しました。
 2日目は特にお目当てのサークルもなかったのでそのまま企業ブースに直行。すぐに…とはいきませんでしたが、TYPE-MOONの行列に並びました。……って行列長すぎ。私が並んだ時点で行列が少なくとも10本できていました。これだけ長いと待ってるだけでもグッズが売り切れるのも当然ですね。私が購入した時点では、キャラクターマテリアルしか残っていませんでした。もっとも、これだけでも買えたのなら御の字でしょう。
 その後は東館に行って目に付いた同人誌(主に「マリ見て」)を購入したり、西館で映像DVDを勝ったりしました。サークル「感電注意」のDVD集には9000円使わされてしまった。
 この日は特に雷が印象的でした。2時から3時ごろにはどーんどーんと太鼓が鳴るように雷が連続で落ちてきて、なぜかその場にいた参加者たちが拍手したりしていました。この雷のおかげで、山手線は上下線とも不通になってしまい、帰りの足が遅くなってしまいました。

 3日目は前日の轍を踏まえて、朝8時前に家を出発。そのまま9時半に到着しました。が、さすがにこの時刻ではずいぶん行列ができていました。りんかい線の国際展示場前駅よりも、その1つ前の東京テレポート駅で降りた方が結果的には早く並べたかもしれません。
 そのまま本日の目的である「ひぐらしのなく頃に解~祭囃し編」を購入するために、「07th Expansion」の列に並んだのですが、ずらっと待たされた挙句こちらも11時半には完売してしまった。あと30人ぐらいというところで完売しましたの掛け声を聞いた時には悲しかったです。その時に早めにコミケを切り上げてお店で購入しようと決めました。
 その後は周辺のサークルで気に入った同人ゲームを買ったり、ノンジャンルの評論本を買ったり(ともに西館)しました。午後1時ごろには東館に行き、そこでも何冊か同人誌を買ったのですが、午後2時には切り上げてコミケ会場を後にしました。
 秋葉原では混雑すると思い、そのまま横浜に向かってアニメイトで「ひぐらし」を買う予定でしたが、アニメイトでは予約以外の商品は用意してなかったそうで……この掛け声が午後4時10分前だったためにそのまま急いでメロンブックスへ移動。なんとか商品を購入できました。
 あ、でもアニメイトでは「ネギま!」15巻限定版も発売していたので、それを購入できたのは良かったかも。一応予約は入れておいたんですけどね。

 というわけで、今回の消費金額は37091円。コミケ予算としては少なくまとまった方です。
 でも、炎天下で行列したりキャスターを引きながら歩き回ったりしたおかげで、腕が赤く日焼けしたり体中が筋肉痛になったりしています。いてててて……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

ああっ女神さまっ それぞれの翼 第19話 「ああっ女神の愛はシノビを救うっ」 (8/10)

 原作では前後編で書かれていたニンジャマスター編。原作初期のドタバタ劇がきっちり描かれていて楽しめました。
 ここ数回はマーラーを中心とした女神と悪魔の対決編になっています。

 幻惑の木霊は詐術でもって相手を騙すことを得意とするシノビ。閃光の火狩はスピードでは誰にも負けず、千里眼の覗見は監視に長けている。ちなみにこのニンジャマスターの名前は、全て新幹線が元ネタですね。
 螢一とベルダンディーとの仲を小学生並みと評価する木霊ですが、なかなか言いえて妙です。螢一を誘惑してベルダンディーとの仲を裂こうとするも、ベルダンディーの方が螢一の言葉をあっさり信じてしまうのは。
 木霊が抜け忍になったら追い忍として火狩を手始めに次々とニンジャマスターがやってくるという展開はギャグの基本、繰り返しとエスカレートに忠実でなかなかよろしい。ウルドの全員で抜け忍になるという第3の道もよかったですね。

 最上位浄化術である破魔滅却を唱えたベルダンディーへの罰として女神免許の一時停止になるという展開は意外でしたが、次回の無限圧縮空間のエピソードにおける原作の免許の更新手続きを忘れていたという展開よりは自然で、無理なくつなげたという印象ですね。

 最後に一言。劇中に出てきたパソコンは、型番こそ書かれていなかったけど、あの筐体デザインは明らかにエプソンPC-286シリーズのものです。およそ10年以上前のマシンですので、むしろ未だに動いている方が驚きです。捨てられているのも無理ないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xxxHOLiC 第十九話 「リフジン」 (8/10)

 侑子の発案で願ったものが出てくるというつづらを賭けて、侑子、モコナ、四月一日、百目鬼、ひまわり、雨童女、座敷童の7人が雪合戦をする。
 その7人が作った雪だるまがそれぞれ個性が出ていて楽しかったです。

四月一日:雪兎
百目鬼:ロボット
ひまわり:クリオネ
雨童女:風神と雷神
座敷童:ペガサス
モコナ:巨大白モコナ
侑子:重武装兵士

 誰が見ても必敗の雪兎が、穴を掘って隠れたり逃げたり相手の自滅を誘ったりで、気がついたら最後まで生き残っていたという展開は王道ですね。

 だがせっかく四月一日が勝ったのに、侑子の茶々入れでつづらからでてきたのがお鍋になってしまった。苦労して勝った成果が鍋料理のおさんどんでは報われないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

ARIA The NATURAL 第19話 「その 泣き虫さんったら…」「その 乙女心ってば…」 (8/6)

