« 舞-乙HiME 第24話 「あなたのために…。」(3/23) | トップページ | 陰からマモル![最終回] 第12話 「陰からマモル!」(3/25) »

2006年3月26日 (日)

陰からマモル! 第11話 「ばいばい、ゆうな」(3/25)

 ゆうなに告白されたマモルは、その気持ちに応えることができず結果的にゆうなを事故に追いやってしまった。一族会議でその件が問題になったマモルは、ゆうな守護の任を解かれる。

 最終回2話連続放送の前半です。この感想は後半を見る前に書きました。

 今回のお話は、ラブコメに例えれば以下のようになります。

 気の置けない友達だった幼なじみの女の子が、ある日突然自分のことを女として見てくれと言い出した。今の関係に満足していた主人公はその気持ちに応えることができず、逆に女の子を傷つけてしまう。その上女の子の側に、自分よりイケメンで良く出来た男の子が表れ、女の子のことは俺に任せろと宣言した。男の子に敵わなかいと思った主人公は、自分がいないほうが女の子のためになると考えて身を引く決心をする……

 美少女ゲームなんかでは良くあるシチュエーションですが、それを「陰からマモル!」なりのフォーマットに上手くアレンジしてることが良く分かりますね。

 恋敵役の陽守タスケは陰守本家に何かあった時に代役を送り込む家柄で、マモルに代わってゆうな守護の任にやってきた人ですね。ただゆうなの告白にマモルとしてあっさり受け入れるところを見ると、明らかにゆうなのことはなんとも思っていない様子。ただ任務のためだから応えたという感じですね。おまけに冒頭のシーンから判断すると、陽守家は陰守の秘伝の巻物を手に入れるために成り代わろうとしているようだし。

 マモルだと思って全く見ず知らずの他人と付き合うことになるゆうなの気持ちに、マモルは応えることができるか……?

|

« 舞-乙HiME 第24話 「あなたのために…。」(3/23) | トップページ | 陰からマモル![最終回] 第12話 「陰からマモル!」(3/25) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

陰からマモル!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/9273115

この記事へのトラックバック一覧です: 陰からマモル! 第11話 「ばいばい、ゆうな」(3/25):

« 舞-乙HiME 第24話 「あなたのために…。」(3/23) | トップページ | 陰からマモル![最終回] 第12話 「陰からマモル!」(3/25) »