« ああっ女神さまっ それぞれの翼 第6話 「ああっそれって嫉妬っ!?」 (5/11) | トップページ | ARIA The NATURAL 第8話 「その ボッコロの日に…」 (5/21) »

2006年5月21日 (日)

ツバサ・クロニクル 第30話 「哀しいキセキ」 (5/20)

 第1期最終話(第26話)の世界、ツァラストラ国(アニメオリジナル)に再び訪れた小狼たち。それは飛王の干渉によるものだった。
 第26話では何でも願いが叶う神殿で命を落とした村人たちを、サクラの羽根と神の力で蘇らせたお話でした。ここでサクラは自分の羽根を全て集めるという願いを叶えることもできたはずですが、最終的には村人の命を優先した。しかし失われた命は蘇らない。再び訪れたこの国でサクラはそれを思い起こさせられるのですね。
 ……ファンタジーな話では死んだ人間を生き返らせる蘇生の呪文があるものですが、ツバサワールド(ひいてはCLAMPワールド)ではそんなことはないということですか。

 生き返った村人たちが再び消滅するシーンは、飛王によれば「予期していた通り」の結果。しかしワインをグラスごと叩きつけたところを見ると、不本意な結末でもあったのでしょう。飛王はもしかして、死んだ人間も生き返ることができるという結末を望んでいたのだろうか? とすると、(アニメ版の)飛王の本当の目的は死んだ人間の蘇生!?<激しく予断

|

« ああっ女神さまっ それぞれの翼 第6話 「ああっそれって嫉妬っ!?」 (5/11) | トップページ | ARIA The NATURAL 第8話 「その ボッコロの日に…」 (5/21) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ツバサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバサ・クロニクル 第30話 「哀しいキセキ」 (5/20):

« ああっ女神さまっ それぞれの翼 第6話 「ああっそれって嫉妬っ!?」 (5/11) | トップページ | ARIA The NATURAL 第8話 「その ボッコロの日に…」 (5/21) »