« 8日後の世界 by 「魔法先生ネギま!」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 (6/12) »

2006年6月12日 (月)

ARIA The NATURAL 第11話 「その 大切な輝きに…」 (6/11)

 灯里が暁のお兄さんにご指名でネオ・ヴェネチアンガラスの運搬に携わるお話。

 「──なんせデリケートな商品なんだから、ゆっくりでもいいから丁寧に運んでもらいたい。で、弟によれば、お嬢ちゃんのゴンドラはネオ・ヴェネツィア一、モタモタのトロトロだからお勧めだっつんで、こうして依頼に来たわけさ」
 おっちゃん、それって微妙に貶してないかい?
 「まあ、それは任務重大ね。がんばって灯里ちゃん」
 アリシアさん、そこは関心するところと違いますよ!? って、アリシアさんに突っ込みを期待する方が間違っているのでしょうが。

 ネオ・ヴェネチアンガラスは歴史がないと、心無い人がいう。実際、ヴェネチアンガラスの伝統は一旦途絶えたわけで、それをここまで復興させてきたのがネオ・ヴェネチアンガラスでした。徒弟のアントンもそういう心ない言葉に傷ついてきたのですが、そんな彼の心も灯里の言葉は癒してくれる。世の中にはウソ物はない。ネオ・ヴェネチアはマン・ホームのヴェネチアのコピーだという人がいるが、ネオ・ヴェネチアが大好きな自分がここにいるから、なんて言われても平気だと。

 最後に、暁の兄には暁の本命は灯里だと思われていたわけですね。でもその灯里は、暁の本命はアリシアさんだと思っていて、そのアリシアさんは、暁のことをなんとも思っていないご様子。とことん浮かばれないな、暁。

|

« 8日後の世界 by 「魔法先生ネギま!」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 (6/12) »

ARIA」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/10498294

この記事へのトラックバック一覧です: ARIA The NATURAL 第11話 「その 大切な輝きに…」 (6/11):

« 8日後の世界 by 「魔法先生ネギま!」 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 (6/12) »