 今回は藍華が主役。

 前半Aパートは夏風邪をひいて3日寝込んだ藍華のお話。3日も休めば退屈の虫が泣くのは当然だし、そうなれば外へ抜け出すのも藍華の性格なら当然でしょう。しかしそこで終わらせず、自分がいない合同練習が上手くいってるところを見て疎外感を感じるという展開がなかなかグッドでした。
 3人のうちで一番しっかりものを自任しているのに、その自分がいなくても場は上手くいく。私の存在意義はいったいどこ? ということですね。
 ところで藍華が3日も休んで、灯里とアリスはその3日間の間にお見舞いにきたのでしょうか? なんか劇中のお見舞いが始めてのような演出でしたが。

 後半Bパートは風邪が治って新しいヘアピンをつけた藍華が、そわそわしてしまうお話。新しい髪形とヘアピンをアル君に見てもらいたくてそわそわするところが女の子らしい演出でした。
 こういう、髪形を変えたりヘアピンを付けたりしただけで大好きな人に見てもらいたいという気持ちは良く分からないのだけど、女の子というのはそういうところを見つけて褒めてもらいたいという期待があるのでしょう。例えるならHPやブログに自信作の記事をアップしたら、レスやコメントを期待してしまうというところでしょうか?
 アリスがすぐに仏頂面になったり声が小さくなったり、灯里がすぐ恥ずかしい台詞モードになってキョロキョロしたり、この二人をしっかりまとめなければと気負う藍華のささやかなプライドがらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ツバサ・クロニクル 第41話 「図書館のヒミツ」 (8/5)

 冒頭、記憶の本の写本の影響で黒鋼の過去を知った小狼。黒鋼はただの人切りではなく、そういう辛い過去を抱えていたわけですね。
 ただ、原作にあった「黒鋼の母を刺した剣の柄が、玖楼国を襲った異次元の兵士の紋様と同じもの」という小狼の証言がなくなったのは辛いですね。アニメでは黒鋼も既にツァストラ国で飛王の兵士に出会っているので、このシーンを省略したのでしょうか。

 記憶の本の原本がサクラの羽根で出来ていると知った小狼たちは、通常の話し合いでは埒があかないと見て強行突破を試みる。──司書のお姉さんたちの態度がつっけんどんだからですが、はっきり言って通常勤務の司書のお姉さん達に記憶の本の羽根をどうこうできる権限はないと思うのですよ。どうみてもあれは国宝級の書物ですし。

 確か原作では国宝だから人に渡すことはできないという設定だったのが、アニメでは災いをもたらすものに変更されていますね。これは、小狼の「災いをもたらすものだから記憶の羽根を取り戻すのはこの国のためにもなる」という言葉のための変更と思いますが。はっきり言って詭弁ですねこれは。
 サクラのために記憶の羽根をどうしても取り戻したいというのが小狼の立場です。トラブルを望んでいるわけでもないから平和的な手段で得られるのならそちらを選ぶが、正攻法では手に入れられないなら非合法な手段で取り戻すこともいとわない。レコルト国では通常の手段では得られないから、強硬手段にでたわけです。羽根を取り戻すのがレコルト国のためというのは、サクラの心の不安を取り除くための方便に過ぎないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

ああっ女神さまっ それぞれの翼 第18話 「ああっ魔属の威信はありますかっ?」 (8/3)

 マーラー、お前ってやつは……哀れだ。
 夜中はコンビニの店員。時給1020円でオーナーの評価も高く店長就任も打診されている。しかもそのアルバイトはベルダンディーの紹介。ということでとことん魔属としてのプライドの欠片も無いマーラーの日常生活でした。
 マーラーがベルダンディーの紹介でコンビニのバイトをしているという設定は、アニメオリジナルです。が、この方がマーラーの哀れさをより誘っています。ウルドが言うように、確かに魔属としての才能がないのかもしれない。結構お人よしなところがあるし。

 ヒルドの入れ知恵で、掃除機ならぬ掃神機をかわいいものに見せかける作戦をとる。このかわいいものというのが

スクルド:かわいいメカ
ウルド:かわいいマスコットガール
田宮と大滝:かわいい幻のメッサーシュミットのエンジン
仙太郎:かわいいスクルド
恵:(不明)
千尋:かわいい男の子とかわいいバイクとかわいい猫
螢一:かわいいベルダンディー

 それぞれらしいものでしたね。久しぶりにドタバタコメディーな「女神さまっ」を見たような気がしました。
 原作はともかく、アニメでは1話しか登場しなかった千尋さんが螢一の家(他力本願寺)にやってくるのは違和感ありましたけど。

 最後はありのものをありのままの姿でみるベルダンディーのおかげで企みは打ち破られました。しかしそれはヒルドの見込んだ通りでもあったようです。どうするつもりなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xxxHOLiC 第十八話 「ホオズキ」 (8/3)

 狐のアカリちゃんからいただいた鬼灯(ほおずき)をもって百鬼夜行に参加する四月一日と百目鬼の話。
 侑子がわざわざ四月一日を指名して鬼灯を渡して百鬼夜行に参加させたのは、四月一日に対する試練だとか。少なくとも、無精者の侑子がめんどくさいお使いを四月一日に押し付けたということは、ないと信じたい。信じられないが。

 今回の件は、四月一日が座敷童と知り合いでなかったり、子狐妖怪との縁がなかったりしたら、四月一日と百目鬼はアヤカシたちに食われてしまっていたかもしれない。その意味では、四月一日は確かに人との出会いによって変わっていってるのでしょう。

 そして最後。百目鬼を自分の店に連れて行く気が無かった侑子の言葉の真意は? 百目鬼は侑子の店を必要としていない、それはつまり、願いが無いか、あっても人の力を必要としない人間には侑子の店に入れない。だから待ち伏せしていたということか。
 そこまでして侑子がやりたいことって何か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »